英語で文章が書けるようになるには?

今まで、私が、英語を勉強してきて、英語で文章が書けるようになるには、次のように勉強していくと、一番、効率が良いのではないかと思います。

1 書く英語について

書く英語・基礎編

私も、英語学習を本格的に始めてから、一番最初に取り組んだ、英作文、ライティングの教材が、この本です。

本当に、素晴らしいの一言で、練習問題も豊富ですし、これ一冊を、しっかりやれば、ライティングの基礎はOKという、優れものです!

まずは、英作文の基礎の基礎を、この本で固めることをオススメします!

ちなみに、10ターンくらいやれば、かなり身に付くと思いますが、10という数字はあくまで目安で、これより、少なくても、多くても、自分が、もう身に付いた!と思ったら、そこで終わっていいと思います。

2 日常的なトピックに対して、50〜100単語くらいのエッセイを書くについて

書く英語・基礎編で基礎を固めたら、次は、日常的なトピックに関して、50〜100単語くらいのエッセイを自分で書いてみましょう!

例えば、If you had to go to a deserted island, what 5 items would you bring?というトピックに、自分で、50〜100単語くらいで、答えてみてください。

こういったトレーニングを、100トピックくらいこなせば、大分、英語を書くということに慣れてくると思います。

ちなみに、英会話トピックのページに、私が考えたトピックを多数載せているので、是非、参考にしてみてください。

3 社会的なトピックに対して、200単語前後のエッセイを100個書く

日常的なトピックに対してエッセイを書くのに慣れたら、次は、レベルアップして、社会的なトピックに対して、200単語前後のエッセイを書く、ということをやりましょう!

具体的な手順は、英語エッセイの書き方にまとめてありますので、是非、参考にしてみてください。

コンピュータ版TOEFL TESTライティング完全攻略 (アスカコンピューター)

英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング

私が勉強した際、エッセイの構成のパターン、トピック、気をつけるべきこと、などなどは、コンピュータ版TOEFL TESTライティング完全攻略と、英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニングという教材が非常に為になりました!

私の解答例は、エッセイサンプルエッセイサンプル 2にまとめてあります。

ちなみに、ここまでくると、英検準1級〜1級レベルです!

ちなみのちなみに、私が英検1級の1次試験に合格したのは、たしか、こうした、社会的なトピックに対して、200単語前後のエッセイを書く、というトレーニングを、20トピックくらい、こなした後だったと思います。

※ 自分の書いた英文が自然な英文なのかどうか

英文を書いていると、「自分の書いた英文は、自然な英文なのか?」と思うことが出てきます。

そういった時、googleが非常に役立ちます!
自分の英文を、引用符付で検索するのです。

例えば、「この歌を聴くと子供の頃を思い出す」というのは、英語では、こう言えば良いのかなあ、と思いついた文が、

This song reminds me of my childhood.

だとして、これが自然な英文なんだろうかと、疑問を持った時、googleで、

"This song reminds me of my childhood."

と検索すると、検索結果に、自分が作った英文と全く同じ英文を使ってるページが出てきますので、そのようなページがいくつか出てくれば、自然な英文であるかどうか、多少の参考になります。

もちろん、そのページに書いてる人も間違っている可能性があるので、他の人のホームページで全く同じ英文が使われているからと言って、かならず正しいとは言えませんが、検索結果に多くのページが出れば、かなり参考になります。

皆さんもぜひ試してみてください!

最後に

以上、これらをしっかりやり通せば、かなり、ライティング力がアップしているハズです!

あと、正確に文法や語彙を使って、しっかりした英文を書くことも大事ですので、文法の勉強と、語彙力アップも、同時に進めると、相乗効果で、さらなるレベルアップが期待できます!