何単語くらい覚えればいいの?

何単語くらい覚えればいいのかは、目指すレベルによって変わってきますが、とりあえず、一つの目安として、まずは、1万語を目指すのが良いと思います!

何故かというと、今までの私の経験から、1万単語くらい知っていると、辞書なしでも、大抵の英語の文章が、読めるようになってくるからです。

ちょうど、英検1級が、1万〜1万5千語と言われていますので、英検1級レベルということになります。

実際、私も、英検1級に合格した後くらいから、辞書なしでも、洋書が、楽しめるようになってきたのを、覚えています。

その先は、お好み次第です。

「もう、これで十分満足!」という方は、単語を覚えることに特化した勉強はやめてしまってもいいと思います。

逆に、さらに上を目指すなら、次は、2万語を目指すのが良いと思います。

ちなみに、大学卒の、平均的ネイティヴスピーカーの認識語彙(読んだり聞いたりして分かる単語のこと)は、5万語程度と言われていますので、ネイティヴレベルを目指すのであれば、最終目標として、5万単語くらい覚えればいいということになります。

1万語レベル

英検プラス単熟語1級―文で覚える

1万語レベルまでは、一番のおすすめが、「英検 文で覚える単熟語シリーズ」と「究極の英単語 SVLシリーズ」です。

実際に私も、この教材に取り組んで、語彙力が大幅にアップしました!

実際に私が使っていたのは、この英検プラス単熟語1級―文で覚えるですが、今は改訂版が出て、私が使っていたこのバージョンは売ってないみたいです。

アルクの究極の英単語SVLシリーズは、1万2千単語までカバーしていますので、この4冊の単語を、音声と一緒に、何度も音読すれば、1万語を超える語彙力を身に付けることができます!

究極の英単語 SVL Vol.1 初級の3000語 究極の英単語SVL〈Vol.2〉中級の3000語 究極の英単語 Standard Vocabulary List [上級の3000語] Vol.3 究極の英単語 Vol.4―SVL(Standard Vocabulary List) (4)

究極の英単語Vol.1 (アルク) 究極の英単語Vol.2 (アルク) 究極の英単語Vol.3 (アルク) 究極の英単語Vol.4 (アルク)

2万語レベル

Longman Dictionary of American English

有名なロングマンの英英辞典で、見出し語は、約23,000〜24,000語程度です。(アメリカ英語)

この辞書の見出し語を全て覚えれば、2万語を超える語彙力を身に付けることができます!

ちなみに私は、英検1級に合格してから、この辞書をターゲットに、アンチ・バベルの塔という学習法に取り組みました。(アンチバベルの塔について

これによって、それまで1万語レベルだった語彙力が、さらに大幅にアップしました!

5万語レベル

Cambridge Advanced Learner's Dictionary with CD-ROM

見出し語、5万語以上の英英辞典です。(イギリス英語)

より正確には、見出し語は、付属のパソコンソフトの、「Advanced search」で「headwords」を指定して、検索すると、53,805単語と出ます。

この辞書の見出し語を全て覚えれば、5万語以上の語彙力を身に付けることができますので、ここまで来れば、もう、ネイティヴ並です!

ちなみに、私は、この辞書の音読の、1ターン目、585ページまでやって、以降、休止中ですので、私も、今、ここを目指している段階です。

最後に

以上、何単語くらい覚えればいいのか?は、最初に書いた通り、人それぞれ、どこで満足するかは違いますが、ネイティヴレベルなら、5万単語ということで、私は、最終目標は、この5万語に設定しています!