A Brief History of Time

A Brief History of Time
A Brief History of Time
著者:Stephen Hawking
発表年:1988(初版)
オススメ度:★★★★★
英語難易度:★★★
読了日:2019.07.10

あらすじ

イギリスの物理学者、スティーヴン・ホーキング博士が語った、宇宙について!

私の感想、レビュー

2019年04月、史上初、ブラックホールの観測に成功!とのニュースを聞いて、この度、ずっと興味があったこの本を、ついに手に取ってみました。

感想は、素晴らしかった!です。

正直、最初の4章くらいまでは、今までの物理学史のおさらいと言った感じで、少し退屈に感じる事もあったのですが、5章くらいから、いよいよ、量子力学、ブラックホール、宇宙の始まりと終わり、時間について、そして、タイムマシンの可能性など、ホーキング博士がユーモアを交えて、素人にも分かりやすく説明してくれて(それでも、私には難しかったのですが笑)、めちゃくちゃ面白くなります!

英語に関しては、英語そのものはそんなに難しくなく、英検1級の1次試験にギリギリ合格できるくらいの実力があれば、辞書なしで十分楽しめると思います。

が・・・笑、内容自体が高度で、少なくとも私には、難しく感じるところが多々ありました。

ちなみに、初版は、1988年ですが、私が読んだ、「ISBN 978-0553173253」版は、1996年版と2017年版へのまえがきが載っていたので、何度か改訂されたものと思われます。

しかし、ホーキング博士は、2018年に亡くなって、その翌年である今年、2019年に、史上初、ブラックホールの観測に成功とは・・・

Appendixで、「It was really exciting for me to see observations of colliding black holes.」と書いているので、もし御存命であったら、今回のことも、どれほど喜ばれたことだろう、と思うとなんだか残念ですね。

以上、私には、難しく感じるところも多々あったのですが、分からなくても、めちゃくちゃ面白かったです!

不確定性原理、クォーク、ニュートリノ、エントロピー、カシミール効果、チャンドラセカール限界、ゲーデルの不完全性定理、超弦理論、統一場理論、などなど、私と同じように、これらの単語を聞くとなぜかワクワクする、宇宙に興味のある方は、きっと、とっても楽しく読めると思います!