どうすれば英語が聞き取れるようになるの?

リスニングは、「音を聞き取れる能力」×「その文章を理解できる能力」です。

音が聞き取れなければ、知っている文章でも、理解することはできません。

また、音が聞き取れたとしても、その文章自体が分からなかったら、これもまた、理解する事が出来ません。

ですので、英語が聞き取れるようになるには、「音を聞き取れる能力」と「その文章を理解できる能力」の二つを伸ばすことが重要です!

より具体的には、以下の3つがポイントです。
(3つ目以外は、上で書いたことと同じですが笑)

1 音を聞き取る力について

一度、母国語が定まってしまうと、どんな音を聞いても、その母国語の音に当てはめて、外国語の音を理解しようとしてしまいます。

例えば、英語の「l」と「r」の区別は、日本語にはなく、日本人はこれを両方とも「ラ行」に当てはめて、理解しようとしてしまいます。

面白いのが、英語ネイティヴも、日本語の音を、母国語である英語の音に当てはめて、理解しようとしてしまうことです。

例えば、日本語の「ラ行」は、英語、特にアメリカ英語では、「d」の音に近く、ある英語ネイティヴは、「日本語の『ラ』と『ダ』が同じ音に聞こえる」と言っていました。

また、人間の脳は、ある年齢を超えると、自分にとって意味のない音と判断した音は、雑音として処理してしまうそうです。

これが、日本人が英語の音を聞き取れない原因だと言われています。

そこで!

これを打開するには、英語の音と日本語の音の違いをちゃんと理解して、英語の音を自分にとって意味のある音だと脳に覚えさせることです!

具体的には、発音の練習をすることです。

英語の全ての音を、発音記号に従って、ちゃんと理解し、自分でも発声できるようになることが、大切です。

自分で英語の音を正しく発音できるようになってくると、脳が英語の音を意味のある音と捉えるようになるためか、今まで、聞き取れなかった英語が、かなり聞き取れるようになってきます!

実際に私も、英語の発音の練習を始めてから、英語のリスニング力が大幅にアップしました!

ですので、まだ、正しい英語の発音を知らない方や、自分であまり発声練習したことがない方は、是非、お試しください!

以下、いままで、私が発音の練習に使った教材を挙げておきます。

全部、CDで、100回、繰り返し発声練習をして、これらのトレーニングのおかげでかなり聞き取れるようになりました!

英語耳 発音ができるとリスニングができる(CD付き) 単語耳 英単語八千を一生忘れない「完全な英語耳」 理論編+実践編Lv.1 単語耳 英単語八千を一生忘れない「完全な英語耳」 実践編Lv.2 単語耳 実践編Lv.3―英単語八千を一生忘れない「完全な英語耳」

2 聞き取った文章を理解する力について

これは当然で、音が聞き取れても、その文章の意味が分からなければ、理解できません。

もちろん、相手の話し方で、怒っているか、悲しいのか、うれしいのか、また、ジェスチャーで、何を言っているのか分かる可能性もありますが、基本的には、相手の言っている文章を理解する力が必要になってくると思います。

読んでわからない文章は、聞いても分かりません。

ただ、この能力は、リスニング力というより、リーディング力、読解力、の問題になってきますので、英語リーディング勉強法を参照ください。

3 正しい発音でない音に慣れる

上の二つの能力をしっかりと伸ばせば、英語のニュースなどは、かなり聞き取れるようになるものです。

ところが!笑

洋画や海外ドラマを観ていると、かなり聞き取れないセリフが出てきます。

これは、ネイティヴも、すべての英単語を、正しく、はっきりと、発音するわけではないからです。

日本語で例えると分かりやすいと思います。

例えば、日本語でも、「ありがとうございます」を、「あざーす」と言ったり、「たいいく」を「たいく」と発音したりしますよね。

これは英語でも同じで、ネイティヴは、実際には、特に、くだけた会話では、文字通りにちゃんと発音しないことも多いのです。

例えば、「Check it out!」は、「チェック・イット・アウト!」とは発音せずに、日本語でも有名になっている「チェケラー!」のように聞こえます。

こういった、英語の生の音、とでも言いますか、正しい発音でない音に慣れることが、英語のリスニングでは非常に重要です!

あと、英語は、英語を母国語としない人も、大勢が話す言語ですので、色々な訛りがあります。

日本語でも、ズーズー弁や沖縄弁などは、何を言っているのか分からないことがあるかとおもいますが、英語でもこういったことがあります。

打開策は、慣れるしかありません!笑

具体的には、洋画や海外ドラマのDVDを、英語字幕で、観る事が、とてもいいトレーニングになると思います。

私も、字幕で読めばわかるのに、音だけだと聞き取れないことが多々あるのですが、英語字幕を付けておくと、この文章は、実際には、こういう音なのだな、と脳に記憶されていくように感じます。

例えば、「I'm not going to do it.」は、「アイム・ノット・ゴーイング・トゥ・ドゥー・イット」とは発音せずに、「アムナッゴナドゥーイッ」のように聞こえます。

こうして、英語の文字を、実際の英語の生の音と、結び付けていくといったことが、とっても重要になるかと思います。

最後に

こんな感じで、私の経験では、英語のリスニング、特に、「どんな洋画でも字幕なしで完璧に理解できるようになる」のは、英語学習において最もハードルの高いことだと感じています。

実際、洋画のリスニングは、特に、登場人物の中に、強い訛りを持った人がいたり、ぼそぼそっと小声でぞんざいな発音でしか喋らない人がいたりすると、プロの通訳の人ですら、完璧には理解できないと聞いたことがあります。

ですので、最初は、聞き取れなくても当たり前といった感じで、気長に行きましょう!笑

ちなみに、リスニング教材は、はっきり発音され過ぎていて、こういった教材に慣れてしまうと、洋画や海外ドラマなどの、英語の生の音が聞き取れない、と言ったことも出てきます。

そうならないように、リスニング教材は、普段から、倍速再生して聞く事をお勧めします。(聞き取れない所は、0.5倍速くらいにして、ゆっくり聞くことも大事です)

私も、英語の教材は、よく、1.2〜1.6倍速くらいで聞いていました。

こうして、倍速再生されたものに慣れてくると、試験本番のリスニングや実際の英語が、遅くゆっくり話しているように感じられるようになるので、オススメです!