2018年に読んだ本!

メリークリスマス!(少し早いですが笑)
今日は、2018年12月20日で、2018年も、残す所、あとわずかということで、私の中で毎年恒例になっている、今年読んだ本のまとめです。

と、その前に、今年も、私のサイトを見に来てくださり、本当にありがとうございました!

また、メールもたくさんいただきまして、すべての方のすべてのメールには、お返事出来ないこと、心苦しく思いますが、この場を借りて、お詫び及びお礼申し上げます!

それでは、2018年に読んだ本のまとめです!(と言っても、私は、もともと本を読むのが遅い上に、今年はさらに少ないのです笑、理由はのちほど)

冊数まとめ

今年は、今のところ、以下のような感じになりました。(これからも本を読むので、随時追加していきます)

英語の本、6冊 + 再読、3冊
フランス語の本、6冊 + 再読、1冊
ドイツ語の本、2冊 + 再読、4冊
日本語の本、13作品 + 再読、5作品
マンガ、7作品 + 再読、24作品

上述の通り、今年は、読んだ本の数が少なく、それは、4月の終わりくらいから、9月の終わりくらいまで、5か月間、フランス語とドイツ語の参考書を使った勉強に集中していたからです。

その参考書の冊数は、6冊 + 再読、16冊

と言った感じで、今年は、特にドイツ語学習が一番はかどった実感のある年になりました!

この成果か、今では、フランス語は、仏仏辞典を使ってフランス文学が楽しめるようになり、ドイツ語は、独独辞典を使って、ドイツ語文学がかなり楽しめるようになってきました!

もちろん、まだまだ、完璧には程遠いのですが、今年の参考書を使った勉強のおかげで、フランス語力、ドイツ語力が、大幅にアップした実感があってうれしいです!

詳しくは、私のフランス語学習サイト、目指せフランス語会話マスター!!私のフランス語学習記録 2018年12月20日までと、私のドイツ語学習サイト、目指せドイツ語マスター!!私のドイツ語学習記録 2018年12月20日までに、まとめてありますので、そちらをご覧ください。

英語の本

英語の作品では、今年は、何と言っても、マルコムXの自伝が印象的で、黒人に対する人種差別と闘った彼の生き様がかっこよすぎ!でした。
また、オーウェルの「Homage to Catalonia(カタロニア賛歌)」も素晴らしかったです。
読んだ数が少ないですが、ノンフィクションもので、良い作品に出合えたという感じです!

以下は、再読のものです。
シャーロックホームズの長編一作目「A Study in Scarlet(緋色の研究)」は、私が、英語学習を本格的に始めてから、初めて読んだペーパーバックで思い入れの強い作品です。
また、私は、なぜか、年末は、ヴォネガットが読みたくなり、今年も、「The Sirens of Titan(タイタンの妖女)」を読み、今「Cat's Cradle(猫のゆりかご)」を読んでいる最中です。

フランス語の本

今年は、勉強の成果あって、今までよりも、フランス語の読解力がアップし、さらに、フランス語の本が楽しめるようになってきました!
中でも、2008年にノーベル文学賞を受賞した、クレジオの作品が、風景描写が本当に綺麗で、内容も素晴らしかったです!

以下のリンク先は、私のフランス語学習サイト、目指せフランス語会話マスター!!内の各作品のレビューページです。

以下は、再読のものです。
昨年と同様、今年も、雪の季節に読みたくなる大好きな作品、ジッドの「La Symphonie Pastorale(田園交響楽)」を読みました。

ドイツ語の本

今年は、5か月間、ドイツ語学習に集中し、その甲斐あって、ドイツ語文学が、今までよりも、かなり楽しめるようになりました!
といっても、今年は、新しく読んだのは、たったの2冊なのですが笑、これから、色々な作品を読んでいけるのが楽しみです♪

以下のリンク先は、私のドイツ語学習サイト、目指せドイツ語マスター!!内の各作品のレビューページです。

以下は、再読のものです。
昨年書いたことと一緒ですが、今年も、「ヘッセは、何度読んでも飽きません♪」
ドイツ語をここまで勉強してきたのも、特にヘッセの作品を原書で楽しめるようになりたい!という想いが強かったからのような気がします。
(もちろん、ドイツ語文学は、他にも、魅力的な作家が多いからでもありますが)

日本語の本

今年のはじめは、夏目漱石の作品をよく読んだ印象で、私は、今年で、ついに、漱石の長編作品はすべて読破しました!
また、「深夜特急」は、2013年の01月26日に、一巻を読んで以来、何故か、2巻目以降を読んでいなかったのですが、今年は、1巻から全部読みまして、本当に、素晴らしいの一言です!

以下のリンク先は、Amazon内の各作品の商品ページです。

以下は、再読のものです。
私にとって、「草枕」は、日本文学の中で、一番好きな作品の一つで、今年も、読みました。
また、「ドグラ・マグラ」も、私のツボにドストライク!の大好きな作品です♪

マンガ

今年は、「名探偵コナン」の好きな話と、まだ読んでいなかった巻を買って読みました。
特に、38巻は、「コナン君がジンに・・・」な話で、私の一番好きな話の一つです。
また、89〜92巻あたりは、黒の組織が絡んできて、面白かったです!
ただ、私個人的には、最近、コナン君がちょっと優位に立ちすぎかなあという感じで、もっと、黒の組織に追い詰められ大ピンチ!な話が読みたいですね。

以下のリンク先は、Amazon内の各作品の商品ページです。

以下は、再読のものです。
昨年と同じことを書いていますが笑、「ドラゴンボール」は相変わらず最高!で、何度読んでも飽きません!
また、名探偵コナン、42巻収録、アニメ版では「満月の夜の二元ミステリー」の話は、年末になると読みたくなる作品で、今年も、これから読もうと思っています!
これまた、昨年と同じことを書いていますが笑、何度も繰り返し楽しめる作品があるって幸せです♪

最後に

以上、こんな感じで、「2018年版、今年読んだ本」でした。

これから、クリスマス、年末、正月にかけて、気になる作品があったら、是非、読んでみてはいかがでしょうか?

それでは、改めまして、今年も、私のサイトを見に来てくださり、本当にありがとうございました!
メリークリスマス、そして、良いお年を!