アンチ・バベルの塔について

「アンチ・バベルの塔」とは、同名のブログで、提唱されている、英語学習法です。

具体的には、英英辞典の、自分がまだ覚えていなかったり、完璧に使いこなせていない、そんな単語をピックアップして、自分でワードなどに、辞書の内容をコピーしていき、それを、印刷、バインダーなどに閉じて、ひたすら音読していく、という英単語暗記法です。

これは、本当に、効果的で、私は、Longman Dictionary of American Englishという辞書を使って、この学習法を実践して、計り知れない効果がありました!

こんな素晴らしい学習法を、教えてくださった、「アンチ・バベルの塔」の提唱者さんには、本当に感謝しています!

私の学習歴

ちなみに、私が、本格的に、英語学習を始めたのは、2006年の夏からで、2006年の頃にはすでに、アンチ・バベルの塔の存在は知っていたのですが、最初の頃は、あまりにも大変そうで、取り掛かる気になれなかったのです。

私は、最初、2006年の夏から、色々なホームページで多読が勧められていたので、まず洋書を辞書を引きまくって読むという勉強法を開始しました。

洋書を20冊くらい読んだ頃で、おそらく認識語彙は、5,000単語くらいになっていたと思います。

そして、今度は英検1級に挑戦しようと、以下の3冊を音声と一緒に音読しまくるという語彙の勉強方法を始めました。

英検プラス単熟語1級―文で覚える
究極の英単語SVL Vol.3
究極の英単語SVL Vol.4

アンチ・バベルの塔、建設開始!

それから、2008年の第2回で英検1級の1次試験に合格し、2009年01月31日に、ようやくアンチ・バベルの塔の建設を始めたわけです。

具体的には、Microsoftの、Wordで、設定は、以下のような感じです。

用紙B5 幅182mm×高さ257mm
文字数22
字送り9.45pt
行数48
行送り14.3pt
余白 上、下 5mm
余白 左、右 12.7mm

下は記念すべき、私のアンチ・バベルの塔、最初の3単語です。
見出し語は赤、句動詞やフレーズは青、例文が緑にしてあります。


Longman Dictionary of American Englishより引用)

アンチ・バベルの塔、建設終了!

こんな感じで進めていき、2010年07月10日に、アンチ・バベルの塔の建設が終わりました。(忘れかけているのに省いた単語が多すぎたため、2010年07月22日から24日までの3日間でAの項目だけ塔を建て直しました。)

見出し語は、22,553単語、B5のルーズリーフ、1,674ページ分になりました。

ところどころ、知っていて使いこなせると判断した単語は、省いてあります。

ただ、知っているつもりになっていて実は、知らない用法があるとか、自分が覚えているのと、語義にずれがあったりする単語も、かなりありました。

たとえば、「yacht」も、私は小さいボートだと思っていたら、語義は以下のようになっていて、小さいどころか「large」と書いてあります笑

a large expensive boat used for sailing, racing, and traveling for pleasure
Longman Dictionary of American Englishから引用)

日本語で言うとクルーザーに近いイメージで、日本語のヨットは、sailboatに近い感じです。
こんな感じで、ずいぶん間違って覚えているんだなあと思う事が、多々ありました。

以下は、記念すべき、私のアンチ・バベルの塔、最後の単語です。


Longman Dictionary of American Englishより引用)

ちなみに、フォルダ内はこんな感じです↓

さすがに、一番単語数が多いだけあってSは一番重くなっています。
以下は、単語数(見出し語)、ページ数です。

印刷には、次のルーズリーフを使いました。

ノーブルルーズリーフ B5(26穴)【無地】 R78

アンチ・バベルの塔、卒業!

そして、2013年04月09日に、音読6ターン目を終え、建設の1ターンと合わせて、計7ターン通読したことになりました。

これを、7ターン終えた今では、2009年以前の、このトレーニングに取り組む前と比べると、遥かに、語彙力がアップした実感があります!

2009年以前に読んだペーパーバックを、読みなおしてみると、昔より遥かに楽しめるようになりました!

これも、このトレーニングのおかげで、こんな素晴らしい学習法を教えてくださった、アンチ・バベルの塔の塔主さんに感謝です!

今までの学習履歴はこんな感じです。

2009年01月?日〜2010年07月10日、建設終了
2010年07月24日〜2010年11月14日 1ターン目終了
2010年11月17日〜2011年03月12日、2ターン目終了
2011年03月18日〜2011年12月15日、3ターン目終了
2012年01月09日〜2012年06月01日、4ターン目終了
2012年07月02日〜2012年12月05日、5ターン目終了
2013年01月13日〜2013年04月09日、6ターン目終了

最後に

以上、アンチ・バベルの塔についてと、私の学習歴でした。

たしかに、地道な作業をずっと続けて行くことになるので、時間もかかり、根気のいる学習法なのですが、その分、計り知れない効果がありますので、我こそは!というかたは、是非、チャレンジしてみてください!

このトレーニングをしっかりこなせば、英語の語彙力が、格段にアップした自分に気が付くはずです!

現に、私がそうでした!