どうすれば英語が喋れるようになるの?

英語が喋れるようになるには、以下の5つの能力が必要です。

英語が話せると言うことは、おもに上の5つの能力があると言う事だからです。

一つ一つ見て行きましょう!(特に1〜3までが重要です)

1 発音、イントネーション、アクセントについて

全くの初心者の方はまず、正しい発音を習得することを強くお勧めします!

なぜなら、英語が出来る人と出来ない人の決定的な違いが、正しい発音を習得しているかどうか、という所にあるからです。

日本語にない英語の音、例えば、「f」、「v」、「th」、「l」、「r」などを無理やり、日本語の音で発音するとネイティブに通じないことがよくあります。

他のページでも、しつこく、書いていますが、正しい発音を知らないことは、英語学習において、最大のリスクの一つで、あとで、自分の英語が通じなくて、悔しい思いをしたり、ネイティヴと話していて、誤解を生みたくなければ、出来るだけ早いうちに、正しい発音を身に付けておくことが、とても大切です!

また、自分の発音が良くなってくると、かなり気持ちがいいので、発音の練習は、とっても楽しいトレーニングだと思います!

ちなみに、私は、単語耳シリーズで身に付けました。

2 作文能力について

英語として正しい文章を瞬時に組み立てられるかどうかが、英語が出来る人と出来ない人の次の決定的な違いです。

「片言でもいいので、英語を話してください」と言われて話せないのは、正しい英語の文章を組み立てる力がないからです。

逆に、自分の言いたいことを、英語として正しい文章で瞬時に組み立てられて、それを正しい発音で声にすることができたとしたら、英語が話せる状態だと思いませんか?

特に、英語は語順命といわれるほどですので、たとえば、日本語は、

と、どれも同じ意味ですが、英語だと

だと意味が変わってしまいます。

ですので、英語を話すためには、正しい語順で英単語を並べられるようになること、つまり、作文能力(文法駆使能力)が必要です。

特に初心者のうちは、発音と同様、この作文能力は、英語学習において、もっとも重要で、これを身に付けておくのと、おかないのでは、大きな差が出ます。

私も、もっとはやく、英作文の勉強、とくに、瞬間英作文を、やっておけばよかったと、強く後悔しました。

ですので、あとで、後悔しないためにも、作文能力は、絶対に、身に付けておくべきだと、私は強く思います。

また、作文能力がついてきて、自分で英語が話せるようになってくると、ネイティヴに自分の英語が通じて、うれしかったり、英文エッセイを書けるようになったりと、なにかと、楽しいことが増えますので、ぜひ、身に付けておくことをお勧めします!

ちなみに、これは私は、英語上達完全マップで紹介されている瞬間英作文シリーズで、ある程度身につけました。

3 運用語彙について

運用語彙とは、聞いたり読んだりして分かるだけではなく、話したり書いたりする時に、自分で使いこなせる単語のことです。

1、2までくれば次は、この運用語彙がモノを言います。

実際に、正しい発音を習得していて、自分の言いたい事を、英語として正しい文章で組み立てられるだけでも、片言でのコミュニケーションは可能ですが、運用語彙が足りないと、やはり、話せる内容が色々と限られてきます。

特に、日本人の場合は、ネイティヴなら、子供でも使いこなせる基本単語が、使いこなせない事が多いので、基本単語からしっかり運用語彙として身につける必要があります。

そのあたりが、私も含めて、日本人のスピーキング力の低さの原因だと思われます。

4 背景知識について

これは当然で、自分に背景知識がないことは出てきません。

例えば、英語を勉強していて、よくあるのが、日本ではそんなに有名でないけど、アメリカ人なら誰でも知っている有名人のことが話題になった時、自分はその有名人を知らず、何のことを言っているのか分からないということです。

また、「インドとパキスタンについて、どう思いますか?」「京都議定書におけるアメリカの対応について、あなたはどう考えますか?」などと聞かれて、インドとパキスタンのことを何も知らなければ、京都議定書を知らなければ、話すことができません。

ですので、これは、英語に限らず日本語でも同じですが、色々な知識を身に付けていくのも、とっても重要です。

ちなみに、英検1級のエッセイや2次試験の面接などは、この要素が強く、私も、英検1級の勉強を通じて、色々な知識が付きました。(といっても、まだまだ知らないことだらけなのでありますが笑、少なくとも、英検1級の勉強を始める前よりかは、知っていることが増えました)

後は、洋書を読んだり、海外ドラマを観たり、洋画を観たり、英字新聞などを読んで身に付けて行くといいと思います。

5 会話のネタ、トピックについて

これも当然だと思います。

英語に限らず、日本語でも、やっぱり、話題が豊富な人の話は、面白いです!

また、会話は、話すことも大事ですが、聞くことも話すこと以上に大事で、色々なトピックを知っていると、相手に色々な質問が出来て、特に、その話相手が楽しく話せそうな話題を振ることができれば、会話が弾むと思います。

逆に、日本語でも口ベタな方がいらっしゃるように、会話のネタが無ければ、会話が続かなかったり、話相手が気持ち良く喋れるような質問が出来なければ、会話が弾まないと思います。

ただ、これは、勉強しているうちに、話したい事や、ネイティヴに聞いてみたい事などなど、自然と増えて行くと思います。

ちなみに、私は、英会話トピックと題しまして、自分で自分に色々な質問をして、それに短めのエッセイと言う形で自分で答えるということを、やっていました。

英語を話したり書いたりする良い練習になりましたし、トピックのいくつかは、実際に、ネイティヴに聞いてみたことがあり、もちろん、私に気を遣ってくれただけかもしれませんが、結構、楽しそうに答えてくれたのを覚えています。

最後に

以上が、英会話に必要な5つの要素です。

本人に自覚が有るか無いかは別として、英語が話せる人、会話が上手な人、英語で高度な会話が出来る人は、例外なく、上の5つの能力が高い人です。

ですので、是非、この5つの能力を磨いていってください!