YouCanSpeak

レベル

瞬間英作文第1ステージ〜第2ステージ
「瞬間英作文」というのは、「日本語の例文を見て、それを瞬時に、口頭で、英語に直して答える」学習法のことです。

概要

瞬間英作文用のPCソフトです。
下が実際の画面です。

最初は、日本語の例文のみ表示されます。(上の画像の場合は「彼等は早く起きます。」)
そして、制限時間内に、自分で口頭で英語に直します。

そして、自分で口に出して言ったら、左下の「言えた」ボタンを押します。
自分で口に出して言えなかった場合は、「言えない」ボタンを押します。

するとその問題の解答が表示され、英文が読まれます。(上の画像がその時のものです)
最初の設定で、男性の声か、女性の声か、選べます。
また、もう一度、音声で確認したい場合は、音声確認ボタンが右下についていて、それを押せば、男性、女性の声で、英文の音声が読まれます。

そして、解答を確認して、正しく言えなかった場合は、「言ったが正しくなかった」ボタンを押すと、「言えなかったカード」として換算されます。
「NEXT」ボタンを押すと、次の問題に進みます。

これのくり返しです。
学習が進むにつれて、問題が難しくなっていったり、制限時間を短くしていけます。

文字で説明されると、少しややこしく感じるかもしれませんが、実際に使ってみると、そんなに難しい操作はありませんし、すぐに慣れると思います。

文章の難易度は、レベル1〜4まであり、レベル1は、簡単ですが、徐々に難しくなっていきます。
難易度の目安は、以下の例文をご覧ください。

レベル1の例文「彼等は早く起きます。」
レベル2の例文「あの状況下で誰が冷静でしたか?」
レベル3の例文「彼らは農薬を使わずにもっと栄養価の高い野菜を作っています。」
レベル4の例文「あなたは本当にそれらの幼い子供達に一日おきに英語を教えるのですか?」

また、それぞれのレベルで、26のコースがあります。

長所

何と言っても、確実に、スピーキング能力が身に付けられることが、一番の長所だと思います。
このソフトのように、瞬間英作文、「日本語の例文を見て、それを瞬時に、口頭で、英語に直して答える」学習法は、「クイックレスポンス」と呼ばれ、プロの通訳も実践するトレーニングです。

成果を上げるには、いくつか注意点があるのですが(詳しくは、以下の「効果的な使い方」をご覧ください)、これを正しい方法で、真剣にやれば、確実に、英語を話せる能力が身に付きます!

レベル1は簡単ですが、徐々にレベルがあがっていき、レベル4の「S-26」になると、結構、難易度が高いので、レベル4を、完璧にできるようになれば、相当なスピーキング力が身に付きます。

また、本プログラム「YouCanSpeak」のサイトの「YouCanSpeakで瞬間英作文」のページに以下のような記述があります。

「YouCanSpeakの開発研究の結果、英語はどんなに短い文章でも、あるいは非常に長い文章でも、175の要素から成り立っている。それらを脳に覚えさせてしまえば、応用力も身に付き、瞬間英作文も可能となる。YouCanSpeakで使われている2,496の英文は、英会話に必要な175のパターンが何度も出てくるので、瞬間英作文能力が上がり、スピーキング力が飛躍的に伸びる。」

これは、他の教材には無い、素晴らしい長所だと思います。
瞬間英作文用の書籍の教材は、文法項目別順、構文順、語彙順、またはランダム、に並んでいるものがほとんどです。
本プログラムのように、大量の英文を研究した結果、導き出した、英文の175パターンをすべて網羅している教材というのは、なかなかありません。
この「英会話に必要な175の英文パターン」が身に付くと、あとは運用語彙のみで、自分の知っている範囲の英語で、自分の言いたいことが、自由に言えるようになります。

あと、書籍の教材の付属CDは、「日本語 → ポーズ → 英語」の「ポーズ」の秒数が一定なので、瞬間英作文をやっていると不便に感じることが多いかもしれません。
ポーズの時間が短すぎてついていけないとか、逆に、ポーズの時間が長すぎて簡単すぎる、といったことが起きます。
でも、この「YouCanSpeak」は、1秒、3秒、5秒、7秒、無制限、の中から自由に「ポーズ」の長さを選べます。
書籍の教材で不便に感じることを解決してくれる素晴らしい機能だと思います。

また、CDだと、女性の声か、男性の声か、選べませんが、本プログラムは、両方の声を選べます。
女性の声が良いのに、男性の声が良いのに、ということにならないので、これも、意外と大きな長所です。

文字と音声の両方で、同時に学習できるのも長所です。
視覚情報と聴覚情報は、それぞれ、脳の違う領域で処理されると言われているので、文字(視覚情報)と音声(聴覚情報)の、両方を同時に学習することで、脳に良い刺激になると思います。

あと、リテンション力が付くのも長所だと思います。
リテンション力とは、「英文を短期的に記憶しておける能力」のことで、これがとても重要です。

例えば、主語と動詞の間に、長い副詞句が挿入されているような場合、やっと動詞が出てきたところで、主語を忘れてしまっているということがおきます。
そうなると、読解の場合は、前に戻って主語を確認しないといけなくなったり、リスニングの場合は、何の話をしているのか分からなくなる、など、不便なことが多いです。

ですが、リテンション力があればあるほど、つまり、「長い英文を短期的に記憶している能力」が高ければ高いほど、リーディング力やリスニング力があがります。

この教材は、最初の問題の文を、少し形を変えて、次の問題でも使っていくことで、英文を短期的に記憶する練習になります。

短所

やはり、書籍の教材に比べて値段が高いことが、短所かもしれません。
ただ、このようなサイトの、このような記事を読んでいる人は、学習意欲の高い、自己投資に積極的な方だと思いますし、英会話学校の授業料と比べると、全然安く、何度も繰り返し使えば、1回にかかるコストはどんどん減ってきますので、しっかり取り組めば、値段以上の価値が得られます。

また、書籍の教材だと、「安かったし、無駄になっても、まあいいか」と思って、投げ出しがちですが、このソフトなら、「ある程度の金額を払ったのだから、しっかり元を取りたい!」と、モチベーションアップにつながるので、その心理を活用したい人にとっては、むしろ長所ともいえます。

あと、これは、この教材というより、この学習法自体の短所かもしれませんが、かなりハードなトレーニングでもありますので、あまりやる気のない方、真剣に取り組む気のない方には、不向きかもしれません。

やってみると分かりますが、特に慣れていない場合、やっていると、かなり脳が疲れます。
国際会議の同時通訳は、連続15分が限界と言われているほど、脳を使うので、もちろん、国際会議の同時通訳と比べたら、全然、楽ですが、それでも、かなり負荷の高いトレーニングであることは、間違いありません。
ですので、ある程度、真剣に取り組まないと、効果が得られないと思います。

ただ、やってみると楽しいので、最初は軽いノリで始めたけど、ハマってしまったということもあると思います。
実際、私も、英語を勉強し始めた時は、「英語でも勉強してみよっかな」と軽いノリで始めたですが、英語学習自体が楽しくて、ハマってしまい、特に、瞬間英作文のトレーニングは、やっていて、とても楽しかった思い出があります。

また、細かい言い回しは、違っていても、気にしなくていいと思います。
例えば、「as always」「as usual」は、微妙なニュアンスの違いはあれど、ほとんど同じ意味ですので、正解は「as always」なのに、「as usual」と言ってしまっても、「ニュアンス的」には、間違いになることもあるかもしれませんが、「英作文的」には、正解として良いと思います。

この教材で実際に瞬間英作文をしていると、このような、正解と細かい言い回しが違うだけで、ほぼ正解と言って良いような時が、結構、よくあるのですが、その判断が、初心者には難しいことも、短所になるかもしれません。

ただ、あまり気にせず、初心者のうちは、「細かい言い回しが違うだけで、ほぼ正解のことも良くある」とだけ覚えておいて、本教材の例文に従っていけば、OKです。

あと、この教材で使われている英文は、「そのまま使える口語表現集」ではなく、「英作文能力を鍛えるための例文」ですので、そこを勘違いすると、もちろん、そのまま使えるものもありますが、あまり自然でない文章もあり、短所に思うかもしれません。

向いてる人

・「英語が話せるようになりたい!」と、真剣に思っている人
・「読む、聞くは、ある程度できるが、スピーキングは苦手」という人
・「ある程度の金額を払ったのだから、しっかり元を取りたい!」という心理を活用したい人

向いてない人

・すでに、このプログラムの内容をスラスラ話せてしまう、スピーキング上級者の人
・あまりやる気のない人
・真剣に取り組む気のない人

私の感想

私も、実際に使ってみましたが、本当に素晴らしいプログラムだと思います。
私自身、クイックレスポンス、瞬間英作文の効果は、自分で体験済みで、全く英語が話せない状態から、英検1級に合格できたのも、一番の基礎は、発音と、このクイックレスポンス、瞬間英作文のおかげだと確信しています。

当時、私は、このプログラムの存在を知らなかったので、使ったのは違う教材でしたが、この度、実際に、この「YouCanSpeak」を使ってみて、久しぶりに瞬間英作文に取り組み、改めて、瞬間英作文、クイックレスポンスの、効果のほどを確認しました。
非常に中身のある教材で、しっかり取り組めば、見違えるほどの効果が期待できますので、初心者の方はもちろん、伸び悩んでいる方にもオススメです!

私も、ずっと、スピーキングの練習をしていなかったので、久しぶりにやって、本当に、良い刺激になりました。

効果的な使い方

基本的には、本ソフトの指示通り進めていけばOKですが、上でも書きました通り、成果を上げるには、いくつか注意点があります。
その中でも、最も重要なことが、「正しい発音でやること」です。

他にも、色々ありますが、ここで書くと長くなってしまうので、以下に、YouCanSpeakの効果的な使い方について、まとめてみました。
既に購入された方や、購入の予定がある方はもちろん、購入の予定がない方も、ぜひ、見てやってください。
英語が話せるようになる上で、とても重要なことをまとめていますので、今後の、ご自身の英語学習に、きっと、役に立つと思います。

YouCanSpeakの瞬間英作文で成果をあげるには 1
YouCanSpeakの瞬間英作文で成果をあげるには 2
YouCanSpeakの瞬間英作文で成果をあげるには 3

マスターすると?

・英語が話せるようになる
・前は聞き取れなかった英語が聞き取れるようになる
・前よりも英語を読むのが遥かに楽になる
・TOEICなどのスコアが上がる
・英検でのスピーキングが楽になる

正しい発音を身に付けた上で、この教材に取り組めば、上記の効果が期待できます。

最後に

英語が話せる人は、みんな、瞬間英作文能力を身に付けていますので、英語が話せるようになりたかったら、避けて通れないと言っても過言でないほどのトレーニングで、真剣に取り組めば、見違えるほどの効果が期待できます。

英語学習において、発音と、この瞬間英作文をやらないのは、最大のリスクで、意欲のある方なら、最高の自己投資になると思います。

今が、新しいことを始めるチャンスかもしれません。
無料お試し版も提供されていますので、まずは無料版を使ってみて、「自分に向いているかどうか?」「最後までやり通す自信はあるか?」を考えてみるといいと思います。

YouCanSpeak お試し版は無料!