通訳式学習法でどんどん話せる DON DON 英会話

通訳式学習法でどんどん話せる DON DON 英会話

レベル

通訳トレーニング基礎

概要

本と、CD2枚、赤いチェックシート(上に載せると赤字が消えるやつ)が付いています。

本の内容は、最初に本書の学習法とCDの使い方など、そのあと16のセッションに分かれた本編、そして最後に、ダイアローグのスクリプトと練習問題の解答が載っています。

本編のストーリーは、日本人学生、「佐藤順(愛称:Jun)」と「池田圭(愛称:Kei)」の二人が、短期ホームステイにやってきた3人の外国人、「Robert Miller(愛称:Bob)」「Paul Brown(愛称:Paul)」 「季美林(リー・メイ・リン)(愛称:May)」に、日本の生活や日本の学校を紹介するというものです。

構成は、見開きで、AとBに分かれ、それぞれ、ある場面が絵で載っています。
そのあと、見開きで、Vocabulary and Expressions、Cultural Notesという、解説などが載っていてます。
さらにそのあと、見開きで、Exercises、Columnという、練習問題とコラムが続きます。
1セッション、6ページです。

CDは、ディスク1が、全82トラックで約76分、ディスク2が、全81トラックで約76分です。

本書とCDで、

@ リスニング 1回
A シャドーイング 2回
B リピーティング 4回
C 英日通訳 2回
D 日英通訳 4回

の手順で進めていきます。

長所

長所は、2,100円という手ごろな価格で、通訳のトレーニンングが出来ることだと思います。
他の教材でも、通訳トレーニングをすることはできますが、通訳トレーニング用のCDを作るのは、途中に無音部分を入れて編集したりするので、ちょっと手間がかかります。
また、いちいちプレーヤーを一時停止してやるのも、出来ない事はありませんが、ちょっと不自由です。
よって、この値段で、通訳のトレーニンング用の音声が手に入ることは、素晴らしいです。
あと、本書にも書いてありますが、通訳のトレーニングをしているという事実が、自信にも繋がると思います。

また、詳しく学習手順が載っているので、本書のやり方に従うだけで良いので、いつも「教材を買ったはいいが、どうやって学習を進めていいか分からない」とか「いちいち自分でトレーニングメニューを作るのは面倒だ」と言う人には、取り組みやすい教材です。
もちろん、私のように、自分でトレーニングメニューを作るのが好きな人も、自分で自分に合うように色々カスタマイズして使えます。

Vocabulary and Expressionsでは、本編のダイアローグに出てくる単語や文法などの丁寧な解説があり役に立ちます。
Cultural Notesでは、世界の文化についてや、そのストーリーに関する豆知識的な事が載っていて、為になる上に、読んでいるだけでも楽しいものです。
コラムには、発音のポイントなどが載っていて、これもまた為になります。

短所

短所は、やはり少しトレーニングが単調な事でしょうか。
単調なトレーニングが苦手な方は、飽きてしまうかもしれませんが、これは学習全般に言える事で、仕方ない事かもしれません。
英語学習に限らず、物事の上達には、反復練習は不可欠な要素だからです。
それに、ストーリーは、そんなに退屈な物ではないので(もちろん心から感動させられるような映画並みの物語とかではありませんが)、堅い英語教材よりかは、ずっと取っつきやすく且つ楽しいものです。

もう一つは、CDがはっきり分かりやすくゆっくり発音されすぎている事です。
初心者の方が、じっくり取り組まれるものとしては良いと思いますが、実際のネイティヴは、このCDより全然早口で話す方も、たくさんいますので、実践的とは言えないかもしれません。
よって、速度が遅いと感じたら、倍速再生をして聞いたほうが良いと思います。
英語学習も、筋トレとかと一緒で、「自分にとって少し負荷がきつい」「自分よりも少しレベルの高い」くらいの教材に取り組むのが一番効果的ですので、自分にとって「ちょっと速いけど、なんとかついていけそう」くらいのスピードの音声を使って学習されるのがベストです。

向いてる人

・通訳トレーニングの基礎を身につけたい、または試してみたい人
・単調なトレーニングが得意な人

向いてない人

・通訳トレーニングの基礎がすでに身についている、または試してみたいとは思わない人
・単調なトレーニングが苦手な人

私の感想

私は、この教材は、通訳のトレーニングに興味があったので試してみました。
通訳のトレーニングのお試し体験のつもりで購入したので、私は大満足でした。
本書の最初のほうで、通訳学習法について詳しく載っていて、これから自分の英語学習に生かしたいと思える内容でした。
本編のほうも、遊び感覚で、楽しくトレーニングが出来ました。

ただ、私は英検1級に合格した後で取り組んだので、もうちょっと内容が難しいほうが面白いのにと思いました。
よって、遊び感覚でやりたい方や、通訳のトレーニングのお試し体験がしたい人は別ですが、この教材を使って自分の英語力を上げようとしている英検準1級〜1級くらいか、それ以上のレベルの人には向いていないと思います。

効果的な使い方

本書の勧める通りに、学習を進めるのがベストです。
内容は初級レベルですので、「英語の音」に慣れたい英検2級レベルくらいかそれ以前の方が、取り組まれるのが一番効果があると思います。

また、それ以上のレベルの方が、遊び感覚でやるのも単純に楽しめますし、通訳トレーニング体験として最適です。

マスターすると?

通訳トレーニングの基礎が身に付きます。

最後に

本格的な、通訳トレーニングをやる前のウォーミングアップがしたい方には、最適な教材だと思います。
また、通訳トレーニングのやり方を知っておくだけでも、その知識が、後のご自身の学習プランを練る時や、オリジナルの通訳トレーニング用の音声を作る時に役に立つと思います。

通訳式学習法でどんどん話せる DON DON 英会話