Longman Dictionary of American English

Longman Dictionary of American English, 4th Edition (paperback with CD-ROM) (4th Edition) Longman Dictionary of American English

レベル

見出し語、フレーズ、語義、95,000語
(見出し語は、約23,000〜24,000語程度)

概要

アメリカ英語の英英辞典で、レベルは、英語ネイティヴのアメリカ人の平均的語彙力程度です。

本の真ん中には、「Learner's Handbook」というコーナーが数十ページあり、文法の解説やエッセイのコツ、練習問題などが載っています。
最後のほうには、不規則動詞の活用表、地名、重さの単位などが、見やすくまとまっています。
一番最後に、「Learner's Handbook」の練習問題の答えが「Workbook Answer key」としてまとめて載っています。

私が持っているのはハードカバー版です。

付属CDには、「e-Tutor」というPCソフトが入っていて、全内容が載っていて、見出し語と例文の音声が聞けます。

長所

英語ネイティヴの平均的アメリカ人の語彙力を手に入れるために必要最低限な語彙が全て掲載されていて、素晴らしい出来です。
例文も豊富で、語義も分かりやすいです。

多義語には、「THESAURUS」という囲みに類義語がまとまっています。
所々、「GRAMMAR」「COLLOCATIONS」「USAGE」という囲みもあって、それぞれ、文法の解説、良く一緒に使われる単語やフレーズ、使い方の注意が載っていて、これも為になります。

語彙によっては、(formal)(informal)(approving)(disapproving)(old-fashioned)等と付記してあって、その単語の持つニュアンスも分かるようになっています。
自分は何気なしに使っていても、(disapproving)な単語を相手に対して使ってしまうと、批判していると取られてしまうので、その単語の持つニュアンスを知ることは非常に重要な事です。
特に、英語圏では、話し手の責任が重んじられるので、注意が必要です。
この辞書は、そういう語彙のニュアンスや言外の意味も書かれていたり、単語によっては「This word is now considered offensive.」という注意書きも書いてあるので、非常に親切です。

また、ページのデザインも、3色刷りで、カラーのイラストや写真が付いていて、綺麗で見やすいです。

「e-Tutor」も素晴らしいです。
すべてコピペ出来るようになっていますので、使い勝手が良く、アンチ・バベルの塔の建設には最適です♪

アンチ・バベルの塔については、以下を参照下さい。
アンチ・バベルの塔について
アンチ・バベルの塔建設終了!

短所

短所の一つとして、分かりにくい名詞にはもっとイラストや写真を載せてほしかったと思いました。
特に数学用語や花の名前などは、非ネイティヴが、英語で書かれた説明を読んでも、なんのこっちゃ分からんのが多く、図が載っていれば一発で分かるものも、文章だけで書かれていて、イラストや写真が載っていないことが多いのが残念です。
そこが正に、わざわざ自分でアンチ・バベルの塔を立てた理由の一つです。
普通に、本書の音読に取り組んでも良かったのですが、分かりにくい名詞には、画像を載せたり、知ってるし使える単語は省いたりと、自分で使いやすいようにカスタマイズできるのが、塔の一番良い所です。
もちろん、わざわざ塔を建てるのが面倒であれば、普通に本書を音読しまくるだけでも、非常に効果的です。

あとは、ほとんどの見出し語と例文には音声が付いているのですが、ところどころ、見出し語と例文の音声が付いていないものがあることが短所です。
「この例文、音声で聞いてみたいな」「この文は、どういうリズムで発音されるんだろう?」と思ったものに限って、スピーカーのマークが横についてなくて、音声が聞けなくて、少しイライラしてしまうことがあります。

それと、スラングがあまり載っていない事も短所です。
ネイティヴなら子供でも知っているようなスラングが本書ではあまりのっていなくて、スラングは別に学ぶ必要があります。

向いてる人

・英語ネイティヴの平均的アメリカ人の語彙力を身に付けたい人

向いてない人

・英語ネイティヴの平均的アメリカ人の語彙力が既に身に付いている人
・読書用の辞書が欲しい人

私の感想

本書は、私はアンチ・バベルの塔のために購入しました。
一度、ワードパワー英英和辞典という辞書で、塔の建設に挑戦したのですが、本書の「e-Tutor」のようなソフトが付いていないため、語義を全てパソコンに打ちこむ必要があり、大変すぎて挫折しました笑

そして、「次こそは!」と思って購入したのが本書だったわけです。
塔を作る際にも、「e-Tutor」からコピペ出来るので、楽チンで、約1年半の月日を経て、1つ目の塔を完成させて、今は(2011年4月現在)目下、塔の内容をマスターするべく、その音読の3ターン目に取り組んでいる最中です。

塔に取り組み始めてから、洋書が遥かに楽しめるようになったり、英語で独り言を話している時でも使える表現が大幅に増え、映画やドラマも字幕なしで昔よりは遥かに楽しめるようになって、とにかく素晴らしいの一言です。

英検1級くらいの実力がある方で、ネイティヴ並みを目指される方には、本書は欠かせない通過点で、必須ともいえるべきものです。

効果的な使い方

アンチ・バベルの塔の建設用に使うのが最も効果的だと思います。
読書用、参照用として使うには、掲載語彙が少なすぎるので、もっと大型の辞書を使ったほうが効果的です。
本書は、辞書というよりは「単語帳」として利用するのが吉です。

マスターすると?

見出し語、フレーズ、語義など、95,000語が身に付きます。

最後に

何度も使う本書は、コストパフォーマンスも抜群ですので、真剣にネイティヴ並みを目指される方や、アンチ・バベルの塔の建設を検討されている方には、本当にオススメです。

ペーパーバック
Longman Dictionary of American English
ハードカバー
Longman Dictionary of American English