話すための英文法シリーズ

必ずものになる話すための英文法 [超入門編 上巻](CD1枚付) 必ずものになる話すための英文法 [超入門編 下巻](CD1枚付) 必ずものになる 話すための英文法 Step1[入門編I] (CD1枚付) 必ずものになる 話すための英文法 Step2[入門編II] (CD1枚付) 必ずものになる 話すための英文法 Step3[初級編I] (CD1枚付) 必ずものになる 話すための英文法 Step4[初級編II]  (CD1枚付) 必ずものになる 話すための英文法 Step 5 [中級編I] (CD1枚付) 必ずものになる 話すための英文法 Step 6 [中級編II] (CD1枚付) 必ずものになる 話すための英文法 Step 7 [上級編]

レベル

瞬間英作文第1ステージ、または第3ステージ

概要

文法項目ごとに、超入門編上下巻では6の例文、Step1〜4では10の例文、Step5、6では5の例文、Step7では6の例文が、見開きで、左に英文、右に和文と言う形で載っています。
そして、あとのほうのページで、文法解説編が載っています。
CDには、英文のみ、男性の声と女性の声で収録されています。

この教材は、著者の提唱する音読80回の実践ドリル的な感じで、文法項目ごとの例文を80回音読することが、この教材のすすめる学習法です。

私が持っているのは、Step5、6です。

長所

一番の長所は、CDだと思います。
CDと一緒に音読すると、発音的な面でも、もちろんプラスになりますし、CDがペースを作ってくれます。
自分の決めた時間(たとえば、1日30分音読するとか)の分だけCDで音読して行けば、苦にならずに音読練習ができます。

また、もちろん文法駆使能力も身に付きますが、口語表現も扱っており、下の一口メモにも、口語ではこういう言い方をする事が多いとか、こういう言い方もあるなど、本当に「話すため」の英文法で、そこも長所です。

短所

短所は、CDに和文が入っていない事でしょうか。
「日本語→ポーズ→英語」のCDが入っていたら、CDで瞬間英作文が出来るのに、と思うと残念です。
あとは、見開きのページの左に英語、右に日本語になっていますが、反対であったほうが、瞬間英作文をするには良いと思います。
ですが、元々この教材は、「英文を80回音読する」ことを目的としたもので、瞬間英作文のためのものではないので、これらの点は、短所とは言えないかもしれません。

もう一つの短所は、超入門編だけですが、カタカナがふってある事です。
超入門編だから、そうされたのでしょうが、カタカナ発音は英語学習の大敵で、まず一番最初に正しい発音を身につけるべきであるのに、カタカナがふってあるのは、私は個人的には悪い点だと思います。
超入門者のことを本当に考えるなら、発音記号を載せておくほうが良いと思いました。
英語教材でもフランス語教材でも、丁寧にカタカナがふってあるのは多いのですが、なぜか発音記号が文にふってあるのは少ないので困ります。

向いてる人

・基本文型の駆使能力を身につけたい人
・単調なトレーニングが得意な人

向いてない人

・すでに基本文型の駆使能力が身についている人
・単調なトレーニングが苦手な人

私の感想

本も見やすいですし、解説編の解説も非常に丁寧なので、素晴らしい教材です。
この教材のコンセプトも素晴らしいと思いますが、80回音読よりも、私は個人的には、この教材を使って瞬間英作文がしたかったので購入しました。

私はもともと、この教材は、風呂場で遊び感覚でやるために購入したのですが、もちろん、この教材を、ご自身の瞬間英作文第1ステージとして使っても効果的です。
ただ、Step5以降は、第1ステージと言うよりかは、第3ステージに近いかもしれません。
Step5と6は、中級編なので、瞬間英作文シリーズよりかは、文法的にも単語も少し難しめです。

今は(2010年現在)、私はアンチ・バベルの塔の音読に集中していますが、塔の内容が身について安定してきて、あとは復習だけになったら、是非、このシリーズは全て総復習したい教材で、そう思わせるだけの素晴らしさと価値があります。
まだちょっとしかやっていないのですが、私は今でも時々、風呂場でStep5と6の瞬間英作文を楽しんでいます。
遊んでるような感覚で、やっていて本当に楽しいです♪

また、はしがきの部分も面白いです。
英語を身につけるうえで知っておくとためになり、自分の英語学習トレーニングメニュー組み立て時の指針としても、とても役に立つ内容です。

効果的な使い方

本書のすすめる通りに、トレーニングを進めるのも、もちろん効果的です。
ただ、人それぞれ好みや、向き不向きがありますし、必ずしも、この教材が勧めるとおりにトレーニングをしなくてはいけないわけではないので、自分に合うようにカスタマイズして、トレーニングメニューを作られるといいと思います。

いろいろなパターンがありますが、この教材を徹底的に使い倒して成果を最大限に上げたい方なら、

1 まずは本を見ながらCDと一緒に全例文100回音読
2 今度は本を見ないでCDと一緒に全例文100回音読
3 本で瞬間英作文全例文30ターン

が良いと思います。

これを例えば、Step1〜4まですべて行えば、初心者の方なら見違えるほど英語力が上がると思います。
初心者の方なら、もう初心者ではなくなると思いますし、自分の言いたいことを自分の知ってる範囲の英語で、ゆっくり伝えることには苦労しなくなるはずです。
ただ、音読の仕方ですが、1文を一気に100回ずつ音読するのではなく、1文を少しずつ(たとえば2回ずつ)音読して行って、50ターン(2回ずつの場合)で100回音読するほうが効果が高いです。

ある程度実力のある方で本書の勧める通りに学習したい方は、

本を見ないでCDだけで、80回音読

をすると良いと思います。
音読ではなくて、瞬間英作文がしたい方なら、

本で、瞬間英作文30ターン

くらいやれば、初心者〜中級者の方なら、かなりの効果が期待できますし、単純に、このトレーニング自体が楽しいと思います。

ただし、まったくの初心者の方や発音が身についていない方は、必ず単語耳シリーズなどで、正しい発音を身につけられることをお勧めします。
私は、中学に入って学校で英語を初めて習い、大人になってから自分で本格的に勉強するまで、正しい発音を教えてもらったことはありませんでしたし、自分でも知ろうとしませんでした。
それが、現在(2010年12月)、私の発音が下手である最大の原因です。
2006年の夏から英語学習を本格的にスタートして、ずっと発音を重視して一生懸命練習してきましたが、いまだに噛みまくる、舌が疲れまくる、日本語なまりが取れないという状況で、発音の重要性を改めて痛感しています。
なので、正しい発音の仕方を知らない方は、一刻も早く正しい発音を身につける事をお勧めします。
私が考える、初心者の方の最短学習法はこちらに載せてありますので、よかったら参考にしてみてください。
英会話初心者が一番最初にするべきこと
英会話初心者が一番最初にするべきこと 2

マスターすると?

瞬間英作文第1ステージ、または第3ステージが身に付きます。

最後に

この教材は、本格的に取り組んでも、とても効果がありますし、すでに瞬間英作文が身についている方が、遊び感覚で取り組むのも、本当に楽しいものなので、中級者から上級者までだれでも楽しめるオススメ教材です!

必ずものになる話すための英文法 [超入門編 上巻]
必ずものになる話すための英文法 [超入門編 下巻]
必ずものになる 話すための英文法 Step1 [入門編I]
必ずものになる 話すための英文法 Step2 [入門編II]
必ずものになる 話すための英文法 Step3 [初級編I]
必ずものになる 話すための英文法 Step4 [初級編II]
必ずものになる 話すための英文法 Step5 [中級編I]
必ずものになる 話すための英文法 Step6 [中級編II]
必ずものになる 話すための英文法 Step7 [上級編]