英検1級DAILY30日間集中ゼミ

英検1級DAILY30日間集中ゼミCD付(改訂新版) (旺文社英検書)

レベル

英検1級

概要

英検1級の問題を各パートに分けて、30日間で英検1級の全問題の概要が一通り学べるものです。
私が持っているのは、旧バージョンなのですが、内容は大体同じだと思います。

例えば、語彙問題なら語彙問題だけで1日分、英作文なら英作文1題で1日分、リスニングの対話文ならそれで1日分というように、英検1級の問題をパート別に1日ずつ分けて、問題を解き、解説を読んで学んでいくもので、途中と最後に、模擬試験が1つずつ付いています。

長所

最大の長所は、1日の分量が少ないので、無理なく、気軽に取り組めることです。
そういった意味で、英検1級の問題の傾向を知るのには、一番適していると思います。

ホームページでも、過去問は無料で手に入りますが、解説が全くないので、解説が欲しい方には、本書が適していると思います。
過去問題集もありますが、解説が本書のほうが詳しいですし、過去問題集では、各パートの問題の解き方のコツはあまり載っていませんが、本書には詳しく載っていてます。

問題の難易度も本番と大体同じくらいです。
私も実際に、本番の試験の前に本書の模擬試験に取り組みました。
そして、本書の模擬試験の英作文抜きの合計点数と(英作文は自己採点が出来ないので省きました)、本番の試験の英作文抜きの合計点数は、ほとんど同じでした。

当時、「今度こそ、1次突破してやるぜ!」と思っていました。
そして、本書の模擬試験に取り組んでみたら、合格ラインを少し上回ったので、「英作文が20点くらい取れれば、次は合格できるかも♪」と、非常に嬉しくなったのを覚えています。
結果、実際に、1次試験に合格できました。

短所

私は個人的には、本書の問題の難易度は、もうちょっと高くても良いのではないか?と思いました。
練習や模擬試験で、本番より難しい内容の物に取り組んでいれば、本番の試験が簡単に感じられるようになるからです。
ただ、あまり難しすぎても英検1級の参考書として、成り立ちませんので、短所とは言えませんね。

ですが、例えば、最後の模擬試験だけは、本番と同じような難易度で、他は、本番より少し難しいものにしておきます。
そして、模擬試験の冒頭部分で、「実は、今までの問題は全て、本番より少し難しくしてありました。本番の試験が簡単に感じられるようになるのが狙いです。そして次の模擬試験は本番と同じレベルにしてあります。」
と書いてあったら、本番の試験が簡単に感じられるようになりますし、「今まで、英検1級の本物の試験より難しい内容に取り組んでいた」ということが自信に繋がると思います。

向いてる人

・英検1級対策がしたい人

向いてない人

・英検1級にすでに合格されている人や、英検1級に興味のない人

私の感想

私は、本書を使って、英語力を上げようとは考えてなく、試験直前の仕上げとして、購入しました。
過去問としても、各パートの仕上げとしても、非常に使い心地が良く、大満足でした!
特に、上にも書きましたが、1日の分量が少ないので、無理なく取り組めた事が良かったです。
英検1級クラスの教材になると、すこし負荷がきつく、取り組むのに負担を感じたりしますが、本書は、ストレスなく取り組む事が出来ました。
どうせ勉強するなら、楽しく気軽に取り組めたほうが良いので、勉強の精神的な負荷を軽減してくれるような工夫がしてあるこういう教材は嬉しいですね!

効果的な使い方

英検1級の最後の仕上げとして、取り組まれるのが良いと思います。
上でも書きましたが、英検のホームページの過去問は、解説がありませんし、過去問題集は、本書ほど、解説や解き方のコツが詳しく書いてありませんので、詳しい解説や、解き方のコツが、知りたい人は、本書のほうが向いています。
逆に、解説は必要ないという方は、英検のホームページで無料提供されている過去問で十分だと思います。

あと、本書を使って、英語力を上げようとするのは、あまり効率が良くないと思います。
語彙をはじめ、本書だけでは量が少なすぎるので、これ一冊をマスターしただけで、英検準1級レベルの人が、英検1級レベルになるというものではありません。
あくまで、最後の仕上げ的に使用されるのが一番効果的だと思います。

また、本番のリスニングが簡単に感じられるように、本書のリスニングのパートは、1.3倍速くらいで聞くと効果的です。

マスターすると?

英検1級の問題の傾向を知ったり、最後の仕上げなどが出来ます。

最後に

本書は、一日の分量が少ないので、無理せず取り組めるので、オススメです!

英検1級DAILY30日間集中ゼミCD付 改訂新版