英会話ペラペラビジネス100

英会話ペラペラビジネス100 − ビジネスコミュニケーションを成功させる知的な大人の会話術 [CD2枚付]

レベル

スピーキング初級〜中級

概要

構成は、はじめに、本書の使い方や構成、CDの内容の説明、本編、本編の各章の途中にBusiness Communication改善講座、INDEX、逆引きINDEXです。

本編の、
1〜10は、初対面の人との成熟した大人としての接し方です。
11〜30は、たまに会うような人と、いいrelationshipを築いていくためにです。
31〜60は、いつも会うような人と互いにrespectしあうためにです。
61〜100は、ごく頻繁に接する人と信頼しあえるコミュニケーションをとっていくためにです。

本編の途中の、Business Communication改善講座では、プレゼンのコツなど、状況別の著者の解説が載っています。

本編の構成は、
「SHORT RALLY」では、その章の重要表現が使われた短いダイアローグ、
「POINT」では、その章の解説、
「EXPAND」では、似たような表現の違うバリエーションが5つ紹介されています。

2枚で約97分のCDには、本編の英文が全て収録されています。

長所

最大の長所は、著者が英語ネイティヴで、大人になってから日本語を身に付けた方ということもあり、ネイティヴの視点からみた信憑性の高い解説が読めることです。
日本のビジネス英語の本に見られるような実際には使われていない不自然な表現ではなく、「ネイティヴから見て自然な表現」が学べるところが素晴らしいです!
POINTでは、表現の使い方のほかに、英語圏でのビジネスマナーにも多々触れており、これもネイティヴの視点からによるもので、非常に参考になります。

また、ビジネス英語から敬語を学ぶというコラムでも書きましたが、ビジネスだけではなく、ネイティヴからみて自然で丁寧な表現、敬語なども、この本から学べます。

短所

短所は、CDのスピードが遅すぎること、また、はっきり発音されすぎていると感じる事です。
教材用に、わざと丁寧にしてくれているのでしょうが、出来ればナチュラルスピードか、またはそれよりも少し早く、且つぞんざいな発音で収録してくれたほうが良いと思いました。
なぜなら、早くてぞんざいな発音のCDに慣れると、実際の会話が楽になりますし、教材用の遅くはっきり発音されたCDに慣れてしまって、実際の会話についていけないのでは、元も子もないと思うからです。

もう一つは、発音がカタカナ表記で解説が載っているところです。
やはり、日本語の音は英語の音で代用出来ても、英語の音は日本語では代用できないものもあるので、しっかり発音記号を使って書いて欲しいと思いました。

向いてる人

・ネイティヴに通用するビジネス英語、丁寧表現、敬語を学びたい人

向いてない人

・ネイティヴに通用するビジネス英語、丁寧表現、敬語が既に身についている人

私の感想

私は個人的には、この教材は大好きです!
長所でも述べましたが、ネイティヴの視点から見た、自然なビジネス英語、丁寧表現、敬語が学べて、英語圏でのビジネスマナーも学べて言う事なしです。

昔、まだこの本を読む前、単語耳と、瞬間英作文に取り組んだだけの時、LAに滞在しましたが、丁寧な表現を知らなかったので、私の発言のせいで、明らかに怪訝な顔をされた事が何度もありました笑

たとえば、初対面の人に「What's your name?」と聞くのは失礼な言い方だと言う事を知らなくて、使うとあまり良い顔をされませんでした。

また、「Do you know〜?」と何かを聞くと、「あなた」の部分が強調されてしまい、相手が知らなかった場合、「へえ、知らないんだ」というニュアンスを与えてしまうと本書に書いてあります。
その事を知らずに、英会話学校で、初対面の先生に、日本特有の事を「Do you know〜?」と聞いてしまった時に、あまり良い顔をされず、「Have you ever heard of〜?」と聞いた時のほうが、明らかに向こうの反応が良かったのを覚えています。

こんな感じで、昔は、この本に書いてあるNG表現を、連発していた私ですが笑、この本で紹介されている表現を、意識的に使うようになってから、相手の反応も良くなって、スムーズにコミュニケーションが取れるようになったのを実感しました。
これから英語圏に滞在する前にも、また何度か本書に目を通しておきたいと思っています。

このように、英語ネイティヴでないと分かりにくい細かいニュアンスや丁寧表現の解説は、英語でビジネスをする人に限らず、英語を使う人なら必見の内容です!

また、最後のページには、逆引きINDEXと題して、約700の和文とそれに対応する英文が、あいうえお順に表になっていて、このリストを使って私は瞬間英作文をしました。
とにかく、今すぐ使えるためになる表現が多くて、本当にオススメです!

効果的な使い方

例によって、発音と瞬間英作文の第2ステージまで済ませてから、瞬間英作文第3ステージとして、取り組まれるのがベストだと思います。
音読やシャドーイング、リスニングとして使っても効果的ですが、やはりそういう受け身の学習よりも、瞬間英作文のような発信型の勉強のほうが定着率が高いと思います。

また、発信型の勉強として瞬間英作文をして、受信型の勉強として、CDでシャドーイングをするというのも効果的です。
あとCDはスピードが遅いので、1.5倍速くらいで聞いたほうが効果的です。

マスターすると?

ビジネス英語、丁寧表現、敬語の基本が身に付きます。

最後に

英語圏の人と英語で会話する機会のある人で、ビジネスマナーや、丁寧表現や、敬語をマスターしていない人には、この本は必須だと思います。

もちろん、ネイティヴの言う事がすべて正しいとは言えませんし、この著者の言うことも同様ですが、英語圏で生活したことのない非英語ネイティヴの日本人による本よりかは、本書は遥かに信憑性が高いと思います。
そんなネイティヴ視点の、ビジネスマナーや、丁寧表現や、敬語の解説は、必見の内容で本当にオススメです!

英会話ペラペラビジネス100