米英俗語辞典

米英俗語辞典

レベル

見出し語、約9,500語 同義語・同義表現、約1,500語

概要

約11,000語収録の、スラングの辞典で、英語の見出しに、日本語で単語の説明がされています。
960ページありますが、普通の辞書は、2段組み以上になっていますが、この辞書は1段なので、普通の辞書に比べると、量も多くなく、気軽に音読に取り組めると思います。

長所

スラングだけの辞書として貴重です。
普通の辞書には、あまりスラングが載っていない事が多いです。
ネイティヴなら子供でも知っているものや、日常で多くの人が良く使うものまで載っていないので、スラングだけをまとめた本書のようなものは、1冊は欲しい所だと思います。

特に、映画、ドラマ、小説などでは、スラングは山ほど出てきますが、普通の辞書には載っていないので、非ネイティヴにとっては、理解が困難になる場合が多いです。
そんなとき、本書の内容をマスターしていれば、かなり理解度が深まる事と思います。

映画、ドラマを字幕なしで見れるようになりたい方、ネイティヴレベルを目指す方には必須です。
語彙の説明も、丁寧かつ簡潔で、時には例文も載っていて、ぜひ音読しまくってマスターしたい辞書です。

また、マスターとまでは行かなくても、映画やドラマを観ている時や小説を読んでいるときに、手元にあると便利です。

「知らない単語が出てきて辞書を引いたけど、その文脈で使われる語義が載っていない」
「どの語義もピンとこない」

ということはありませんか?
私も、よくありますが、そういう場合は、大抵スラングとして使われていることが多いです。
そして、この辞書を引けば載っている事が多いので、映画やドラマの理解に重宝します。
日本語字幕でも、スラングは訳すのが難しいためか、オリジナルの台詞の意味がそのままに載っていることは少ないので、オリジナルの台詞をしっかり楽しみたいのであれば、スラングはある程度知っておきたいところです。

短所

短所とは言えませんが、本書の全内容収録の音声CDが付いていたら最高だと思いました。
CDを聞きまくってスラングを暗記できたり、シャドーイングしてスラングを自分の運用語彙にまで出来たりと、利用価値がとても高いCDになること間違いなしです。
暗記モノは、反復学習が鍵ですし、耳で学んだことのほうが覚えやすいことも多いので、値段は、もっと高くても良いから、そんな素晴らしいCDが付いていたら最高です。

向いてる人

・字幕なしで、映画、ドラマを楽しめるようになりたい人
・辞書の音読、通読に興味がある人
・ネイティヴ並みの語彙力を目指す人

向いてない人

・字幕なしで、映画、ドラマを楽しめるようになりたいとは思わない人
・辞書の音読、通読に興味がない人
・ネイティヴ並みの語彙力が欲しいとは思わない人

私の感想

本書は、私が、Longman Dictionary of American Englishと言う英英辞典で、アンチ・バベルの塔に取り組み始めてから、普通の辞書にはスラングが載っていない事、映画やドラマでスラングが山ほど使われている事を感じ、絶対に必要だと思い、購入して音読に取り組みました。

・・・が、当時まだ塔の建設中で、しばらくは塔のマスターに集中したいと思い、この辞書の音読は一旦中止しました。
たった60ページしか音読出来ていません笑

ですが、私は、映画やドラマを字幕なしで楽しめるようになりたいですし、ネイティヴ並みの語彙力を目指していますので、将来、何度も何度も音読して、最悪でも認識語彙に、出来れば運用語彙にまで落とし込めるつもりです。
私のアンチ・バベルの塔には、スラングがあまり入っていませんので、この辞書は、この先かならずものにしたいです。

アンチ・バベルの塔については、以下を参照下さい。
アンチ・バベルの塔について
アンチ・バベルの塔建設終了!

効果的な使い方

通読用として使うのが一番効果的だと思います。
何度か上でも書きましたが、本文の量は、普通の辞書に比べたら対して多くありませんし、スラングの英和辞典ですので、語義も日本語で書かれていて、音読するのは英語部分のみ(見出し語、例文、同義語など)なので、意外と楽に音読に取り組めると思います。

960ページですので、1日30ページずつ音読すれば、32日で、1ターン終わります。
1年で約11ターンちょっと音読出来ますので、2年くらい続ければ、自分の物に出来るはずです。

1日15ページずつ音読なら、64日で、1ターン終わります。
1年で約5ターンちょっと音読出来ますので、2,3年くらい続ければ、認識語彙には出来ると思います。

このように、本書は、「単語帳」として使うのが効果的です。
もちろん、スラングの「辞書」としても、十分使えます。

マスターすると?

約11,000語のスラングが身に付きます。

最後に

小型で辞書と言うより「単語帳」のような本書は、字幕なしで、映画、ドラマを楽しめるようになりたい人、ネイティヴ並みの語彙力を目指す人にオススメです。

米英俗語辞典