瞬間英作文

全くの初心者の方は、まず、「発音」と、英語上達完全マップで紹介されてる「瞬間英作文」を、身につけるべきだと思います。
瞬間英作文とは、「日本語の文章を見て、それを瞬時に、英語に直すトレーニング」のことです。
極端な話、この二つさえ身につければカタコトで英会話が出来ます。

英語が出来る人と出来ない人の決定的な違いは、
「正しい発音を習得しているかどうか」と、
「瞬間英作文能力を習得しているかどうか」です。

私自身がそうだったように、この2つに真剣に取り組めば、「全く英語が出来ない人」から、程度の差はあれ、「英語を使ってコミュニケーションが取れる人」に、劇的に変わります。

特に初心者のうちは、発音と並んで、この瞬間英作文は、非常に重要で、この2つをやらないことは、英語学習において、最大のリスクだと思います。
私も、この2つをもっと早くやっておけばよかったと、強く後悔しました。

特に、この瞬間英作文は、クイックレスポンスというプロの通訳も行っていると言われているトレーニングですので、やってみればわかりますが、多大な効果があります。

また、最初は難しく感じても、やっていくうちに、力が付いてきて、とても楽しく、英語が話せるようになっている自分に気が付くと思います。

私が考える、初心者の方の最短学習法は以下のページにまとめてありますので、よかったらどうぞ参考にしてみてください。
英会話初心者が一番最初にするべきこと
英会話初心者が一番最初にするべきこと 2

初心者の方や、他の能力は、かなりあるのに、スピーキングは全く駄目という人は、この瞬間英作文に、真剣に取り組めば、かなりの効果が期待できます。

私自身も全く英語が話せなかったのですが、発音と、この瞬間英作文トレーニングを行うことによって、ネイティヴとコミュニケーションが取れる程になったので、その素晴らしい効果を実感してみたい方は、ぜひ試してみてください!

※ 以下は、「正しい発音」を習得している事が前提です。「正しい発音」は非常に重要ですので、留意してください。

私の学習歴

@ どんどん話すための瞬間英作文トレーニングを、本で5ターン、CDで約20ターン
A スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニングを、本で20ターン、CDで約20ターン
B 基礎英語構文100を、約10ターン
C 新・基本英文700選を、約5ターン
D 会話作文英語表現辞典を、2ターン目100ページまで

私の学習歴は上の通りです。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK) スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

@を始めたのが、2007年の9月からで、それまでは会話のほうは全く駄目だったのですが、@、Aを終えてから、少しずつ話せるようになり、読解力も上がり、リスニング力も、明確に上達が実感できるくらい上がりました!

本を使ってもトレーンニングが出来ますが、私の場合は、付属のCDで、よく勉強したのを覚えています。

「和文→ポーズ→英文」の順で収録されているので、家でくつろぎながら、または電車に乗っているとき(電車内では声は出せませんが笑、頭の中でやっていました)などにやりました。
最初のうちは、単純なミスを連発して大変でしたが、慣れてくるうちに間違いも減り、このトレーニング自体が、やっていてとても楽しかったです!
ただ、頭でやっただけで、声に出していないのは上のターン数に入れていません。

また、風呂の中でもやっていたので、お湯で濡れたりして、私のこの教材はボロボロです。
でも、なぜか、教材や辞書は、ボロボロになればなるほど、愛着がわきます!
私の愛用している英英辞典、Merriam-Webster's Collegiate Dictionaryも、背表紙のところが、ボロボロになってきましたが、一番のお気に入りの辞書です。

基礎英語構文100
新・基本英文700選 (駿台受験シリーズ) 会話作文 英語表現辞典 第3版

Aまで終えてから、瞬間英作文第3ステージとして、B、C、Dに取り組みました。

Bの教材は、英語上達完全マップのホームページに、瞬間英作文の第3ステージとして紹介されているもので、付属の小冊子も、瞬間英作文に使いやすいです。
解説も載っていますので、ちょっとした構文の解説も欲しい人にはオススメです。

ただ、私の場合は、この教材に載っている全ての英文を、余すところなく身につけたかったので、自分でPCに全例文の日本文と英文を打ち込んで印刷して、5冊の本にして取り組んでいました。
大した量じゃないので、2,3日あれば全例文の日本文と英文を打ち込む事が出来ると思います。

具体的には、ワードで、用紙はサイズA4、余白は狭い、段組みを2段組み、印刷の向きは横向きに設定して、左に日本文、右に英文を打ち込みました。
こんな感じです↓

Cは、Bの教材の瞬間英作文に飽きてきたころ、同じような大学受験用の構文集で、瞬間英作文がしたかったので、買った本です。
倒置なども載っていて、リーディングの勉強にもなります。

Bの教材も素晴らしいのですが、私としては、こちらの教材のほうがオススメです。
英語の全例文が収録されているCDが付いているうえに、本の構成も、左ページに英文、右ページに日本文と、なっていて、瞬間英作文に取り組みやすいからです。
ただ、解説はあまり載っていなく、完全に構文集です。

Dは、英語上達完全マップで紹介されているもので、私は、2ターン目の100ページまで、終えました。
この段階まで来ると、「作文能力」と言うよりも、もうほとんど「表現を知っているかどうか」の問題になってきます。
よって、作文能力としての瞬間英作文は、上の構文集までで、そこからは、運用語彙の習得になります。

また、上の学習歴に入れていませんが、他にも、遊び感覚で、瞬間英作文に取り組んだ教材は、たくさんあり、それが自分のスピーキング力の核をなしていると確信しています。

おすすめ教材

瞬間英作文第1ステージ、第2ステージ

瞬間英作文第1ステージとは、文法項目別に(過去形なら過去形、現在完了なら現在完了など)、瞬間英作文をしていく、学習の初期段階です。
瞬間英作文第2ステージとは、第1ステージでは、文法項目別だったのが、今度は、色々な文法事項がシャッフルされた状態で(例えば、現在形のあとに、現在完了、次は疑問文といった具合に)で、行うもので、文の難易度は、第1ステージと変わりません。

この瞬間英作文第1ステージ、第2ステージでは、本家の瞬間英作文シリーズがオススメで、私も、このシリーズのおかげで、英語がある程度話せるようになりました!!

私は、この瞬間英作文シリーズに取り組む前は、発音の練習と、辞書を引きながら洋書を読んでいたので、ある程度、聞いたり読んだりは出来たのですが、スピーキングは全くダメでした。
そして、LAに行くことが決まった直前に、これらの教材に予習のつもりで軽く取り組みました。
たしか2ターンくらい本で終えた頃だったと思います。

その後、LAに1週間半滞在したのですが、自分の英語が、しっかりと通じました!!
運用語彙の不足のせいで完璧にとは言えませんでしたが、自分の言いたいことは、しっかり伝わり、意思の疎通が出来ました!
「自分の英語が、ネイティヴに通じる!」というのは、当時の私にとっては、とっても嬉しい体験で、これは、この瞬間英作文に取り組んだおかげです!

あと、英語が話せるようになってくることの他に、意外ですが、リスニング力アップに、かなり効果がありました。
自分の英作文スピードが上がったからなのか、または、単語単位の発音の練習から、文単位の発音の練習に、移ったからなのか、今まで全く分からなかった文が、聞き取れるようになっている自分に気がつきました。

また、YouCanSpeakという教材もあり、こちらは、書籍の教材に比べると高価ですので、やる気のない人には向いていないかもしれませんが、逆に、真剣に取り組む気のある人にとっては、うってつけの教材です!

私も実際に使いましたが、本当に素晴らしい教材で、これに真剣に取り組めば、かなりの効果が期待できます!
レベル1〜2くらいまでは、瞬間英作文シリーズと同じくらいの難易度で、レベル3〜4くらいからは、より難易度の高い文章がたくさん出てきてますので、瞬間英作文シリーズよりもワンランク上のレベルの教材を求めている人にもオススメです。

お試し版は無料ですので、気になる方は、まずは、体験版をやってみると良いと思います。

瞬間英作文第3ステージ

瞬間英作文第3ステージは、構文の習得(第1,2ステージでは、簡単な基礎文法に限っていたので、網羅していない文法項目があるため)と、表現の拡大です。

この段階では、まず、構文の習得トレーニングとして、新・基本英文700選に取り組むのがオススメです。
これは、もともと大学受験用の教材で、英語の基本構文が、ほぼすべて網羅されています。
「ほぼすべて」というのは、どこまでを「構文」と捉えるかによって変わってくるからです。

でも、意識的に「構文」として、マスターするべきものは、全て網羅されていますし、カバーできなかったものは、そのあとの運用語彙の増強で補えば良いので、まずは、この新・基本英文700選に集中される事をオススメします。

そして、それをマスターしたら、最後の仕上げとして、会話作文 英語表現辞典 第3版に取り組むのが良いと思います。
かなりの量なので、最後の仕上げドリルとして、最適です。
私は、2ターン目の100ページまで、計1009ページやりました。

構文を使えるようになったら、あとは、瞬間英作文を日々の鍛錬のような形で行いながら、いろいろな言い回し、熟語、フレーズ、スラングなどを習得して行くことになります。
ここまで来ると、作文というよりは、運用語彙の増強になりますので、人にもよりますが、瞬間英作文はとりあえず、卒業という事になります。

ある程度、時間やお金はかかっても良いから、とにかく英語を極めたいという方は、さらに瞬間英作文トレーニングを続けて、発信力に磨きをかけること、また、他の「通訳のトレーニングに特化した教材」を続けることです。
瞬間英作文も通訳のトレーニングの一つですので、もっと他の通訳のトレーニングに取り組むことで、さらなる実力アップが図れると思います。

この段階まで来た方なら、瞬間英作文の価値をよくご存じのはずなので、抵抗なく投資できると思います。
さらに発信力を付けたい方が、真剣に取り組めば、素晴らしい自己投資になるはずです。

また、基本的に会話は、以下の5つに分類できると思います。

@ 事物の描写
A 過去の経験、想い出の詳述
B 意見陳述
C 質問
D 注文、要求

そして、A、C、Dは、瞬間英作文でほとんどカバー出来ます。
問題は、@とBで、@は、英検準1級の面接で、Bは、英検1級の面接で、問われる能力です。

そこで、@をのばすには、どうしたらいいか?ですが、自分で、英会話描写トレーニングに取り組む事が適しています。

Bを伸ばすには、英検1級に挑戦するのが一番だと思います。
英検1級の英作文問題をこなし、2次試験の面接対策として、スピーチの練習をすることで、意見陳述能力を伸ばす事が出来ます。
論理的な意見陳述能力は、これからのグローバル社会で、非常に重要だと思いますので、やって損はないトレーニングです。
この、英検1級のエッセイとスピーチに関しては、このサイトで、色々と、資料を紹介しているので、もしよかったら、使ってやってください。

あとは、運用語彙を増やすのみという感じで、ここまで来ると、瞬間英作文は、卒業という感じなると思います。

最後に

以上、瞬間英作文に関しては、こんな感じです。
すでに書きましたが、私も、この瞬間英作文トレーニングのおかげで、英語が話せるようになったので、「英語上達完全マップ」「瞬間英作文シリーズ」の著者の森沢先生には、本当に、感謝しています!

本当に、素晴らしいトレーニングで、真剣に英語が出来るようになりたいなら、この「瞬間英作文」を徹底的に極めることだと思います。

ただ、英語を身に付けるためには、「頭」と「体」に覚えさせる必要があります。
そして、この「瞬間英作文」は、「体」に覚えさせるためのトレーニングです。
「頭」に覚えさせるには、文法などを「知識」として学んでいく必要があります。
文法について、初心者の方は、初心者向け英文法講座を参照ください!

また、上記は、数ある方法のうちの一つで、何から何まで、この通りにしなくてはいけないというものではありませんので、ご自身の学習法が、私の勧めるやり方と違っても、まったく問題ありませんし、心配する必要もありません!
使う教材は、ご自身で自由に変えていただいてOKですし、回数や時間も、ご自身にとって一番心地の良いものに変えていただいてOKです!

ただ、英語が話せるようになる一つの方法として、私の体験からも実証済みで、真剣にやれば、かなりの効果が期待できると思いますので、もしよかったら、ぜひ、試してみてください!
その素晴らしい効果を体験できるはずです。