投げられたボール - 過去分詞

a thrown ball

画像提供:写真素材 足成

過去分詞とは、動詞に「ed」を付けて作り、形容詞のように使われると、「〜された」という意味になります。

ただ、過去分詞には、ただ「ed」を付けるだけではない、ちょっと形が変わる不規則なものもあります。

この場合がそうで、「thrown」は「throw(投げる)」という動詞の過去分詞ですが、「throwed」ではなく「thrown」という形になります。

意味は、「投げられた」で、「a thrown ball」は「投げられたボール」になります。

また、過去分詞は、形容詞のように使われるだけでなく、受動態を作ったり、知覚動詞などと一緒に使われたり、完了形を作ったりしますが、それはまた、受動態、知覚動詞、完了形のページでやります。