Walden and Civil Disobedience

Walden and Civil Disobedience
Walden and Civil Disobedience
著者:Henry David Thoreau
発表年:1854
オススメ度:★★★★★
英語難易度:★★★★
読了日:2013.12.28、2015.12.03

あらすじ

アメリカの思想家、ヘンリー・デイヴィッド・ソローが、2年ちょっと、ウォールデンという湖のそばの森で、自給自足の生活を送り、その時の、記録、思想、などが、まとめられたエッセイ集です。

私の感想、レビュー

(一回目読了時、2013.12.28)

これは、最高でした!!
私は、自然が大好きなので、この本の、自然描写の美しさに、完全に惹き込まれ、まるで、自分が森にいて、動植物を観ているかのようでした。

また、あくまで個人的にはですが、思想的にも、非常に共感のできる内容でした。
これは、私にとって、一生、読み続けていく、人生のバイブルになりそうです!

ただ、英語が、めちゃくちゃ難しいです笑
今まで、読んだ中でも、最も難しい部類に入ります。

まず、使われている単語が非常に高度です。
また、1850年前後(日本は江戸時代で、黒船来航が1853年です)という、ずいぶん前に書かれたものなので、文法が古く、現代のそれとは、違っていて、非常に難しく感じました。
さらに、ギリシャ神話などの引用が多数見られ、それらの背景知識が無いと、完璧には内容を理解できないと思います。
私は、一応、読み終えたものの、難しすぎて、細かい所は、分からないところだらけなので、これから、理解を深めていきたいと考えています。

内容は素晴らしく、評価は久しぶりの、星5点満点です!

ただ、これは、エッセイなので、小説のようなストーリーはなく、風景描写や、ソローの独白、思想が、永遠と続き、英文も非常に高度で難解なので、そういったものが、苦手な方には、退屈に感じられるかもしれません。

「風景描写の美しい文章が読みたい!」
「難しい本が読みたい!」
「自分は、英語力に自信がある!」
「政治や政府に疑問を感じている!」

という方には、オススメです!

私の感想、レビュー

(二回目読了時、2015.12.03)

二年前くらいに初めて読んだ本書、ちょくちょく、部分的には、読み返していたのですが、この度、最初から最後まで、もう一度読みました。

内容は、本当に、素晴らしいの一言で、今、誰もが読むべき本なのではないか、とさえ思います。

ただ、英語は、相変わらず難しく、シェイクスピアほどではありませんが、エマーソンと同じくらいの難易度で、私も、いまだに、分からないところだらけですが笑、分かるところは、以下のように素晴らしい文の数々です。

What everybody echoes or in silence passes by as true today may turn out to be falsehood tomorrow, mere smoke of opinion, which some had trusted for a cloud that would sprinkle fertilizing rain on their fields.

What old people say you cannot do, you try and find that you can. Old deeds for old people, and new deeds for new.

it may be that he who bestows the largest amount of time and money on the needy is doing the most by his mode of life to produce that misery which he strives in vain to relieve.

Philanthropy is almost the only virtue which is sufficiently appreciated by mankind. Nay, it is greatly overrated; and it is our selfishness which overrates it.

As long as possible live free and uncommitted.

Why should we live with such hurry and waste of life? We are determined to be starved before we are hungry. Men say that a stitch in time saves nine, and so they take a thousand stitches to-day to save nine to-morrow.

I never found the companion that was so companionable as solitude.

I am convinced, that if all men were to live as simply as I then did, thieving and robbery would be unknown. These take place only in communities where some have got more than is sufficient while others have not enough.

Only the defeated and deserters go to the wars, cowards that run away and enlist.

In proportion as he simplifies his life, the laws of the universe will appear less complex, and solitude will not be solitude, nor poverty poverty, nor weakness weakness.

"That government is best which governs not at all"; and when men are prepared for it, that will be the kind of government which they will have.

Those who, while they disapprove of the character and measures of a government, yield to it their allegiance and support are undoubtedly its most conscientious supporters, and so frequently the most serious obstacles to reform.

人生の教科書のような、ずっと胸に留めておきたい名言が多く収められた、最高の作品です!