On the Road

On the Road (Penguin Essentials)
On the Road
著者:Jack Kerouac
発表年:1957
オススメ度:★★
英語難易度:★★★
読了日:2014.06.23

あらすじ

大学生で、語り手である、Sal Paradiseの、アメリカ中を、放浪する、旅の物語です。

私の感想、レビュー

ヒッチハイクをしたり、バスで移動したり、車で飛ばしてみたりの、放浪の旅で、途中、バーで飲み騒いだり、友人宅でパーティーをして、また旅に出るという、ずっと同じようなことの繰り返しで、私には、あまり面白いとは思えませんでした。

ただ、これは、私の実力不足も大きいと思います。
私は、スラングや口語表現が弱く、この作品は、スラングが多くて、非常に読みにくく感じました。
それで、読み飛ばしてしまった部分も多かったです。

また、アメリカの地理に詳しくないと、あまり楽しめない、というのもあると思います。
舞台が、日本だったら、もっと楽しめたと思いますが、私は、アメリカは、2週間弱しか行ったことがないので、その地理に疎く、この作品でも、地名がたくさん出てきますが、どこからどう移動したのか、イマイチ、イメージが掴めませんでした。

また、地名以外にも、色々な固有名詞が出ていて、アメリカ人なら当たり前に知っていることでも、そうでない人には、良く分からない、ということも、原因だったと思います。

上記のような、実力不足、理解力不足、背景知識不足で、今の私には、あまり楽しめませんでしたが、逆に、英語の口語表現やスラングに強く、アメリカの地理や事情にも明るく、さらに、放浪して、仲間と大勢で騒いだりするのが好きな方には、とても楽しめる作品だと思います。