ヴィレッジ

ヴィレッジ [DVD]
原題:The Village
公開:2004
時間:108分
鑑賞日:2015.01.20
ストーリーの面白さ:★★★
映像や音楽の美しさ:★★★
作品の世界観の良さ:★★★
心が動かされること:★★
非日常的刺激スリル:★★★★

私のオススメ度:★★★
英語難易度:★★

※ 暴力描写あり

あらすじ

外界から隔離されたような、森の中のある小さな村では、「Those we don't speak of」という存在を怖れ、彼らの領域を侵さないように、決して森の中に入ってはいけないという、昔からの、しきたりがあった。
それまで、平和に暮らしていた村民であったが、ダニエル・ニコルソン(1889―1897)という人物の葬儀以来、「Those we don't speak of」からの警告と思われる、動物の死骸が村で多数目撃される。
そんな中、ある日、ある事件が起き、ある人物が、その禁じられた森へ・・・

私の感想、レビュー

私は、ホラーか、サスペンスだと思って観たのですが、今までとは、少し違う感じのオチで、最初は意味が分からなかったのですが、あとから、何だそういうことか、という感じで、楽しめました。

人は、強者が弱者を支配するための諸々の観念論に洗脳されて、「こうじゃなきゃダメだ」と、思い込んでしまいがちですが、人間の在り方というのは無限にあって、どんな生き方も有り、ということを、思い出させてくれる作品です。

割と最近の映画なので、映像も綺麗で、効果音の使い方がうまく、ドキドキさせられました。

盲目の少女、アイヴィーを演じる、ブライス・ダラス・ハワードという女優さん、戦場のピアニストの主演の、エイドリアン・ブロディという俳優さんら、役者陣の演技が、素晴らしかったです!

英語は、かなり簡単な方です。
難しい単語やスラングなどは、ほとんど出てきませんし、話すスピードもそんなに速くなく、発音も明瞭、何より、普通のアメリカンアクセントなので、かなり聞き取りやすく、私は、英語字幕で観ましたが、私でも、字幕が無くても、ほとんど聞き取ることが出来ました。

ネタバレになってしまうので、詳しくは書けませんが、ストーリーは、意外性があって、ハラハラさせられるシーンもあり、普通の、ホラー映画や、サスペンス映画とは、少し違うので、そういった映画だと思ってみると、拍子抜けしてしまうかもしれませんが、色々と、大事なことを思い出させてくれる作品です。