ポルターガイスト

ポルターガイスト [DVD]
原題:Poltergeist
公開:1982
時間:115分
鑑賞日:2015.09.27
ストーリーの面白さ:★★
映像や音楽の美しさ:★★★
作品の世界観の良さ:★★
心が動かされること:★★★
非日常的刺激スリル:★★★

私のオススメ度:★★★
英語難易度:★★★

あらすじ

新興住宅地クエスタ・ベルデに引っ越してきたフリーリング一家だったが、その新居では、家具や物が勝手に動き出すという怪奇現象が起きていた。
そんなある日、嵐の夜、息子ロビーは庭の大木に襲われ、末娘キャロル・アンは、クローゼットに吸い込まれてしまう。
両親は、娘を助けるため、レシュ博士などの、超常現象を研究している心理学者らのチームに助けを求め、一行は、早速、調査を開始するが・・・

私の感想、レビュー

これまた、超有名な「ポルターガイスト」、名前は聞いたことがあったのですが、私は、観たことがなく、この度、初めて観てみました。

もっと本格的なホラー映画を期待していたので、観ていての感想は、正直、「なんじゃこりゃ」という感じでした笑

本作は、完全にファンタジーで、「ギャグ映画か?」と思ってしまうようなシーンも多々あり、ストーリーや世界観は、正直、私は、あまり好みではありませんでした。

ただ、1982年製作と、私が生まれる前の作品であるにもかかわらず、映像はとても綺麗で、当時でも、CG技術って、これだけ進んでいたのかと、ビックリでした。

英語は、そんなに難しくはありません。
難しい単語や、聞き慣れないスラングも、ほとんど出てこなかった印象で、アクセントも、標準のアメリカンアクセントに聞こえ、発音も明瞭、話すスピードもそんなに速くなく、私でも、聞き取れるシーンがほとんどでした。
ただ、小声で、ヒソヒソ話すシーンや、バックグラウンドの音がうるさくて、何を言っているのか聞こえないシーンもありました。

どちらかというと子供向けの映画と言った印象で、大人が求める本格的なホラー映画ではありませんが、スピルバーグ監督は、半分ふざけて、遊び心でこれを撮影したのではないかと思うようなシーンも多々あり、明るいファンタジー映画として、エンターテインメントとして捉えれば、楽しい作品かもしれません。