バグダッド・カフェ

バグダッド・カフェ 完全版 [DVD]
原題:Out of Rosenheim
公開:1987
時間:109分
鑑賞日:2015.01.10
ストーリーの面白さ:★★★
映像や音楽の美しさ:★★★★★
作品の世界観の良さ:★★★★★
心が動かされること:★★★★
非日常的刺激スリル:★★

私のオススメ度:★★★★
英語難易度:★★

あらすじ

ローゼンハイムから来た、ドイツ人観光客のジャスミンは、夫と車でアメリカを旅行中に、ラスヴェガス、モハーヴェ砂漠周辺で、夫婦喧嘩をし、一人、車を降りてしまう。
重い荷物を抱え、当てもなくさまよっていると、モーテル「バグダッド・カフェ」を見つけ、そこに滞在することにする。
偶然、訪れたそのカフェで、ジャスミンは、女主人ブレンダを始め、さまざまな人と触れ合う。
人間関係もあまり上手く言っていない様子で、さびれたカフェであったが、ジャスミンによって、徐々に、皆が変わり始め・・・

私の感想、レビュー

日本でも評価の高い本作は、私は、初めて観ましたが、噂通りの、素晴らしい作品で、癒されました!

ストーリー自体は、目が離せないというほど面白いわけではありませんが、主題歌や砂漠地域の美しさ、そして、何と言っても、作品の世界観が秀逸で、ずっと観ていたい、自分も、「バグダッド・カフェ」に、ずっと滞在していたくなる、そんな映画です。

子供達が、ジャスミンに心を開いていく過程や、特に、いつも怒ってばかりいるブレンダが、ジャスミンに、徐々に、心を許していく感じが、とても心温まりました。

英語は、そんなに難しくなく、とても聞き取りやすく感じました。
これはドイツの映画で、ミュンヒクシュテットナー夫婦はドイツ人なので、ドイツ語なまりの英語も出てきますが、そんなに聞き取りづらいとは思いませんでした。
難しい単語やスラングは、ほとんど出てきませんし、話すスピードもそんなに速くないので、リスニング力の低い私でも、ほとんど聞き取れるレベルです。

ストーリーの面白さを楽しむタイプの映画ではありませんが、この作品の最大の魅力は、やはり、アメリカ西部の砂漠地帯と、カフェやモーテルの何とも言えない世界観で、「独特の雰囲気を持つ映画を味わいたい!」という方に、オススメです。