ミッドナイト・エクスプレス

ミッドナイト・エクスプレス [DVD]
原題:Midnight Express
公開:1978
時間:121分
鑑賞日:2015.04.07
ストーリーの面白さ:★★★★
映像や音楽の美しさ:★★★
作品の世界観の良さ:★★★★
心が動かされること:★★★★
非日常的刺激スリル:★★★★

私のオススメ度:★★★★
英語難易度:★★★★

※ 暴力・殺人描写あり、軽い性描写あり

あらすじ

1970年、トルコ、イスタンブール。
アメリカ人旅行者の主人公、ウィリアム・ヘイズは、ガールフレンドのスーザンとトルコを旅行中、Hashish(麻薬の一種)の密輸で捕まってしまう。
4年2カ月の刑を言い渡されたビルは、現地の劣悪極まる刑務所環境に、耐え忍ぶものの・・・

私の感想、レビュー

全体的に暗い雰囲気が終始漂いますが、ストーリーはめちゃくちゃ面白かったです!
退屈なシーンがほとんどなく、ハラハラドキドキさせられて、目が離せませんでした。
ストーリーの展開が面白くて、時間を忘れて見入ってしまう映画というのは、なぜかそれだけで、鑑賞後の爽快感があり、この作品も、重い雰囲気にもかかわらず観終わった後は、「面白かったあ〜!」と、爽やかな気分になれました。

アカデミー賞やゴールデングローブ賞の作曲賞などを受賞しただけあって、音楽も素晴らしかったです。
ただ、植物の緑がまったく映らず、暗くて汚い劣悪な刑務所環境が、終始描かれますので、映像(画質という意味ではなく、被写体の美しさという意味での)が綺麗とは思えない作品でした。

1970年代、アメリカ、ニクソン政権は、中東諸国と関係が悪化していたこともあり、その当時のアメリカ感情というか、が描かれているのかもしれません。
事実を基にした映画ですが、後に、監督の、アラン・パーカーが、本作は、脚色されている部分も多いと、謝罪しているそうで、映画の中では、冷酷極まりないトルコ人たち(特に看守)が描かれますが、実際のトルコ人は、穏やかで優しい方が多いそうです。

英語自体は、そんなに難しくなかった印象です。
英語字幕で観ましたが、私でも、かなり聞き取れる所が多かったです。
ただ、トルコ語のシーンもかなり多く、それが狙いなのかもしれませんが、字幕に出ないので、何を言っているのかさっぱりわかりませんでした。

重い内容ですが、ストーリーが面白くて、時間を感じさせない作品で、情勢に振り回されながらも、懸命に生き抜く主人公に励まされる、素晴らしい映画だと思いました。