キャンディ

キャンディ [レンタル落ち]
原題:Candy
公開:1968
時間:124分
鑑賞日:2015.01.13
ストーリーの面白さ:
映像や音楽の美しさ:★★★★
作品の世界観の良さ:★★★★
心が動かされること:★★
非日常的刺激スリル:★★★

私のオススメ度:★★★
英語難易度:★★★

※ R15指定、性描写あり、暴力描写あり

あらすじ

人形のような美少女キャンディの、奇想天外なエロティックファンタジーです。

私の感想、レビュー

私は、初めて観まして、なんだか、不思議な魅力のある作品でした。

私の理解力不足からか、ストーリーは私には意味不明で、正直、退屈ですが、現代版、不思議の国のアリスという感じで、世界観が魅力的です。

また、何と言っても、主人公のキャンディ役、エヴァ・オーリンが、非常に美しくて、本当に人形みたいでした!
ストーリーはわけが分からなく面白くなくても、この、エヴァ・オーリンを、ずっと観ているだけでも飽きません。

英語は、結構難しく感じました。

私は、日本語字幕で観ましたが、字幕を見ないと聞き取れないところが多々あり、また、いかんせん、内容が意味不明でした。

難しい単語やスラングも、たくさん出てきて、話すスピードも速い登場人物が多かった印象です。
ただ、そんなに強いアクセントは、出てきません。

本作は、アメリカで発禁処分になった、テリー・サザーン原作の小説「キャンディ」の映画化作品で、メチャクチャで、ストーリーは意味が分からなく、性描写のオンパレードですが、逆に、そういった映画が好きな方には、必見?の作品化もしれません。