洋画鑑賞歴

私の洋画鑑賞歴、また、各作品のレビューです。
ネタバレになるといけないので、内容については、あまり書いていませんが、少しでも、「洋画で、楽しみながら、英語を勉強したい!」という方の、参考になれば、私としては、とてもうれしいです!

特に、英検準1級〜1級くらいのレベルの方が、さらなる実力アップを図るのに、洋画を観ることは、非常に効果的ですので、ぜひ、ご自身のトレーニングメニューに加えてみてください。
きっと、効果があると思いますし、トレーニングといっても、自分の好きな映画を観ながら、楽しく勉強が出来ちゃうと思います♪

洋画レビュー リスト

計 83本 ジャンル別リストはコチラ

評価などの説明

映画に求めるものは、人それぞれだと思いますが、以下の5つが、「私的、映画に求めるもの」です。

・ストーリーの面白さ
・映像や音楽の美しさ
・作品の世界観の良さ
・心が動かされること
・非日常的刺激スリル

ですので、この5つを、5段階評価で、点数を付けています。

:見るのが苦痛
★★:ちょっと微妙
★★★:Good!
★★★★:惹きこまれた!
★★★★★:たまんない〜!

と、以上のようになります。
普通とちょっと違うのは、ここでは、3点が、「Good!」であることです。
理由は、良い物をすべて、5点で評価すると、5点だらけで、その「良い物」の中でも、さらに違いがあるのに、その違いが、分からなくなるからです。

は、1点、は、0.5点で、例えば、「★★★★」なら、4.5点になります。

「ストーリーの面白さ」の点数が高ければ、続きが気になって、目が離せない!という感じ、
「映像や音楽の美しさ」の点数が高ければ、芸術作品、映像作品として、素晴らしい!という感じ、
「作品の世界観の良さ」の点数が高ければ、作品の雰囲気がたまんない!という感じ、
「心が動かされること」の点数が高ければ、感動、共感、癒し、懐かしさ等で、胸が熱くなる感じ、
「非日常的刺激スリル」の点数が高ければ、日常を忘れ、ハラハラドキドキ、ワクワクさせられる感じ、

の映画になります。
上で挙げた、5つの要素「私的、映画に求めるもの」と別に、総合的に、オススメ度も付けています。

また、洋画の、英語リスニング難易度は、以下の5点で決まると思います。

・語彙の難しさ
・話すスピードの速さ
・発音の不明瞭さ
・アクセント
・スラング

以上の5点を踏まえて、英語難易度も付けています。
字幕なしで観たときに、

:英検2級くらいの実力があれば、楽しめる
★★:英検準1級くらいの実力があれば、楽しめる
★★★:英検1級くらいの実力があれば、楽しめる
★★★★:英検1級くらいの実力があれば、何とか、あらすじは理解できる
★★★★★:英検1級でも、あらすじが理解できない

と、以上のようになります。
重要なのは、3点で、「英検1級レベル」だということです。
もちろん、映画の種類にもよりますが、「洋画のリスニングは、それだけ、難しい!」ということです。

ただ、逆にいうと、それだけ、難しいので、「完璧に聞き取れなくても、そんなに落ち込まなくて大丈夫!」ということでもあります。

また、これらの評価や難易度は、あくまで、私の個人的主観で、その目的は、「点数を付けて批評するため」ではなく、「これから、その映画を観る人に、少しでも参考にしていただくため」です。

特に、私は、英語力、人間力、まだまだ、何もかも未熟なので、自分の浅さが原因で、その作品の良さが理解できないことが、多々あります。
また、私は、単純な性格でもあるため笑、深みのある人には、くだらなく思える作品でも、面白い!と思ってしまうことがあるかもしれません。
これらのことを、ご容赦いただきたく思います笑

まだ、大した量を観ていませんが、これから、どんどん映画を観ていって、英語力、特に、リスニング力を、ネイティヴ並にしたいです!
とりあえず、目標は1000本!!

最後に、これらの作品の製作に携わった全ての方に、感謝します!
また、私が、その映画を観るきっかけを作ってくれた、サイトやブログなどで、オススメの映画を紹介されている方など、すべての方へ、素晴らしい作品を教えていただいて、ありがとうございます!