単語と句と節と文

ここでは、「単語」と「句」と「節」と「文」についてまとめていきたいと思います。
簡単に言うと、以下の様になります。

単語は「意味を持つアルファベットの組み合わせのこと(「I(私は)」のように一文字のものもある)」
句は「主部と述部を持たない単語の組み合わせのこと」
節は「主部と述部を持つ単語の組み合わせのこと(修飾部が付く場合もあり)」
文は「主部と述部と修飾部からなる単語の組み合わせで、最初の文字が大文字になり、最後にピリオド「.」がついたもののこと(修飾部は無くてもOK)」

日本で説明されても、「ナンノコッチャ」という感じだと思いますので、以下の例を見てください!
上から、単語、句、節、文、文、になります。

● fart
  屁

● a deadly stinky fart
  一発の死ぬほど臭い屁

● when he farts
  彼が屁をこく時

● He farts loudly.
  彼は大きな屁をこく。

● He laughed out loud after he released a deadly stinky fart.
  死ぬほど臭い屁を放ったあと、彼は大笑いした。

1番上の例は、「屁」という意味を持つ、アルファベトの組み合わせで、「単語」です。

2番目の例は、「a(一発の)」「deadly(死ぬほど)」「stinky(臭い)」「fart(屁)」という、4つの単語が組み合わさっています。
「a」という冠詞が限定する「fart」という名詞を、「stinky」という形容詞が修飾し、「stinky」という形容詞を、「deadly」という副詞が修飾しています。
そして、主部と述部がありません。
このような、「主部と述部を持たない単語の組み合わせ」のことを、「句」と言います。
この場合は、名詞の働きをするので、名詞句になります。

3番目の例は、「when(〜の時)」「he(彼が)」「farts(屁をこく)」という、3つの単語が組み合わさっています。
「when」は、接続詞で、「he」という代名詞が主部、「farts」という動詞が述部になっています。
なぜ、「farts」と、最後に「s」がつくのかは、人称代名詞で、触れますので、今は、気にしなくて大丈夫です。
そして、主部と述部がありますが、「when」という接続詞が頭について、最初の文字が大文字になっていなく、ピリオドもついていません。
このような、「主部と述部を持つ単語の組み合わせのこと(修飾部が付く場合もあり)」のことを、「節」と言います。

4番目の例は、「he(彼は)」「farts(屁をこく)」「loudly(大きく)」という、3つの単語が組み合わさっています。
「he」という代名詞が主部で、「farts」という動詞が述部で、「loudly」という副詞が、動詞「farts」を修飾しています。
主部と述部があり、最初の文字が大文字になって、最後にピリオド「.」がついています。
このような、「主部と述部と修飾部からなる単語の組み合わせで、最初の文字が大文字になり、最後にピリオド「.」がついたもの(修飾部は無くてもOK)」のことを、「文」と言います。

5番目の例は、2つの節、「he laughed out loud」「after he released a deadly stinky fart」からなる、一つの文です。
最初の節(この場合、メインの節になり、主節と呼びます)は、「he(彼は)」という代名詞が主部で、「laughed(笑った)」という動詞が述部、「out loud(大声で)」という副詞句が、動詞「laughed(笑った)」を修飾しています。
あとの節は(この場合、サブの節になり、従属節と呼びます)、主部は、「he(彼は)」という代名詞で、述部は、「released(〜を放った)」という動詞+「a deadly stinky fart(一発の死ぬほど臭い屁)」という名詞句の目的語で、それが、「after(〜の後で)」という接続詞によって導かれます。
詳しくは、副詞節を導く従属接続詞で、触れますので、今は細かいことは、気にしなくても大丈夫です。
ここでは、このように、「節+接続詞+節」のように、2つ以上の節が組み合わさって、一つの文になることもある、ということを、抑えておいてください。

こんな感じで、「単語」と「句」と「節」と「文」についてでした。
簡単に言うと、文法の単位として、「文>節>句>単語>文字」のような構図になります。