第3文型 SVO

◆ 第3文型 SVO

● She plucked a nose hair.
  彼女は鼻毛を引っこ抜いた。

上の文では、「She」が主語、「plucked」が動詞、「a nose hair」が目的語になっています。
目的語というのは、動詞の対象になる語の事です。
上の文では、彼女が引っこ抜いた対象になっています。
目的語は、英語で、Objectというので、その頭文字、「O」で表しています。

この形の動詞は、他動詞と呼ばれます。
大半の動詞は他動詞です。

上の例では、「pluck 〜(〜を引っこ抜く)」という意味になります。
このように、他動詞は、その後に、目的語を取ります。