現在形

現在形というのは、文字通り、動詞の現在形によって示され、普遍的事実をあらわします。
ここでは、be動詞以外の動詞についてで、気を付けるべき事は、主語が三人称単数の場合、規則動詞の語尾に「s」を付けるという事です。
例えば、

● I love Rock 'n' Roll.
  私はロックンロールを愛している。

● You love Rock 'n' Roll.
  あなたはロックンロールを愛している。

● He loves Rock 'n' Roll.
  彼はロックンロールを愛している。

● They love Rock 'n' Roll.
  彼らはロックンロールを愛している。

ここで、3番目の文だけ、動詞、「love」の語尾に「s」が付いて、「loves」になっているのが分かると思います。
これは、主語「he」が、三人称単数だからです。

「私」が、一人称、「あなた」「あなた達」が二人称、そして、そのほかのもの全てが、三人称になります。

「私」は、単数、「あなた」は単数、「彼」は、単数、「あなた達」「彼ら」は、複数になります。

ですので、「私」は、一人称単数、「あなた」は二人称単数、「あなた達」は二人称複数、「彼」は、三人称単数、「彼ら」は、三人称複数になります。

「彼」だけ、三人称単数なので、「s」が付いているというわけです。

(「you」だけは、単数形と複数形、つまり「あなた」の意味で使う時も、「あなた達」の意味で使われる時も、同じ「you」という形になります。)

以上が、動詞の現在形についてです。
上でも書いたとおり、三人称単数の時だけ、動詞の形が変わることに注意すれば、あとは、大した問題ではありません。