前置詞

前置詞というのは、名詞の働きをする単語や句や節の前に置かれて、形容詞句か副詞句を作る、品詞のことです。

Around 9 in the morning, the students gathered in the schoolyard outside the school building.
朝の9時頃、生徒たちは校舎の外の校庭に集まった。

The principal climbed on the platform for the morning assembly and above us begun a speech about politics.
校長は、朝の集会のために、朝礼台に登り、私達の上で、政治についてスピーチを始めた。

As usual his speech was boring as hell. I wasn't really into politics like the principal.
いつものように、彼のスピーチは死ぬほどつまらなかった。僕は、校長のように政治に興味がなかった。

Beside that, it was freezing and the temperature was beneath 50 degrees Fahrenheit.
さらに、外は寒く、気温は、華氏50度(摂氏10度)を下回っていた。

So, I put my hands inside the pockets and was looking down my feet.
だから、僕は、両手をポケットに突っ込んで、自分の足元を見ていた。

Then, when I looked up, suddenly the strong wind blew and his toupee flew off his head and went with the wind and fell onto the statue near the platform.
そして、僕が、顔を上げた時、急に、強い風が吹いて、校長のカツラは彼の頭から飛び、風にあおられ、朝礼台の近くの像の上に落ちた。

It was so funny and the guy behind me started laughing and everyone including the other teachers started laughing too.
それは、本当に面白くて、僕の後ろのヤツが笑い出し、他の先生達も含めて、みんな、笑い出した。

We laughed and laughed and laughed and it was beyond control.
僕達は、笑いまくって、収拾がつかなかった。

Following that, from the platform the principal without his toupee continued his speech as if nothing had happend.
その後、何事もなかったかのように、朝礼台から、校長は、カツラなしで、スピーチを続けた。

During the time, we all couldn't stop laughing despite the efforts against it.
その間、僕達は、そうしないようにと努力したのにもかかわらず、笑いを堪えることが出来なかった。

Then, suddenly, someone among us made three farts in a row.
そして、急に、僕達の中の誰かが、三発連続で屁をこいた。

Because of that, we laughed more over it through the speech.
そのせいで、僕達は、スピーチの間中、そのことで、さらに笑った

Then, the principal started laughing along us too with his head shining under the sun. Given that he seldom laughed it was unlike him.
そしたら、頭を太陽の下で輝かせながら、校長も僕達と一緒に笑い出した。彼は普段あまり笑わないので、彼にしては珍しかった。

It was a very pleasant morning and until now it is one of the greatest memories between us.
アレは、本当に楽しい朝で、今も、僕達の中で最高の思い出の1つだ。

Just by remembering it, I still laugh except when I'm really in a bad mood.
ただ、その時のことを思い出しただけで、最高に機嫌の悪い時以外、僕は、未だに、笑ってしまう。

上の文章は、無理矢理、私が作ったもので、不自然な点があるかもしれませんが、基本的な前置詞は、だいたい網羅していると思います。
前置詞句だけを、取り上げてみてみます。

around 9 in the morning」は、「朝(in)9時(around)」
in the schoolyard outside the school building」は、「校舎の外の(outside)校庭(in)」
on the platform」は、「朝礼台の上に
for the morning assembly」は、「朝の集会のため
above us」は、「私達の上で
about politics」は、「政治について
as usual」は、「いつものように
as hell」は、「死ぬほど
into politics」は、「S is into 〜.(〜に関心がある)」で、ここでは、「政治
like the principal」は、「校長のように
beside that」は、「それに加えて
beneath 50 degrees Fahrenheit」は、「華氏50度を下回る
inside the pockets」は、「ポケットの中に
down my feet」は、「自分の両足の下を
off his head」は、「彼の頭から外れて
with the wind」は、「風と共に
onto the statue near the platform」は、「朝礼台の近くの(near)像の上に(onto)」
behind me」は、「私の後ろの
including the other teachers」は、「他の先生達も含めて
beyond control」は、「コントロール
following that」は、「それに続いて
from the platform」は、「朝礼台から
without his toupee」は、「彼のカツラなしで
during the time」は、「その
despite the efforts against it」は、「それに反対する(against)努力にもかかわらず(despite)」
among us」は、「私達の中の
in a row」は、「連続
because of that」は、「そのため
over it」は、「そのことで
through the speech」は、「スピーチの間中
along us」は、「私達と一緒に
with his head shining under the sun」は、「頭を太陽の下で(under)輝かせながら(with)」
given that」は、「それをふまえると
unlike him」は、「彼らしくない
until now」は、「今までで
of the greatest memories」は、「最高の思い出の中の
between us」は、「私達の間で
by remembering it」は、「それを思いだして
except when」は、「時以外
in a bad mood」は、「機嫌の悪い状態の時」

以上が、上の文章で使われている前置詞句です。

around、in、outside、on、for、above、about、as、into、like、beside、beneath、inside、down、off、with、onto、near、behind、including、beyond、following、from、without、during、despite、against、among、because of、over、through、along、under、given、unlike、until、of、between、by、except

などの前置詞が使われ、意味は、上で挙げたとおりです。
これらの前置詞を網羅するように、無理矢理、作った文章が、上になります。

これらの前置詞の後には、名詞の働きをする語句が続いているのが分かると思います。
そして、その前置詞句が、副詞句か形容詞句になっているのも分かると思います。
名詞の働きをするものを修飾するのが、形容詞句で、それ以外はを修飾するのが、副詞句です。

形容詞句は、例えば、最初の、「around 9 in the morning」の、「in the morning」がそれになります。
「in the morning」という前置詞句は、「in」という前置詞の後に「the morning」という名詞が続き、「9(9時)」という名詞を、後ろから修飾する、形容詞句になっています。
「9時←朝の」

また2番目の文の、「a speech about politics」の「about politics」も形容詞句になります。
「about politics」という前置詞句は、「about」という前置詞の後に、「politics」という名詞が続き、「a speech」という名詞を後ろから修飾する、形容詞句になっています。
「スピーチ←政治についての」

普通の形容詞が名詞を修飾する場合は、前から修飾することが多いのですが、このように、前置詞句は、後ろから修飾することも多いです。

副詞句は、例えば、上の、「around 9 in the morning」がそれになります。
「around 9 in the morning」という前置詞句は、「around」という前置詞の後に、「9 in the morning」という名詞句が続き、「gathered」という動詞を前から修飾する、副詞句になっています。
「朝の9時頃→集まった」

また最後の文の、「by remembering it」も副詞句になります。
「by remembering it」という前置詞句は、「by」という前置詞の後に「remembering it」という動名詞句が続き、「laugh」という動詞を、前から修飾する、副詞句になっています。
「それを思い出すと→笑う」

また、上から、6つ目の文で、「Then, when I looked up,」というのがありますが、この「looked up」は、句動詞になります。
このように、前置詞は、「動詞+前置詞」で、句動詞を作る機能もあります。
詳しくは、句動詞のページをご覧になってください。

以上、前置詞についてでした。
上の文章で、基本的な前置詞は、だいたい、カバーしているので、まずは、上に挙げたものを覚えていくといいと思います。