過去完了

現在完了が、現在の時点で、その動作が完了していることを表す時制だったのにたいし、過去完了は、過去の時点で、その動作が完了していることを表す時制です。
作り方は簡単で、「had+過去分詞」になります。
日本語で説明されるよりも、例文を見たほうが早いと思いますので、早速例文を見てみましょう!

● I had stopped smoking for 3 years then and I have stopped smoking for 10 years now.
  あの頃、俺はタバコをやめて3年だった、そして今、俺はタバコをやめて10年だ。

突然ですが、質問です。
上の文の「あの頃」とは、現在から何年前でしょう?

上の文は、「I had stopped smoking for 3 years then」と「I have stopped smoking for 10 years now」の2つの節が、等位接続詞「and」によって結ばれ、ひとつの文になっています。

動詞「stop」の過去分詞は「stopped」で、最初の節は、過去完了で、「had stopped」の形になっています。
「stop 〜ing」で、「〜をやめる」という意味です。
「for 〜 years」で、「〜年間」という意味になります。
最初の節は、過去のある時点で、「タバコをやめてから3年が経っていました。」

2つ目の節は、現在完了で、今、現在の時点で、「タバコをやめてから10年が経っています。」

今現在、タバコをやめて10年で、あの頃は、タバコをやめてから3年だったので、「10ー3=7」で、最初の節は、現在から7年前のことになります。

こんな感じで、現在完了、過去完了、過去形は、以下の様な意味になります。

現在完了は、「今より前に始まって、今もその影響下にある」
過去完了は、「過去より前に始まって、過去の時点でその影響下にあった」
普通の過去形は、「過去のその時点で、そうだった」