比較級 3

ここでは、「as 〜 as」について、触れたいと思います。
ちなみに、品詞的には、この「as」は副詞です。

● She is as sexy as Madonna.
  彼女はマドンナと同じくらいセクシーだ。

この、「A is as 〜 as B」で、「AはBと同じくらい〜」という意味になります。
この場合は、「A=She」「B=Madonna」「〜=sexy」で、「彼女はマドンナと同じくらいセクシー」という意味になります。

また、この「as 〜 as」は、比較級的な使い方もできます。

● He is ten times as funny as me.
  あいつは俺の10倍面白い。

この、「A is ○ times as 〜 as B」で、「AはBの○倍〜」という意味になります。
この文は、「ten times」を除くと、「He is as funny as me.」で「あいつは俺と同じくらい面白い」になります。
これに、「ten times」が、「as 〜 as」の前につくと、「あいつは俺の10倍面白い」という意味になります。

もちろん、「ten times」以外にも、「twice(二倍)」「three times(三倍)」「one houndred times(百倍)」「ten thousand times(一万倍)」など、いろいろな数字が使えます。

他にも、いろいろな用法がありますが、それは、「文法」というより、「運用語彙(使いこなせるボキャブラリー)」の世界になりますので、初心者のうちは、上の、基本を押さえとけば、とりあえずOKです!