Medicine 02

TOPIC

The rights of smokers and non-smokers
(喫煙者と非喫煙者の権利)

(上記TOPIC、英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング第7章より引用)

Advocate

Advocate: there are the rights to both smokers and non-smokers
(主張:喫煙者と非喫煙者の両方に権利がある)

Why?

@: As for the right of smokers, they are allowed to smoke in the smoking area
(喫煙者は指定された場所での喫煙を許されるべき)

補足:喫煙の自由を奪うことは人権の侵害になりうる

A: However, smokers should care about non-smokers
(同時に、非喫煙者への配慮をするべき)

補足:受動喫煙や、歩きたばこ時のたばこの火の注意、吸い殻のポイ捨てなど気をつけるべき

B: When it comes to the right of non-smokers, they should be protected from any harms caused by smoking
(非喫煙者は喫煙者による損害から守られるべき)

補足:イギリスの調査では受動喫煙によって心臓病になる危険が60%増加しまた他の調査では受動喫煙によって肺癌になる可能性が25%高まるそうです。

C: But at the same time non-smokers should allow smokers to enjoy smoking when and where it does not bother anybody.
(同時に、誰にも迷惑がかからない状況での喫煙を許すべき)

補足:指定された場所でなら喫煙は非喫煙者に迷惑はかからない