Science and Technology 03

TOPIC

Should nuclear power plants be banned?

Essay

◆ Pros
 I strongly believe that nuclear power plants should be banned for the two following reasons.
 The first reason is the danger of nuclear radiation. If something happens to the plants, there will be nuclear radiation and people living in the surrounding area will have to evacuate from their home and the area will become uninhabitable. These things actually happened in Chernobyl and Fukushima and many people are still suffering from aftereffects of exposure to nuclear radiation. People should learn a lesson from these cases and should never make the same mistake again.
 The second reason is that nuclear power generation is not the only way to make electricity. If it is the only way, people may have to continue using it however there are other ways of power generation. As science and technology have been developed dramatically, now people have many other eco-friendly ways to generate electricity such as geothermal power generation, magmatic power generation, solar power generation, wind power generation, and so on. People should cooperate with each other to facilitate these technologies instead of wasting time on hating each other and wars.
 As I mentioned, for the two aforementioned reasons I strongly believe that nuclear power plants should be banned.
(204 Words)

◆ Cons
 I do not believe that nuclear power plants should be banned at least for now. If they are to be banned, people need an effective alternative to generate at least as much electricity as nuclear power generation or have to live without electricity or have to make their electricity by themselves.
 When it comes to the alternative, other eco-friendly power generations such as geothermal power generation, magmatic power generation, solar power generation, wind power generation, and so on, are still not as effective as nuclear power generation.
 When it comes to living without electricity, people seem to have no intention to stop using electricity. It is incongruent to criticize nuclear power generation while consuming electricity by using air conditioners and refrigerators and lights and TV and so on.
 When it comes to making their electricity by themselves, there are not many people who can make their electricity by themselves for now.
 In conclusion, I believe that nuclear power generation should not be banned until people find an effective alternative to generate at least as much electricity as nuclear power generation or become be able to live without electricity or become able to make their electricity by themselves.
(200 Words)

Date:August 03, 2012

メモ

◆ トピック:原子力発電所は廃止されるべきか?

例によって、賛成派と反対派(長所と短所)を書きました。

賛成派では、
「放射能の危険性」
「原発は、唯一の発電方法ではない」
の2つを、キーアイディアに書いてみました。

反論としては、
「例えば、放射能シェルターを作るなどして、対策をすればいいのでは?」
「唯一の方法ではないが、それでも、火力発電に次いで、現存する最も効果的な発電法の一つなのでは?」
などが考えられます。

反対派では、序論で、効果的な代わりの方法を見つけるか、電気を使わずに生きていくか、自分の電気は自分で作れるようになるか、するまでは、原発は、廃止できないとしてから、本論で、それぞれで、まだ出来ていない事を、以下のようにあげて、書いてみました。
「環境にいい他の発電法は、まだ効率が悪い」
「人間が電気を使うのを止める気配はない」
「まだ、自分の電気を自分で作れる人は少ない」

反論としては、
「原発の分だけ、節電すれば、良いのではないか?」
などが考えられますね。
現に、再稼働する前、原発はなくても、電力は足りていた、という意見もありますね。

これも、いじめ問題と同様、今、日本で、一番、良く耳にする話題で、色々なトピックに応用できる内容だと思います。

上に挙げた以外に、あとは、核廃棄物の問題があり、地上で、核廃棄物を格納できる場所に限界がある、ということも、キーアイディアに使えると思います。
宇宙投棄という手段もあるそうですが、これも、宇宙ゴミ(space debris)の問題があり、すでに、地球のまわりには、たくさんの、スペースデブリがあり、地球に落下する危険性もあるそうなので、あまり良い方法ではなさそうです。

私も、毎日、電気を使わせてもらっているので、反対派のほうは、書いていて、自分で耳が痛かったです笑
できるだけ、節電を心がけて、将来は、自然エネルギーを使った自家発電で、自分の電気は自分で作れるようになりたいです。
私はよくパソコンを使うので、少しでも、他で、節電しようと、今年は、夏でもクーラーを使わない生活にチャレンジしようと思い、今の所(2012年08月03日)、今年は一度もクーラーを使っていません。
クーラーが、家庭用電気製品で、もっとも電気消費量が多いらしいので、今年は、この、クーラーを使わない夏を、達成したいです。
そして、これからは、「クーラー使わない人間」になろうと思っています笑