Philosophy of Life 01

TOPIC

Agree or disagree : All's well that ends well

Essay

◆ Pros
 I agree with the saying, “All’s well that ends well”, for the two following reasons.
 The first reason is that “The End = Now = All”, and if “The End = Well”, then “All = well”. When things end, the end is present and the process was past, therefore, “The End = Now”. Past and future are only in one’s mind and all one has is now, therefore, “Now = All”, and then “The End = Now = All” because “The End = Now”. Therefore, if “The End = Well”, then, “Well = The End = Now = All” and consequently, “All = Well”.
 The second reason is that I believe that being happy now even with memories of hard times is much better than being unhappy now with great memories. I have heard many times people who are happy now talking happily about their memories of hard times. I also have heard many times people who are unhappy now talking sadly about their great memories. This shows that people will be much happier when things end well than they end badly.
 As I mentioned, for the aforementioned two reasons, I agree with the saying, “All’s well that ends well”.
(202 Words)

◆ Cons
 Although some people agree, I disagree with the saying, “All’s well that ends well”, for the two following reasons.
 The first reason is that there are times in which the end cannot justify the means. For example, if people died during the process, even if the end is good, it cannot be said that all is well, especially for people who loved that person. There are wounds that will never disappear. If people experience horrible things, sometimes the trauma will haunt them forever. So, even if the ending part is good, it does not necessarily mean that all is well.
 The second reason is that the saying is a logically wrong statement. Let’s say that A is the process and B is the end, “All” is both A and B, and “All” is well only when A and B are both well at the same time. Therefore, if A is not well, then “All” is not well. Hence, if some part is not well, then it cannot to be said that all is not well.
 As I mentioned, for the aforementioned two reasons, I disagree with the saying, “All’s well that ends well”.
(195 Words)

Date:February 13, 2012

メモ

◆ トピック:賛成か反対か:終わり良ければ全て良し

例によって、賛成派と反対派を書きました。

賛成派では、
「終わり=今=全て、で、終わり=良し、であれれば、この式から、全て=良し、になる」
「辛い想い出があっても今が幸せな状態のほうが、良い想い出があって今が不幸な状態より、遥かに良い」
の2つを、キーアイディアに書いてみました。

反論としては、
「終わり=今=全て、という式は、事が終わりの段階だけにあてはまるのではないか?」
「幸や不幸は、主観的なものなので、一概に、そうは言えないのではないか?」
などが考えられます。

反対派では、
「結果が手段を正当化できない時もある」
「論理的に間違っている」
の2つを、キーアイディアに書いてみました。

反論としては、
「それを判断する人によっては、それでも終わりが良ければいいと言う人もいるのではないか?」
「悪い所もあったけど、最終的に良かったと言える事もあるのではないか?」
などが考えられますね。

今回は、すこし数学っぽく書いてみました。

まずは、上の式ですが、事が終わる時は、「終わり=今」。
また、過去や未来と言ったものは、人間の頭の中だけにあるもので、時間と言うのは「今」の連続で、本来、「今」しかない。
全ては今なので、「今=全て」。
「終わり=今」なので、よって、「終わり=今=全て」となる。
そして、もし終わりが良ければ、「終わり=良い」で、「良い=終わり=今=全て」となって、「全て=良い」となる。
よって、「終わり=良い」→「全て=良い」となる、と言う風に書いてみました。
色々と穴がありそうですが笑、いちおう成り立つのではないかと思います。

そして、下の式ですが、これは、「過程=A」「終わり=B」とすると、「全て=A+B」である。
全てが良い状態と言うのは、「A」と「B」が両方良い状態なので、もし、過程の「A」が良くなければ、「全てが良い」とは言えない、と言う風に書いてみました。
これも、色々と穴がありそうですが笑、一応、成り立つような気がします。
このトピックは、人それぞれ、色々な意見が出そうで、面白いと思います。