Politics & International Relations 02

TOPIC

The pros and cons of consumption tax

Essay

◆ Pros
 Although consumption tax has several disadvantages, there are also advantages and now I would like to mention about the primary merits.
 The first primary merit is that it is one of the most effective ways for the government to collect money because almost all the people use money to buy something. Moreover, it can promote the country’s development when the economy is good. People buy more products when the economy is good and the government can collect more money as consumption tax and use it for the development of the country.
 The second primary merit is that it can make people aware that they are a member of the country by paying tax. Irrespective of age and occupation, when people buy something, they pay consumption tax, and this facilitates the sense of belonging to the society among people, even poor ones or children who do not pay other taxes so much. As a result, they are given the sense of security and will think about their country more seriously.
 In conclusion, the advantages of consumption tax are that consumption tax is one of the most effective ways for the government to collect money and it can make people aware that they are a member of the country by paying tax.
(212 Words)

◆ Cons
 Although there are several advantages of consumption tax, I believe that the disadvantages overweigh the benefits for the three following reasons.
 The first reason is that it can be a serious burden on poor people who do not have enough money. It may not matter to rich people, but for poor people who just manage to make ends meet, consumption tax can be a serious burden. What the government should do is not to make the life of poor people harder but easier.
 The second reason is that it can aggravate the country’s economy. If people come to use less money because of consumption tax, it will certainly exasperate the economy because the more consumption decreases the worse the economy gets. Consumption tax only works well when the economy is good.
 The third reason is that there are many other ways to collect money for the government. For example, the government can fire unnecessary politicians, reduce politicians’ salary, stop funneling people’s tax money to bureaucrats, introduce a wealth tax, and so on.
 As I mentioned, for the aforementioned three reasons, although there are several advantages of consumption tax, I believe that the disadvantages massively overweigh the benefits.
(213 Words)

Date:July 05, 2012

メモ

◆ トピック:消費税の賛否

例によって、賛成派と反対派を書きました。

賛成派では、
「消費税は、政府にとって、最も効果的な税金回収の一つ」
「豊かでない人も、子供も、消費税を払うことで、国民は、国の一員であると言う自覚を与える」
の2つを、キーアイディアに書いてみました。

反論としては、
「消費が落ち込めば、景気が悪化し、所得税などで回収できる額が、減ってしまうのではないか?」
「それは、何も消費税である必要はないのでは?」
などが考えられます。

反対派では、
「貧しい人への負担になる」
「景気が悪くなる」
「他にもお金を集める方法はたくさんある」
の3つを、キーアイディアに書いてみました。

反論としては、
「品物の10%程度なら、そこまで負担にならないのでは?」
「景気に関係する要素は、他にもたくさんあり、消費税だけで、景気が悪くなる事はないのでは?」
「他に方法があっても、消費税という方法を使わない理由にはならないのでは?」
などが考えられます。

日本で、今、ちょうど話題になってる問題ですね。
これは、景気によると思います。
上でも書きましたが、景気が良い時なら、そして、回収した税金が、国民の安全や生活向上に、正当に使われるのであれば、消費税は、好循環を生み出せる可能性のある方法だと思います。
ただ、今は、不景気なので、分かりません。

消費税が、5%から10%に、増税される時、100円で回収できるのは、それぞれ、5円(5%の時)、10円(10%の時)ということになります。
そして、かりに、消費が、3分の1以下に落ち込んでしまったら、5%の時は、100円の商品が、3つ売れていたのが、10%になったら、1つしか売れなくなってしまったら、5%の時は、消費税で、15円回収できたのが、10%にしたせいで、10円しか回収できない事になります。
すると、5%の時のほうが、マシだった、ということになってしまいますね。

上でも書きましたが、消費が落ち込む事によって、景気が悪くなり、所得が減り、結果、所得税で回収できる額が減る可能性もあると思います。

また、直接関係があるのかは分かりませんが、日本で、消費税が3%から5%になってから、自殺者が3万人以上になったそうです。
なので、自殺者数増加の懸念というのも、キーアイディアになると思います。

他にも、消費税よりも、たばこ税を上げるというのも使えますね。
これは、愛煙家の方に怒られてしまうかもしれませんが笑、タバコ一箱、10万円くらいにするというのも、使えるキーアイディアだと思います。
現在、350円なら、約285倍と言う事になります。
ですので、たばこの消費量が、285分の1にならなければ、タバコ業界の売り上げも、税金で回収できる額も、今を下回る事はなくなります。
ただ、たばこを吸われる方の権利も守られるべきですよね。