Politics & International Relations 01

TOPIC

Will corruption ever be eradicated?

Essay

◆ Pros
 I believe that corruption can be eradicated by the following four ways.
 The first way is stricter surveillance. If surveillance is strict enough to detect any corruption, then it can be a strong deterrent to corruption.
 The second way is to make the punishment favorable to the poor. For example, it is good to make it law that people who did corruption should pay certain amount of money to certain number of poor people every month for several years because in this way rich people’s corruption will turn into a contribution to poor people.
 The third way is full publication of everything which all the influential people do. If everything which all the influential people do is made public, then it will be much difficult to practice corruption.
 The fourth way is full publication of everything which all the people of the media and the police and the judiciary do. As long as influential people can suppress corruption, everything is meaningless. Therefore, everything which all the people of the media and the police and the judiciary do should be made public to avoid corruption from being suppressed.
 As I mentioned, in the aforementioned four ways, I believe that corruption can be eradicated.
(206 Words)

◆ Cons
 I believe that corruption will never be eradicated for the two following reasons.
 The first reason is that people who can suppress them are the ones who take corrupted actions. Corrupt people are also influential ones who have connections to the police and the media and the judiciary hence a lot of corruption will never be known to the public and therefore they will never stop doing it. It is impossible to eradicate corruption unless this kind of situation in which some people have power over others and can suppress things which are inconvenient for them will ameliorate.
 The second reason is that money has too much power. In this world, there is too much emphasis on economic activities, and almost everything costs money. In other words, people can do almost anything with money, and the more money one gets the easier it is to take corrupted actions because, as I mentioned, money can suppress corruption. Therefore, unless people will be able to do anything and live comfortably and happily without money and make enough money doing what they love, it is impossible to eliminate corruption. Unfortunately these things are not taught in current education.
 As I mentioned, for the aforementioned two reasons, I believe that corruption will never be eradicated.
(213 Words)

Date:February 14, 2012

メモ

◆ トピック:汚職は根絶されるか?

例によって、賛成派と反対派を書きました。

賛成派では、根絶できると言ってから、その方法を、以下の4つに分けて、書きました。
「より厳しい監視」
「罰則を貧困層に都合のよいものにする」
「全ての権力者の全ての行動を公表する」
「全ての、メディア、警察、司法、関係者の、全ての行動を公表する」

反論としては、
「具体的には、どうしたらいいか?」
「現実に、そんな法律が、果たして作れるのか?」
「権力者の人達へプライバシーの侵害になるのではないか?」
「メディア、警察、司法、関係者の人達への、プライバシーの侵害になるのではないか?」
などが考えられます。

反対派では、根絶することは出来ないと言って、その理由を、
「汚職をもみ消す事の出来る人達が、汚職をしている人達だから」
「お金が力を持ちすぎているから」
の2つ、キーアイディアに書いてみました。

反論としては、
「最近は、インターネットの普及により、汚職をもみ消すのは難しくなっているのではないか?」
「お金に目が眩まない人だって、たくさんいるのではないか?」
などが考えられます。

今回は、書くのが難しかったです。
やはり、ほとんどのものは、明るみに出ないと思うので、余計、つかみにくく、書くのが難しいですね。
ただ、汚職に限らず、
「より厳しい監視」と、
「罰則の強化、または改善」は、
「何かを防止する、不正などを根絶する」系のトピックで、使いやすい、キーアイディアだと思います。

それに対する反論はやはり、
「プライバシーの侵害」と、
「罰則の強化、改善で、本当に防げるのか?」というのが考えられます。

その反論に対する反論は、
「犯罪を防ぐために、資格を持った限られた者たちによる監視は必要で、不特定多数の者に知られるわけではないので、プライバシーの侵害にはならない」
「罰則が、犯罪への抑止力になることは自明」などと言えると思います。

ただ、上の、全ての行動を公表では、不特定多数の者に知られてしまうので、「プライバシーの侵害になるのではないか?」と反論されたら、どう、反論し返すか、難しいですね笑
「それが、権力者や、メディア、警察、司法、関係者の義務だ」などと言えなくもないかもしれません。