Law & Crime 02

TOPIC

The pros and cons of lay judge system

Essay

◆ Pros
 I strongly believe that the advantages of lay judge system overweigh its disadvantages for the four following reasons.
 The first reason is that it makes it more difficult to suborn judges. It is not hard to imagine that if judges are chosen at random from ordinary citizens it will be more difficult to buy them because it is impossible to know who have been chosen.
 The second reason is that lay people can be more impartial. Professional judges have accumulated a lot of knowledge from their experience and the knowledge and experience can lead them to have preconceived ideas. However lay judges do not have knowledge and experience at all and therefore can be fairer than professional judges.
 The third reason is that it makes people more aware of many important things such as law, crime, society, judiciary system, and so on. If people are chosen as judges, they will inevitably pay more attention to and think more seriously about these things.
 The forth reason is that the judiciary system can be more democratic. If the court reflects the opinions of ordinary citizens, it is the advance to authentic democracy.
 For the aforementioned four reasons, I strongly believe that the advantages of lay judge system overweigh its disadvantages.
(212 Words)

◆ Cons
 I strongly believe that the disadvantages of lay judge system overweigh its advantages for the five following reasons.
 The first reason is that it can cause many kinds of danger for people who are chosen as judges. For example, some criminals hold grudge against the judges who decided that they were guilty and after they get out of prison some of them may take revenge on the judges.
 The second reason is that it is doubtful that lay people who have no special knowledge about law can provide a fair verdict.
 The third reason is that the privacy of victims can be encroached. The more people know about it, the more likely it is that the information will be leaked.
 The forth reason is that forcing an unwanted thing on people can be an infringement of human right. The present judge system does not respect the chosen people’s will. It is mandatory.
 The fifth reason is that it costs a lot of tax money. In the today’s world where the global economy is facing one of the most serious recessions, economic problems should take precedence over lay judge system.
 For the aforementioned five reasons, I strongly believe that the disadvantages of lay judge system overweigh its advantages.
(212 Words)

Date:July 12, 2012

メモ

◆ トピック:裁判員制度の賛否

例によって、賛成派と反対派を書きました。

賛成派では、
「裁判官を買収するのが難しくなる」
「素人のほうが公平になれる場合もある」
「法律や犯罪や社会や司法制度など、大切なことに気付ける」
「司法制度がより民主化される」
の4つを、メインに、書いてみました。

反論としては、
「裁判長が買収されていた場合、意味ないのでは?」
「私的感情を挟まず、証拠から客観的に物事を判断する訓練を受けていない素人は、むしろ偏見を持ちやすいのではないか?」
「教育など、裁判員制度のほかにも方法があるのではないか?なぜ、裁判員制度でなければいけないのか?」
「選ばれた人達が、必ずしも世論を反映しているとは限らないのでは?」
などが考えられます。

反対派では、
「選ばれた人達に危険が及ぶ可能性がある」
「専門の知識を持たない素人が、公平な判決を下せるのか怪しい」
「被害者のプライバシーが侵害される」
「望まないものを押し付けるのは、人権の侵害」
「税金の無駄遣い」
の5つを、キーアイディアに書いてみました。

反論としては、
「裁判員のプライバシーは守られるので、大丈夫ではないか?」
「知識を持たない方が、かえって公平な判断が出来る場合もあるのでは?」
「被害者のプライバシーは、マスコミの報道で、すでに無いに等しいのではないか?」
「国民の義務と物事の強要は違うのではないか?」
「司法制度の民主化に役立つわけなので、まさに国民の為の税金の使い方と言えるのではないか?」
などが考えられます。

日本では、2009年05月21日から、施行されています。
参考URLは以下。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%93%A1%E5%88%B6%E5%BA%A6

アンケートでは、裁判員をやりたくないと回答している人のほうが多いそうです。
そのなかでも、一番多い理由は、自分達の判決で、被告人の運命が決まる事への責任の重さだそうです。
このことも、反対派のキーアイディアになると思います。

私は、十二人の怒れる男という映画が好きで、惹き込まれたのを覚えています。
また、あれを見てから、裁判員制度に関心を持つようになりました。

ただ、訴訟大国と言われているアメリカの二の舞になってしまうのではないかという声もあります。
人が人を訴えたり、人が人を裁いたりする事が多くなると、平和な世の中からは、遠ざかって、どんどんギスギスした社会になってしまうような気がするので、私は、個人的には反対です。
このあたりのことも、反対派のキーアイディアになると思います。

上の理由から、賛成派を書くのが大変でした。
いつもそうなのですが、個人的な意見と反対のほうのエッセイを書くときは、苦労します笑