Economy and Business 02

TOPIC

The pros and cons of a universal currency

Essay

◆ Pros
 Although some people are against a universal currency, I am for it for the two following reasons.
 The first reason is that international business and trade will be much easier and facilitated. One of the greatest risks about international business and trade is that currency rates go up and down. However if a universal currency is established, people enjoy international business and trade without risk of currency fluctuation.
 The second reason is that the current capitalism and global financial system have been breaking down and there is a need for more fair and sustainable and simple system. It is obvious that the world economic recession is out of control and the current world currency system is not working anymore. Under the circumstances, people should wake up from brainwashing of capitalism and materialism, and those who enjoy wealth and power by siphoning money from the poor should stop. However, these people will not act because deeply brainwashed people cannot see the truth and the current system is very convenient for politicians and bureaucrats. Therefore the best way to change this situation is to eradicate the current global financial system altogether and establish a new system and universal currency.
 As I mentioned, for the two aforementioned reasons, I am for a universal currency.
(213 Words)

◆ Cons
 Although some people are for a universal currency, I am against it for the three following reasons.
 The first reason is that Euro is such a failure. Many specialists say that Euro is a complete failure. This fact proves that a universal currency will not work.
 The second reason is that people will have to go back to ancient times if a universal currency loses its value. If a universal currency which is only one in the world loses its value, people will not trust the currency and buy some valuable things instead such as gold in order to protect their property. If this happens, the world will have to go back to the barter system again and it is inconvenient to carry heavy goods or gold bars every time people go shopping.
 The third reason is that a universal currency can facilitate dictatorship. If one country or one person has considerate amount of money, that country or person will have absolute powers. It is extremely easy to imagine what will happen if the country or person is those who care only about their own advantages and have no regard for other people.
 As I mentioned, for the aforementioned three reasons, I am against a universal currency.
(210 Words)

Date:June 20, 2012

メモ

◆ トピック:世界共通通貨の賛否

ちょっと前に、新聞に、ユーロはなぜ失敗したのか?というような記事が載っていたのを見て、このトピックを思いつきました。
例によって、賛成派と反対派を書きました。
ただ、今回は、自分の知識不足で、何も見ずには書けませんでした。
そのうえ、かなり時間がかかってしまいましたが、知らなかった新しい事が学べて、勉強にはなりました。

賛成派では、
「国際ビジネスや貿易がしやすくなる」
「現在の資本主義と世界の金融体制は既に崩壊しているので、新しい、もっと公平、持続可能、シンプルな、システムが必要」
の2つを、キーアイディアに書いてみました。

反論としては、
「その共有通貨が価値を失ったら、ビジネスや貿易を始め、経済活動は衰退してしまうのではないか?」
「新しいシステム=共通通貨とは限らないのでは?」
などが考えられます。

反対派では、
「ユーロが失敗した」
「その共通通貨が価値を失った場合、物々交換の時代に戻ってしまう」
「世界共通通貨は独裁体制を助長する」
の3つを、キーアイディアに書いてみました。

反論としては、
「ユーロが失敗したからと言って、世界共通通貨も失敗するとは限らないのでは?」
「お金の価値が揺らいでいるのは、世界にたくさんの通貨がある今も同じで、共通通貨に限った事ではないのでは?」
「それは、使う人間の問題であって、通貨そのものの問題ではないのでは?」
などが考えられますね。

知識がなかったので、いろいろ調べながらになり、大変でした笑
共通通貨を機能させるためには、その圏内で、自由に、人や労働力が移動できる事が前提らしいので、国交問題や、移民問題、ビザの事なども出てくると思います。
その辺りのことも、キーアイディアで使えると思います。

ユーロ破たんの問題は、最近よく耳にする話題ですね。
実際に、この先、新しい通貨が出てくる可能性もあるそうです。
これからも、話題になりそうな事ですし、生活にも関係しているので、定期的に、注意しておきたいトピックだと思います。
今までは、商品の対価として、お金を払っていたのが、これからは、感謝の証としてのお金、または、お金は投票券のようなものになる、と良く聞きます。