Aging Society 01

TOPIC

Should the government take some measures to prevent solitary deaths of elderly people?

Essay

◆ Pros
 I strongly believe that the government should take some measures to prevent solitary deaths of elderly people for the three following reasons.
 The first reason is that it is extremely sad to die alone. I think many people want someone to be with at the last moment of their life. Solitude is one of the saddest things for many people, let alone on their deathbeds. There is nothing wrong with doing something to prevent such a sad thing.
 The second reason is that younger people should respect the elderly. Younger generation owes many convenient things and great wisdoms in this modern world to elderly people. Therefore it is only natural for younger people to feel morally indebted to the elderly and do something to protect them from dying alone.
 The third reason is that it is necessary to take more measures to support the elderly because in this aging society the demand for taking good care of elderly people is obvious. The government should do everything they can to protect the elderly and this is not specific to solitary deaths.
 As I mentioned, for the aforementioned three reasons, I strongly believe that the government should take some measures to prevent solitary deaths of elderly people.
(208 Words)

◆ Cons
 I do not believe that the government should take some measures to prevent solitary deaths of elderly people for the two following reasons.
 The first reason is that some elderly people don’t want anyone to watch them dying. It is not an objective fact but just a subjective opinion that solitary deaths are a bad thing. Some people might prefer dying alone. Moreover, if they don’t want to die lonely, they must have done something to prevent it because human beings are programmed that way. People do something to prevent it if they absolutely want to. Therefore the government should not intervene with personal lives of elderly people and force a one-sided opinion on its people because it is an infringement of personal freedom.
 The second reason is that there are many other important things to do. The government has many other serious problems to deal with, such as international conflicts, religious conflicts, environmental problems, economic recession, unemployment, crimes, and so on. In these circumstances, the government simply does not have time for that.
 As I mentioned, for the aforementioned two reasons, I do not believe that the government should take some measures to prevent solitary deaths of elderly people.
(202 Words)

Date:June 06, 2012

メモ

◆ トピック:政府は高齢者の孤独死を防止する対策をすべきか?

最近よく話題になっているニュースから、トピックとして書いてみました。
例によって、賛成派と反対派を書きました。

賛成派では、
「孤独死はあまりにも悲しすぎる」
「高齢者を敬うべき」
「孤独死に限らず、高齢化社会なので、高齢者向けのサポートを最大限するべき」
の3つを、メインに、書いてみました。

反論としては、
「何を悲しいと思うかは人それぞれで、一人で死ぬ事を悲しいと思わない人だっているのではないか?」
「高齢者を孤独死から守る事が、果たして、高齢者を敬う事になるのか?」
「政府は多額の負債を抱えており、それどころではないのではないか?」
などが考えられます。

反対派では、
「自分が死ぬ所を誰にも見られたくない人だっている」
「他にするべき事がたくさんある」
の2つを、キーアイディアに書いてみました。

反論としては、
「そうかもしれないが、それは少数派じゃないか?」
「他にするべき事がたくさんあっても、孤独死防止は、取り組むべきことの一つなのではないか?」
などが考えられます。

このように、「〜をするべき」とか「〜でなくてはならない」といったトピックでは、「意見を押し付けるべきではない」というのが、非常に使えるキーアイディアです。
特に、日本国内の事であれば、日本国憲法では、基本的人権の尊重というのがあり、そのなかに、自由権と言うのがあります。
そして、自由権の中に、「思想・良心の自由」というのがあり、「特定の概念や思想を強要されない権利」というのがあります。

この事をサポート文に、「こうあるべきという思想を押し付けるのは、基本的人権の侵害、自由権の侵害になる」と言えます。
こんな感じで、「〜をするべき」とか「〜でなくてはならない」という意見に反論する事が出来ます。
自由権以外にも、幸福追求権、平等、表現の自由、職業選択の自由、プライバシーの権利、など、たくさんありますので、色々な事に応用できますね。

以下、参考URLです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E6%A8%A9#.E5.9F.BA.E6.9C.AC.E7.9A.84.E4.BA.BA.E6.A8.A9.E3.81.AE.E5.86.85.E5.AE.B9

何しろ、日本国憲法で定められている事ですので、これらのことをキーアイディアに、反論すれば、非常に強いアーギュメントが出来ると思います。
ただ、「憲法が必ずしも正しいとは限らないのではないか?」という反論も考えられます。
その時は、どうしますか?
考えることで力が付きますので、是非、ご自身で、考えてみてください。