英検1級 作文

※ 2016年度から、英検1級の作文問題は、POINTSが無くなり、単語数も、200〜240語になり、採点基準も変わりました。詳しくは、英検の公式サイトなどで確認してください。

ですので、下記は、2015年度までの試験に対応したものですが、2016年度以降の試験にも、参考になるところはあるかと思います。

英検1級エッセイ問題について(2015年度まで)

英検1級では28点満点の作文問題が1問、出題されます。
1つのトピックと6つのキーワードが出題され導入部分、結論部分を含めて3パラグラフ以上のエッセイを200単語前後で6つのキーワードの中から3つのキーワードを用いて書くという問題です。
配点が28点もあるのでここで点数を稼ぎたいところです。

まずは自分の得意な書き方のパターンを何パターンか身につけましょう。
私の場合は

---------------------------------------------
-Intro-
Some people may say that 自分と違う意見, But i believe 自分の意見.

-Body-
The first reason is that キーアイディア1 +補足.
The second reason is that キーアイディア2 +補足.
The third reason is that キーアイディア3 +補足.

-Conclusion-
As I mentioned above, for the aforesaid three reasons, I believe 自分の意見.
---------------------------------------------

という1パターンばかり使っていました笑
でも、この構成はかなり使えます。

勉強方法としては自分でいろいろなエッセイを書いてみるのがいいでしょう。
わたしの場合は英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニングの最後にのってるトピック集の中からその日に書きたい気分のものを選んでエッセイを書いていました。
自分で何個か書いていると大分なれてきます。

ただ、本番はキーワードを与えられてそのうち3つを使わなければいけません。
(POINTSのフレーズは、そのまま使わなくてはならないわけではなく、同じ内容に触れていればOKです。)
一番いいのがキーアイディアに与えられたキーワードを使ってしまうことです。

たとえば

Should all countries ban private ownership of guns?

というトピックでキーワードにsuicideとあったらまず自分の意見で

I believe all countries should ban private ownership of guns.

と賛成しておいてキーアイディアに

The first reason is that it will reduce the number of suicides.

などと書くわけです。

あともうひとつエッセイを書くにあたってつかえるのがgoogleです。
自分が作った文章が自然な英文かどうか調べたいときなどにgoogle検索が非常に役立ちます。

たとえば先ほどの

it will reduce the number of suicides.

という文が自然な英文なんだろうかと疑問を持った時googleで

"it will reduce the number of suicides."

引用符付で検索します。

すると検索結果に自分が作った英文と全く同じ英文をホームページで使ってるページが出てきます。
そのようなページがいくつか出てくれば自然な英文であるかどうか多少の参考になります。

しかし、他のひとのホームページで全く同じ英文が使われているからと言ってかならず正しいとは言えません。
そのページに書いてる人も間違っている可能性があるからです。
でも検索結果に多くのページが出ればかなり参考になります。皆さんもぜひ試してみてください。

私の学習歴

英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニングの最後にあるトピック集から1つ自分で好きなのを選んでエッセイを書く

私の場合は、

コンピュータ版TOEFL TESTライティング完全攻略の英文エッセイの構成のパターンを参考にしながら、
英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニングの最後にあるトピック集から1つ自分で好きなのを選んで
インターネットでいろいろ調べたり、英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニングに載っているエッセイに使えるフレーズなどを参考にしながら、自分でエッセイを書きました。

この勉強だけで、私の作文の点数は14点から22点まで伸びました。
書いた数は、たしか英検1級1次試験合格までに20トピックくらいだったと思います。

おすすめ教材

英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング

上でも述べた英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニングです。
これは、持っていない人はぜひ手に入れたほうがいいと思います。

コンピュータ版TOEFL TESTライティング完全攻略 (アスカコンピューター)

この本は、私は、英文エッセイのパターンが知りたくてそれだけを目当てに買いました。
他の部分は、植田一三先生のほかの参考書と被るところが多く、Ichy先生の本は、ほとんど持っているのであまり、私には参考になりませんでした。

Pros and Cons: A Debater's Handbook

この本は、いろいろなトピックについての賛成派と反対派の意見が書かれています。
内容は結構レベルが高く、私もまだこんなにレベルの高い意見を述べることはできません。
でも、英検1級の作文問題なら、この本ほどのレベルではなくても高得点をもらえると思います。
あと、イギリスの本なので、イギリス国内の問題がのっていて、日本国内の問題は載っていないので日本特有の問題は英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニングを参考にするのがいいと思います。