英語上達の秘訣 3

英語上達の秘訣 1英語上達の秘訣 2に続き、英語上達の秘訣、第3弾です。
以前にも書いたとおり、英語の上達の秘訣は、とにかく、

@ 今の自分にとって、効率の良い学習を、
A 続ける事

です。
この二つさえ守っていれば、かならず上達します。
また、@は、下記のように、3つに分かれます。

・ まずは、自分の現在地を知る
・ 目的地を明確にする
・ 実際に、学習方法を定め実行に移す

そして、前回は、「目的地を明確にする」について書きました。
目的地を明確にしたら、次は、「実際に、学習方法を定め実行に移す」です。

実際に、学習方法を定め実行に移す

基本的には、現在地を明確化したら、おのずと、やるべきことは見えてくると思います。
前回書いたとおり、植田一三先生の学校のサイト、アクエアリーズの「英語のプロ・達人への道」で、自分の現在地が分かったら、あとは、次のレベルを目指せばいいだけだからです。

また、何から手を付けていいか分からない場合は、語彙を自分の目指すレベルまで持っていくことから、取り組まれると良いと思います。
発音と瞬間英作文さえ身に付けば、あとは、「知っているかどうか」の問題がほとんどで、「語彙」のレベルが、その人の英語のレベルに、ほぼ比例するからです。
ですので、まずは、語彙を自分の目指すレベルまで持っていくことです。
語彙の勉強法については、以下に載せてあるので、もしよかったら参考にしてみてください。

・ 英検1級編 語彙
・ アンチ・バベルの塔建設終了!
・ アンチ・バベルの塔について

また、これは、発音と瞬間英作文が身についている人の場合で、まだの人は、まずは、発音と瞬間英作文に取り組まれる事をオススメします。
私の考える、初心者の方用のトレーニングメニューは、下のコラムに載せてあります。

・ 英会話初心者が一番最初にするべきこと 1
・ 英会話初心者が一番最初にするべきこと 2

ただ、「今の自分にとって、効率の良い学習」の「今の自分にとって」の部分にあたる事ですが、上は、あくまでも「私の考える」ものなので、誰にでも合うとは限りません。
人それぞれ、個性があるからです。
多くの人が良いと言っているからと言って、自分にとっても良いとは限りません。
また、誰かが(私も含めて)提案する方法が自分に合わなかったからと言って、英語を身に付けるのを諦める必要はありません。
英語上達の「方法」はいくらでもあるからです。
色々試して、自分に合った、楽しいやり方を、見つけて、それを実行していけばいいと思います。

正解は一つではないので、一つの方法を試して上手くいかなくても、諦める必要はありません。
「自分にとって」効率的な方法を見つければ良いだけの事です。

また、優しくて、頭が良く、優秀な方ほど、上手くいかないと、自分を責めがちなので、注意が必要です。
いままで上手くいかなかったとしても、教え方が自分に合ってなかったか、教材が自分に合ってなかったか、学習方法が自分に合ってなかっただけです。
あなたが悪いわけではありません。
パズルのピースとピースが合わなかったからと言って、左のピースが悪いとか、右のピースが悪いということではありません。
ただ合わなかっただけです。

また、あなたの能力が低いわけでもありません。
いくらライオンが強いと言っても、水中では、生きていけませんし、いくらサメが強いと言っても、地上では生きていけません。
どんなに能力が高く、優秀な方でも、環境が自分に合っていなかったり、方法が自分に合っていないと、うまくいかないことが多いです。

英語も一緒なので、決して自分を責めず、
「たまたま、今までのやり方が自分に合ってなかっただけだな。じゃあ、また新しいやり方を試してみよう!」
と言う感じで、気楽に取り組んでみてください。

では、どうやって「自分にとって」効率的な方法を見つければいいのか?ですが、これは、色々試してみるのが遠回りのようで、じつは一番の近道だと思います。
実際に試してみないと分からない事が、たくさんあるからです。
最初は向いていないと思っても、やってみたら向いていたと言う事もあると思いますし、その逆で、最初は向いていると思ったけど、試してみたら向いていなかったという事もあると思います。
ただ、ある程度、何から試していくか、の段階で、自分の性格に合っていそうなものを選んでいくと、より早く、自分にとって効率的な方法に出会えると思います。

読んだり聞いたりする受信型と、書いたり話したりする発信型、どちらのほうが自分に向いているか?
発信型のほうが上達の速度が速い場合が多いので、個人的には、発信型がオススメですが、受信型の勉強も、非常に重要です。
日本語で考えると分かりやすいと思うのですが、早口な子供は、大人より、スピード面では、発信力が高いかもしれませんが、教養のある大人の方のほうが、遥かに知識があると思います。
そして、そのどちらが、日本語力が高いか?といわれたら、後者の、教養のある大人の方だ、と答える人が多いと思います。
ですので、受信型が悪いわけではなく、むしろ、素晴らしいと思います。
発信だけの人よりも、受信をしっかりやっている人のほうが、知識が増えるのは、自明だと思います。
ただ、発音と瞬間英作文だけは、やっておいた方が良いと、個人的には思います。

また、
・ 家で勉強するのと、外で勉強するのは、どちらのほうが自分に向いているか?
・ 一人で勉強するのと、人と勉強するのは、どちらのほうが自分に向いているか?
も大事です。

家で一人で勉強するのが好きな方は、色々な教材を使って試していくのが良いと思います。
外で人と勉強するのが好きな方は、英会話学校などにかよったり、英会話サークルなどに入るのも良いと思います。

ただ、できれば、上の、「受信型と、発信型」「家で一人で勉強と、外で人と勉強」を、両方バランス良く出来れば、それが一番上達の速度が速いと思います。
ちなみに私は、ロスへ1週間半くらい行っていたのと、英検1級の2次試験対策で英会話学校に通っていたの以外は、ずっと、「家で一人で勉強」タイプでした。
また、今もそうで、これからも、アンチ・バベルの塔を、ある程度マスターするまでは、「家で一人で勉強」です。
そして、ある程度、自分の英語力に納得できるようになったら、いよいよ、英語圏に住んで、実践で英語を使って、さらに自分の英語力を高めていきたいと考えています。
ただ、私は、結構、気まぐれなので、どうなるかはわかりません笑

あとは、学習プランの立て方ですが、これも、自分で試行錯誤して、「自分にとって」効率的な方法を見つけていくのが良いと思います。
私、個人的には、まずは、自分の現在地を調べ、最終目的地を知り、英語の全体像を把握し、中継目的地を知ったら、

・ 1年後、どうなっていたいのかを決める
・ そのために、やるべきこと、取り組むべき教材を見つける
・ やるべきこと、取り組むべき教材が分かったら、1年間のノルマを決める
・ その1年間のノルマを達成するために必要な、1週間のノルマを決める
・ 実際に、学習を始める

「1年後、どうなっていたいのかを決める」の部分は、植田一三先生の学校のサイト、アクエアリーズの「英語のプロ・達人への道」の次のレベルを目指すのが分かりやすいと思います。
英検で言うと、次の級を目指すのが簡単です。

「そのために、やるべきこと、取り組むべき教材を見つける」の部分は、次の中継目的地が明確になれば、おのずと見えてくると思います。
ただ、何から手を付けていいか分からない場合は、上でも述べたとおり、まずは、語彙を、自分の目指すレベルに持っていくのが、オススメです。

「やるべきこと、取り組むべき教材が分かったら、1年間のノルマを決める」は、1年後に、その教材を何ターンこなせば、身についていそうか?を考えると良いと思います。
教材によっても変わりますし、個人差があるのですが、ある程度実力のある方の語彙学習の場合は、私の経験から、大体、10〜20ターンくらいこなせば、身についてきます。
初心者のうちは、語彙が身につくのが遅いので、100ターンくらい必要だと思います。

「その1年間のノルマを達成するために必要な、1週間のノルマを決める」では、1年間は約52週間なので、1年間のノルマを、52で割れば、具体的な数字が出ます。
また、なぜ1週間かと言うと、1日単位だと、出来ない日もたくさん出てきますが、1週間単位だと、「その日の都合で、勉強出来なくても、週末にまとめてやったり」、「週末は遊びたいから、週の初めに、その週のノルマを全て終わらす」という事が出来て、ストレスが少ないからです。

「実際に、学習を始める」まで来たら、あとは「続ける」だけです。
それでは、また次回。