英会話初心者が一番最初にするべきこと

私の思う、英会話初心者が一番最初にするべきことは次の2つです。

2つの英会話初心者が一番最初にするべきこと

@ 単語耳 Lv.1をCDと一緒に発音練習、全内容を100ターン
A どんどん話すための瞬間英作文トレーニングの瞬間英作文、全内容を30ターン

単語耳 英単語八千を一生忘れない「完全な英語耳」 理論編+実践編Lv.1   どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)

@について

私の経験から、英会話初心者が、一番、最初にするべき事は、「英語の個々の正確な音を自分で発音できるようになる事」だと確信しています。

単語耳の著者の、松澤先生のホームページにも、「英語は、まずは自分で正しく発音できるようになることが大事」と書いてありましたが、本当に、その通りで、このことを教えてくださった松澤先生には、本当に感謝しています。

自分で正確な発音が出来るようになってから、私が感じたことは

・リスニングが出来るようになってくる
・自分の英語がネイティヴに通じる
・自分の発音が良くなって単純に楽しい笑

などです。
また、「最初に中学校で英語を習った段階で、発音の重要性を知ってればなあ〜」と、とても後悔しています。

他のページでも、しつこく書いていますが、正しい発音を身に付けずに、英語学習を進めていくと、後々、大きな損失となりえる場合がありますので、正しい発音は、英語ができるようになりたいなら、なるべく早い段階で、身に付けておくべきだと、私は、自分の経験からも、強く感じています。
詳しくは、発音にも書いてありますので、もしよかったら、参考にしてみてください。

単語耳のレベル1のCDには、以下のの3パターンが収録されています。

・「ゆっくり→普通」の速さで1000単語を2回ずつ発音(約1時間12分)
・普通の速さで1000単語をABC順に1回ずつ発音(約34分)
・普通の速さでテンポよく1000単語をJACET順に1回ずつ発音(約22分)

私は、この単語耳 Lv.1をやる前にすでに、英語耳のCDを100回と、Parrot's Lawで洋楽7曲と、映画の2分くらいのシーンを7つやっていたので、JACET順に収録されている約22分の部分を100回発音練習しましたが、英語の正しい発音を全く知らなかった人には、JACET順はちょっとスピードが速く感じるかもしれません。

なので、最初は「ゆっくり→普通」の速さで収録されている約1時間12分の部分をやるのがいいと思います。
それでも、1000単語しかないので、たかだか1時間12分しかありません。

ちなみに、あくまで私見ですが、英語耳よりも単語耳 Lv.1の方がいいような気がします。
単語も覚えられるし、英語耳の方はボリュームが少ないからです。

Aについて

瞬間英作文については、私が、このトレーニング方法を知ったのが、英語を本格的に勉強し始めてから、何ヶ月かした後でした。
一番最初の私のトレーニング方法は、上の発音練習、そして洋書を辞書を引きまくりながら読む、というものでした。

そして、今振り返って思うこと、自分の英語学習で最も後悔している事の一つが、発音と同様、「中学で英語を習った時点で、瞬間英作文をやっておくべきだった!」と言う事です。
私のスピーキング能力が、ほかの能力に比べて低いのは、そのせいだとも思っています。

瞬間英作文を始めてから、私が感じたことは以下です。

・英語がしゃべれるようになってくる
・リスニング力が上がる
・読解スピードが上がる
・このトレーニング自体が楽しい

特に、自分で英語がしゃべれるようになってくるのは、本当に嬉しかったです!

発音と一緒で、この瞬間英作文能力を身に付けずに、英語学習を進めていくと、後々、大きな損失となりえる場合がありますので、この能力は、出来るだけ早く、身に付けておくことを、強くお勧めします!

特に、この瞬間英作文は、プロの通訳のトレーニング、クイックレスポンスと同じなので、とても効果があります。
詳しくは、瞬間英作文にも書いてありますので、良かったら、参考にしてみてください。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングのCDには、

・「日本語→英語」の順に本の内容が全て収録されています。
(CD1、約1時間11分 CD2、約1時間13分)

ただ、いままで作文を全くしなかった人が、いきなりCDでやるのは大変かもしれません。
私も、それまでは、松本亨先生の書く英語・基礎編を1度やったのみで、口頭で英作文をするのは初めてだったので、まずは本で5ターンやってから、CDに入りました、

あと、外で一人でいる時なども、声には出しませんでしたが、このCDを聞いて、頭の中で瞬間英作文をしていました。
これは、一人で外を歩いている時や電車内などで、最高の暇つぶしになります!

本の構成は

・Part1 中学1年レベル(見開きで23ページ(実質46ページ))
・Part2 中学2年レベル(見開きで34ページ(実質68ページ))
・Part3 中学3年レベル(見開きで22ページ(実質44ページ))

の3つにわかれていて、左側に日本文が10個、右側に英文が10個という構成になっています。
私の場合は、1日0.5Partずつ、2日で1Part、6日で1ターン、30日で5ターンやりました。

かかる時間は人それぞれだと思いますが、私は最初の1ターンは、1日、1時間くらいかかったのを覚えています。
でも、ターンを重ねるごとにかかる時間は少なくなっていきました。
30ターンという数字は人それぞれ適宜、変えてもいいと思います。
私は、25ターンやりました。

30ターンくらいやった方がいいかなと思っていたのですが、この教材の次、英語上達完全マップの言うところの第2ステージであるスラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニングもすでに購入していたので、早くそっちに移りたくなって我慢できなくなり、「まあいいや、次に移っちまえ」と思い、25ターンで第1ステージはやめちゃいました笑

この2つを終えると

極端な話、この二つ、単語耳 Lv.1と、どんどん話すための瞬間英作文トレーニングを終わらせただけで、ある程度実力のある人なら、片言で英語が話せるようになると思います。

単語耳は、

・1日1時間12分で、100日

瞬間英作文の方は、本を10ターン、CDを20ターンやるとしたら

・本を、1日1時間(個人差あり)で、60日
・CDで、1日約2時間24分で、20日

と1日3時間半未満の学習を、100日程度、続ければいいだけです。
当然個人差はあるかと思いますが、読解力はかなりあるのに、いままで、発音やスピーキングの練習をしたことのない英会話初心者の人が、これをやれば、かなりのレベルアップが期待できると思います。

それでは、これをクリアされた方は、次の、英会話初心者が一番最初にするべきこと 2に進んでください!