英語が出来るようになる人とならない人の違い

英語に限らずですが、出来るようになる人と、ならない人の違いを、知ると、その知識をもとに、より、自分を出来るようになる人に、近づける事が出来ると思います。
そこで、ここでは、英語が出来るようになる人と、そうでないひとの違いを書いてみたいと思います。

正しい発音の習得

英語が出来る人と出来ない人の、決定的な違いの一つは、正しい発音を習得しているかどうかです。
英語が出来る人は、正しい発音を習得しています。
英語が出来ない人は、正しい発音を習得していません。

英語が出来るようになるには、正しい発音を習得する事が、不可欠です。
いつまでたっても英語が出来るようにならない人、特に、いつまでたっても話せるようにならない人は、正しい発音を習得していないと言うのが、大きな理由の一つです。
逆に、しっかり正しい発音を習得すれば、英語が出来るようになるための、重要条件を一つ満たした事になります。
発音が間違っていると、まったく伝わりませんが、発音さえ正しければ、中学校1年生程度の知識のブロークンイングリッシュでも、なんとか、意志の疎通が可能です。

瞬間英作文能力の習得

英語が出来る人は、例外なく、正しい文章を口頭で組み立てる事の出来る人です。
そのためには、瞬間英作文能力が必要です。

英語が出来ない人、特に、英語が話せない人と言うのは、正しい文章を口頭で組み立てる事の出来ない人です。
逆に、上記の発音と共に、瞬間英作文能力をしっかり習得すれば、英語が出来るようになるための、重要二大条件を満たした事になります。
なぜなら、「英語が出来る」、特に、「英語が話せる」とは、「自分の言いたい事を、文法的に正しい文章で、正しい発音で、話す事が出来る」とほぼイコールだからです。

語彙の増強を続ける

母国語の日本語でも、あまり本を読まない人と、良く本を読む人では、語彙が全然違うと思います。
英語が出来るようになる人は、語彙の増強をずっと続けている人のように思います。
英語が出来るようにならない人は、語彙の増強をしていない人のように思います。

ちなみに、英検1級は、1万〜1万5千語と言われています。
私も、語彙がこのくらいになってから、大分、洋書を読むのが楽になりました。
まずは、このあたりを、中間地点の目標に、されると良いと思います。

ちなみに、大卒のネイティヴの平均語彙は、5万語くらいと言われていますので、ネイティヴ並みを目指す場合は、5万語を目指すと良いと思います。
私も、認識語彙5万語、運用語彙3万語を、目指して、目下学習中です!
(私は、記憶力がよろしくなく笑、簡単な単語も、定期的に復習しないと、すぐ忘れす始末ですが、何度も繰り返して、長期記憶に残していきたいと思っています)

長期的スパンでとらえる

英語が出来るようになった人は、例外なく、たくさんの時間を英語に使っています。
もちろん、例外もたくさんあるかと思いますが、英語に触れている時間は、おおむね、その人の英語力に比例すると思います。
英語が出来るようにならない人は、英語に触れている時間が圧倒的に短い人、短期的スパンでしかとらえていない人だと思います。

例えば、ネイティヴ並みになりたかったら、最低、20年くらいかかるとおもいます。
もちろん、一口に、「ネイティヴ」と言っても、色々な人がいますが、大卒の平均的アメリカ人を、「ネイティヴ」とすると、そのレベルになるまで、20年くらいかかると思います。
なぜなら、大卒のアメリカ人というのは、大学を卒業するのが、平均で、22歳で、それまで、他言語の干渉を受けず、生まれてから、ずっと英語で育ってきて、そのレベルになったからです。
この人と同じレベルになろうと思ったら、この人と同じくらいの時間が必要だと思います。

1日の睡眠時間が、

0歳〜6歳までは、14時間、
7歳〜12歳までは、10時間、
13歳〜22歳までは、8時間、

だとしたら、

6年間、1日10時間、
6年間、1日14時間、
10年間、1日16時間、

合計、6年間×365日×1日10時間 + 6年間×365日×1日14時間 + 10年間×365日×1日16時間で、合計11万と960時間、英語に触れている事になります。
そして、1日16時間英語に触れて、20年過ごした場合、16時間×365日×20年=11万と6,800時間なので、ほぼ一致します。
ただ、大人の場合は、日本語で、ではありますが、すでに背景知識があるので、これよりも短い期間で、ネイティヴに追いつけると思います。

また、これは、ネイティヴ並になろうとした時の事で、ネイティヴ並みとはいかなくても、まずは、ある程度、英語で、コミュニケーションが取れたり、ある程度、洋書が楽しめたり、ある程度、洋画が楽しめたり、するレベルを目指すと良いと思います。
私の経験から、英検1級レベルになると、上記のような事が可能になります。
私も、英検1級に合格したくらいから、ネイティヴ並みには程遠いですが、ある程度、英語でコミュニケーションできるようになったり、ある程度、自分の書きたいエッセイが書けるようになったり、ある程度、洋書が辞書なしで楽しめるようになったり、ある程度、洋画や海外ドラマが字幕なしでも、楽しめるようになりました。

それでは、英検1級に合格するまでの時間ですが、個人差はあると思いますが、私の場合は、本格的に、英語を勉強し始めてから、3年間で、英検1級に合格する事が出来ました。
その3年間の間、毎日、1日6〜10時間くらい勉強したと思います。
平均で8時間とすると、1日8時間×365×3年で、8,760時間です。
ですので、8,000時間くらいを目安にされると良いと思います。

この辺りの事は、植田一三先生の著書、発信型英語スーパー口語表現コンピュータ版TOEFL TESTライティング完全攻略などの最初のページの、「英語の達人道」に、詳しく書かれています。
これによると、英検1級は、8,000時間で到達できると書いてあるので、私の経験と、ほぼ一致します!

ちなみに、達人というのが、ネイティヴ並みの人の事で、「英語の達人道」では、3万時間となっています。
ですので、上の計算では、11万時間という数字になりましたが、大人は、すでに背景知識があるので、4分の1くらいで、ネイティヴ並みになれるようです。
ちなみに、仙人は、10万時間となっています。

効率の良い学習

英語が出来るようになる人は、効率の良い学習をしている人です。
英語が出来るようにならない人は、効率の悪い学習をしている人です。

筋トレをしている人には、分かりやすいと思います。
負荷の軽いトレーニングを、何百回やっても、あまり筋肉はつかないと思います。
それより、かなり負荷のきついトレーニングを、1セット20回×3セットとかで、やったほうが、筋肉がつくと思います。
これは、英語でも同じです。

効率の良い学習とは、負荷のきつい学習と言っても良いかもしれません。
「その教材に、なんとか、ぎりぎり、ついていける」くらいの学習がベストだと思います。
全く歯が立たないようなものは、まだ取り組む時期ではないと思いますし、その教材をほぼ完璧に出来てしまうのなら、それをやる意味は、あまりないとおもいます。

また、発信型の勉強をするのも非常に重要で、受信型の勉強より遥かに効率が良いです。
英語は、スポーツや楽器などと同様、体で覚えるものだからです。
「勉強」というより「練習」といったほうが、近いと思います。

止めない

英語が出来るようになる人は、英語学習を止めない人です。
英語が出来るようにならない人は、英語学習を途中でやめてしまう人です。

上でも書いたとおり、英語を身に付けるのには、かなりの時間がかかるので、学習を、死ぬまで止めない事が大事だと思います。
また、「学習」というと、嫌なお勉強というイメージがあるかもしれませんが、楽しく学習する工夫は、いくらでもできると思います。
洋画を楽しんだり、海外ドラマを観たり、洋書を読んだり、洋楽を聞いたり歌ったり、です。

最後に

以上、英語が出来るようになる人と、そうでない人の違いを、書いてみました。

まとめると、英語が出来るようになる人は、以下のような人だと思います。

・正しい発音の習得をしている
・瞬間英作文能力の習得をしている
・語彙の増強を続けている
・長期的スパンでとらえている
・効率の良い学習をしている
・英語学習を死ぬまで止めない

逆に、英語が出来るようにならない人は、以下のような人だと思います。

・正しい発音の習得をしていない
・瞬間英作文能力の習得をしていない
・語彙の増強を続けていない
・短期的スパンでしかとらえていない
・効率の悪い学習をしている
・英語学習を途中で止める