英会話学校はムダ?

よく、英会話学校に通っても、英語が出来るようにならない、という話を聞きます。
そこで、英会話学校は無駄なのか?ということについて、書いてみたいと思います。

私が大好きで、愛用している、新潮国語辞典で、「無駄」を引くと、「役に立たないこと」「益がないこと」と出ています。
この定義に基づくと、結論ですが、英会話学校は、ムダではない、と言えます。
私自身、1年くらい、英会話学校に通って、かなりの成果が出て、間違いなく、「役に立った」「益があった」と断言できます。

ただし、英会話学校で、成果を上げるには、それなりの準備が必要です。
非常に重要なのは、英会話学校でしか出来ない事、ネイティヴとの会話でしか出来ない事に、集中するために、「家で独りで出来る事は先にやっておく」と言う事です。

意志の疎通がある程度できるようになっておく

英会話学校で、成果を上げるには、ゆっくりでも構わないので、すでに、ある程度、意志の疎通が出来ることが、重要です。

例えば、これが英語ではなく、ルグバラ語だと考えてください。
相手の先生は、日本語は全く話せません。
ルグバラ語だけです。

この人から、ルグバラ語を、効率的に、学ぼうと思ったら、ある程度、ルグバラ語を、話せるようになっていることが、必須ではないでしょうか?
ジェスチャーで何とかなる事もあるかもしれませんが、ひょっとしたら、こちらが、ルグバラ語を教えてほしいと思っている事すら、伝わらないかもしれません。

この人から、効率的に、ルグバラ語を教えてもらうには、ルグバラ語の、正しい発音を習得して、ルグバラ語で、自分の言いたい事を、ゆっくり、自分の知っている範囲の単語を使って、伝えられるようになっている必要があると思います。
そうすれば、こういう風にルグバラ語を教えてほしいとか、ここはなぜこうなるのかとか、オススメの本はとか、いろいろなことを、この人から教えてもらえます。
これは、英語でも同じです。

もちろん、英会話学校なので、こちらが英語を教えてほしいと思っている事を、相手は分かっていますし、日本人の英語にも、慣れているので、聞き取ってくるかもしれません。
ただ、やはり、意志の疎通が全くできない状態より、こういう風に教えてほしいとか、こういう対策がしたいとか、自分の要望を伝え、レッスンをより効果的で有意義なものにするためにも、ある程度、意志の疎通が出来るようになっている事が重要です。

ですので、英会話学校に通うのは、意志の疎通がある程度できるようになってからがベストです。
せっかくのネイティヴと話す機会に、独りでも学べる、文法などを教えてもらいに行くと言うのも、もちろん、人それぞれなので、それが悪いというわけではありませんが、あまり効果的ではありません。

では、意志の疎通がある程度できるようになるには、どうしたらいいか?ですが、その答えは、「正しい発音の習得」と「瞬間英作文能力の習得」です。
また、英会話初心者が一番最初にするべきことにも、意志の疎通がある程度できるようになる方法を、まとめてありますので、もしよかったら、参考にしてみてください。

英語学習は、時間がかかる事を知る

英会話学校に通ったのに、英語が出来るようにならなかったという方の多くは、学習時間が致命的に不足している事が多いと思います。

「英語が出来る」というのは、最低でも、英検準1級くらいの力が必要だと思います。
英検準1級くらいの力があれば、「英語のできる人」で通ると思います。
そして、英検準1級に合格するには、5,000時間くらいの学習時間が必要と言われています。

ところが、英会話学校のレッスンが1日2時間で、毎日通ったとしても、2時間×365日で、1年で、たったの730時間にしかなりません。
5,000時間に達するには、6〜7年通う必要がある計算になります。
英会話学校に通ったのに、英語が出来るようにならなかったという方の多くは、どのくらい通ったのか分かりませんが、長くても、せいぜい3年〜5年程度ではないでしょうか。

しかも、これは、毎日、1日2時間のレッスンに通った場合で、実際は、週に、2日、1日1時間程度ではないでしょうか。
それだと、1年を52週間とすると、週に2時間×52週間で、1年で、たったの104時間にしかなりません。
5,000時間に達するには、約50年通う必要がある計算になります。

加えて、5,000時間というのは、一番効率の良い方法で勉強した場合の話です。
効率の悪い方法で勉強をしていたら、その倍以上の時間がかかる事もありえます。

これは、学校教育も同じで、よく、中学、高校と、6年間も英語を習ったのに、話せるようにならない、と言われますが、これも、学習効率の悪さと、学習時間の致命的な不足が原因です。
春休みも、夏休みも、冬休みも、土日も、祝日もなく、毎日、1時間英語の授業があったとしても、1年で、365時間です。
これを6年間続けても、たったの2,190時間にしかなりません。

英検2級に達するのに、3,000時間必要と言われていますので、英検2級になるのに必要な時間すら満たしていない事になります。
しかも、これは、春休みも、夏休みも、冬休みも、土日も、祝日もなく、毎日、1時間授業があった場合です。
実際は、春休みも、夏休みも、冬休みも、土日も、祝日も、しっかり、あります。
さらに、中学や高校は、50分授業です。

加えて、学校の英語教育は、効率が良くありません。
上の、意志の疎通がある程度できるようになる方法のような、効率の良い学習法で、2,190時間勉強すれば、自分の知っている範囲の単語で、英語を話せるようになりますが、学校の英語教育は、効率が悪いため、そのようにはなれません。
これでは、英語が出来るようにならなくも、当然だと思います。

(参考:発信型英語スーパー口語表現「英語の達人道」から)


ここまでくると、家で自分でやることばかりだし、英会話学校のレッスンで、英語が出来るようになるために必要な学習時間数をカバーできないし、英会話学校は、無駄なような気がしてしまうかもしれませんが、冒頭で述べたとおり、ムダではありません。
以下からは、どうすれば、無駄にならず、英会話学校のレッスンを有意義なものに出来るか?です

目的を明確にする

これは、非常に重要です。
私が、英会話学校に通ったのは、「英検1級の2次試験に合格するため」という明確な目標があったからです。

当時、英検1級の1次試験に合格してから、2次試験に2連敗という状況でした。
というのも、私は、LAに、1週間半くらいホームステイをした事があるだけで、それ以上、英語で誰かと話した事が無く、自分の実力不足に、自信不足、経験不足が、重なり、英検1級の2次試験でも、自信を持って、うまく話す事が出来なかったのです。

そして、次こそは、2次試験に合格したい、という目的から、英会話学校に通い始めました。
私がするべき事は、「ネイティヴと英語を話す経験を積むこと」だと思ったからです。

結果は、大成功で、英会話学校に通いだし、3か月くらいで、次の、英検1級の2次試験に合格出来ました。
合格した後も、レッスンが残っていたので、通っていましたが、「英検1級の2次試験に合格する」という目的を果たしてしまったため、明確な目標達成のためと言うよりかは、合格後は、趣味感覚、単純に英語が好きで、英語で人と話すのが好きだから、通っていました。
ですので、具体的な目標の為に通っていた合格前のほうが、レッスンから、得るものが多かったように思います。

私の、この経験から思うのが、「なるべく具体的で明確な目的をもって通う事」が非常に重要だと言う事です。

英会話学校は、練習試合だと考える

これも、非常に重要です。
練習試合で、ある程度、結果を出すには、また、練習試合の経験を自分のものにするには、自主練が欠かせません。
これは、野球やサッカーなどのスポーツから、空手や柔道などの格闘技でも、吹奏楽やバンドなどの音楽でも、同じだと思います。
自主練を全くしないで、つまり、自主学習を全くしないで、英会話学校に通っているだけでは、英語が出来るようになるのは、難しいと思います。

ただ、練習試合すら一回も出たことがない人より、たくさん、練習試合の経験を積んでいる人のほうが、上達しやすいのは、明らかだと思います。
特に、自主練をしっかりこなしている人にとっては、練習試合ほど貴重なものはないかもしれません。
スポーツや格闘技や音楽でも、実際の試合や本番のコンサートに近い状況での経験は、計り知れないほど貴重だと思います。
練習試合で、自分の日頃のトレーニングの成果を確認できますし、自分に足りない部分を知る事が出来ますし、試合で得た経験を、試合後の自主トレで、自分のものにすることが出来ます。

私も、実際の英検1級の2次試験の状況に近い経験をたくさん積むために、英会話学校に通いました。
ですので、英会話学校を「練習試合」「日頃の練習の成果を試す場」と捉えると良いと思います。

また、ネイティヴに聞くのが一番な事もたくさんあります。
もちろん、そのネイティヴの育った環境にもより、それが、絶対的な正解と言うわけではありませんが、たとえば、以下のような事です。

こういう言い方は英語として自然なのか?とか、
こういう言い回しをしたいんだけど、どういった印象を与えると思う?とか、
自分の発音は、ネイティヴのあなたには、どう聞こえる?とか、
日本人の態度で、誤解を招くから、海外では、やめたほうがいいと思う事は?とか、
もっとこういう風にネイティヴと接すると良いと思う事は?とかです。

こういったことは、文献を調べたりするよりも、生きた経験を積んだネイティヴに直接聞くのが一番早いし、効率的だと思います。
また、辞書に載っていないけど、ネイティヴなら子供でも知っているような、スラングとか、定型表現を、思いつくだけ教えて!とか言ってみるのも良いと思います。

あとは、具体的な、アクセントのトレーニングも、ネイティヴにしてもらうと良いと思います。
例えば、イギリス英語が話せるようになりたかったら、自分でイギリス英語の個々の音の正しい発音の仕方を習得してから、イギリス出身の先生を指定して、歌のレッスンのように、「アクセント」「リズム感」「プロソディー」のトレーニングをしてもらうと、非常に効果的だと思います。

また、教材は、自分で用意するのが良いと思います。
自分が身に付けたい教材を持って行って、「この教材を使って、こういう能力を身に付けたいから、こういう風にサポートして欲しい」ということを、言っておくと、より有意義なレッスンが受けられると思います。
私は、自分で書いたスピーチ原稿を持って行って、自分でスピーチをするのを聞いてもらってから、発音や文法のミスをチェックしてもらい、その後で、私のスピーチに対して、反論をしてもらいました。

最後に

以上、こんな感じで、英会話学校はムダなのか、と言う事について書いてみました。
ちなみに、私が通っていたのは、ECCです。
先生も、スタッフの方も、非常に親切で、自分の「英検1級の2次試験に合格する」という目的も果たせて、素晴らしかったです。