YouCanSpeakの瞬間英作文で成果をあげるには 1

ここでは、「YouCanSpeakで最大限に効果をあげたい!」という、意欲の高い、真剣な学習者の方へ向けて、この教材で成果を上げるための、注意点を書いていきたいと思います。

まず、「英語が話せる」というのは、どういう状態なのでしょうか?
私の経験から、以下の3つの能力を身に付けているということだと言えます。

@ 正しい発音を身に付けている
A 自分の言いたいことを、文法的に正しい文章で、瞬時に組み立てられる
B 自分の言いたいことを表現するのに、十分な語彙を身に付けている

英語を話せるようになりたかったら、上記の能力を身に付けることです。
英語が話せる人は、本人の自覚があるかどうかは別として、必ず、この3つの能力を身に付けています。

そして、YouCanSpeakは、Aの能力を身に付けるための教材になります。
英語で自分の言いたいことを自由に言えるようになるには、他に、@とBの能力が必要になります。

ですので、YouCanSpeakで最大限の成果をあげるには、同時に、@とBに取り組む必要があります。

まず、@についてですが、これが、スーパーウルトラ重要で、YouCanSpeakに取り組む前に、または、取り組みながら、絶対に正しい発音を身に付けておくことをオススメします。

正しい発音の練習をしないというのは、英語学習において、最大のリスクで、正しい発音を身に付けておかないと、後悔する可能性大です。
なぜ、そのようなことが言えるのかというと、私自身が、正しい発音をおろそかにしていて、激しく後悔したからです笑

英語を本格的に勉強する前は、正しい発音を知らず、ネイティヴに全く通じなかった記憶があります。
なぜなら、英語と日本語では、「音」が違うからです。
日本人に区別の難しい、「l」と「r」を例にとると、

「l」は、舌を前歯の裏に付けて出す有声子音、
「r」は、舌の奥を斜め後ろに持ち上げて舌先をどこにも付けずに出す有声子音です。

ネイティヴにとっては、これらは、まったく別の音なので、これらを日本語の「ら行」で、無理やり代用すると、ネイティヴに通じないということが良くあります。

ちなみに、日本語の「ら行」は、アメリカ英語の「d」に一番近い音です。
実際、私がロサンゼルスにホームステイに行った時、ホストマザーに、「私は、英語の「l」と「r」が同じ音に聞こえる」と言ったら、彼女は、「私は、日本語の「ら行」と「だ行」が同じ音に聞こえる」というようなことを言っていました。

以前は私も、これらのことが分かっていなかったので、自分の英語が通じませんでした。
このように、せっかく、YouCanSpeakで、英文法的に正しい文章を瞬時に言えるようになっても、発音が間違っていると、ネイティヴに通じないということが起きますので、そうなりたくなかったら、発音は、絶対に身に付けておくことを、強くオススメします。

ちなみに、私が、アメリカ、ロサンゼルスに行ったのは、正しい発音の練習をしてからだったので、その時は、自分の英語がバッチリ通じました!
使った教材は、単語耳シリーズで、私も、これのおかげで、自分の英語がネイティヴに通じるようになった、非常に優れた教材ですので、お勧めです!

あとは、Bに関してですが、これは、初心者のうちは、気にする必要はないかもしれません。
というのも、言語学者の研究によると、「英語は、最初の基本5000単語で、95パーセントをカバーできる」からです。

もちろん、洋書を辞書なしで読んだり、洋画を字幕なしで観たりするには、たった5000単語では、不十分ですが、「話すだけ」なら、基本5000単語で、自分の言いたいことを、自分の知っている単語を使って言うことは出来ます。
英英辞典でも、難しい単語を、簡単な単語のみを使って説明しているように、難しい単語を使わなくても、基本単語で言いたいことは言えてしまうからです。

ですので、YouCanSpeakの、レベル3くらいまでは、語彙に関しては考えなくいいかもしれません。
レベル4に進んだ時、ネイティヴと話すなり、英語で独り言を一時間くらい言ってみるなりして、それで、自分の語彙に不足を感じるようであれば、その時、運用語彙を増やしていくことを考えるといいと思います。

基本単語ほど多義語が多く、意味の広がりがあるので、一筋縄ではいかないのですが、そういったことを気にするのは、発音と瞬間英作文という基礎、上の@とAを身に付けてからでOKです。

以上、「英語が話せるようになるため」の注意点を書いてみました。 YouCanSpeakの瞬間英作文で成果をあげるには 2では、「実際に、YouCanSpeakを使用していく上での注意」、YouCanSpeakの瞬間英作文で成果をあげるには 3では、「楽しく勉強するコツ」について、書いていますので、もしよかったら、引き続き、読んでみてくださいね。

YouCanSpeak お試し版は無料!