英語学習を楽しむコツ

英語学習の目標設定で、
「頑張って勉強しよう!」と努力するより、
「とにかく楽しもう!」と努力するのが良いと書いたので、
今度は、私なりの学習を楽しむコツを書いてみたいと思います。
学習を楽しむコツは、探せばたくさん見つかると思います。

学習グッズを揃える

まず思いつくのが、お気に入りの道具を使うということです。
私が英検1級のエッセイの勉強をすることにしたとき、最初はエッセイを書くというトレーニングはとても大変でした。
そこで、楽しく学習するために、革の表紙の洒落たノートを何種類か買って、そのノートにエッセイを書いていました。
おかげで、最初よりも楽しく勉強することが出来て、今ではエッセイを書く事自体が楽しくなっています。
ただ、いまはホームページで公開するときに、パソコンに打ち込み直すのが大変なので、直接パソコンに打ち込んでいます。
また、このノートはほんの一例で、他にもたくさん、お気に入りの道具を買って楽しむということが出来ると思います。
たとえば、
お気に入りの万年筆を買って、苦手な勉強をするときはそれを使うとか、
自分の好きな公園等に行って、読書をするとか、
お気に入りのアンティークの椅子を買って、苦手な勉強をするときは、それに座って勉強するとか、
お気に入りの洋服を買って、TOEICや英検などの試験の日は、それを着ていくとか、
お気に入りのスピーカーを買って、それでシャドウイングをするとか、
以上のように、苦手なことに、自分の好きなことを加えて、マイナスをプラスにしてしまうのがいいと思います。

嬉しい未来を想像する

他には、良くなった未来について考えるというのもいいと思います。
私の場合は、勉強の原動力は主にこれです。
ネイティヴ並みの速さと正確さとアクセント、発音で喋れるになったとき
映画を字幕なしで、日本語のものと同じように楽しめるようになったとき
など、先の事を考えると、楽しみで仕方なくなります。
また、英語学習の利点を、知るというのもいいと思います。
詳しくは、英語学習のメリットで。

自分にご褒美をあげる

あと定番が、自分にご褒美をあげるというやつですね。
たとえば、
1週間のノルマを全部こなせた週は、週末は大好きな日本酒を飲むとか、
英検に受かったら、欲しかった靴を買うとか、
また、結果がどうであれ、わざわざ休みの日に試験を受けに行った自分に、ご褒美をあげるというのもいいと思います。(TOEICや英検など試験は日曜日が多いので)
このように、これもいくらでも思いつきますね。

最後に

無理矢理、頑張るよりも、とにかく楽しむ工夫をするほうが、まちがいなく勉強の効率がいいと思います。
好きこそ物の上手なれ、というように、楽しいことのほうが上達が早いと思うからです。