英語で遊ぼう!第8回 海外ドラマ Prison Break

プリズン・ブレイク シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD] プリズン・ブレイク シーズン2 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD] プリズン・ブレイク シーズン3 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD] プリズン・ブレイク シーズン4 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]

英語で遊ぼう!シリーズ、第8回は、海外ドラマ、「Prison Break」です。
これも、とても有名なので、ファンの方も多いと思います。

「Prison Break」という、タイトルの通り、主人公、マイケル・スコーフィールドの脱獄劇が描かれます。
細かい設定は、ネタバレになってしまうので、あえて書きませんが、面白くて、とても楽しめます!

これも、英語で遊ぶ、楽しみながら勉強するには、うってつけの教材だと思います。
私も、このドラマが大好きで、例のごとく、最初は日本語字幕、次に英語字幕、さらに字幕なしで3回くらい、全シーズン観ました。

楽しめるポイントがたくさんあります。
まずは、単語ですが、結構ハイレベルな単語が出てきます。
登場人物の一人、セオドア・バッグウェル、通称、「T-Bag」が、結構難しい単語を使います。
例えば、私の覚えているセリフでは、

He has the propensity to be a bit gregarious.
Whisky always makes me feel irascible.

などがありました。

「propensity」は、SVLレベル12、
「gregarious」は、SVLレベル11、
「irascible」は、SVLに含まれない、1万2千単語以上のレベルで、それぞれ、

a natural tendency to behave in a particular way
friendly and preferring to be with other people
easily becoming angry
Longman English Dictionary Onlineより引用)

と言う意味です。
たしか、「irascible」は、このセリフを言った時、話し相手は、

I don't know what that means.

と言っていたのを覚えています。
ネイティヴでも、あまり語彙が多くない人は、このレベルの単語を知らない事があるんですね。

ほかにも、結構ハイレベルな単語が出てきますので、語彙の勉強になります。
記憶と言うのはその付加情報が多ければ多いほど定着しやすいそうなので、こういったドラマのセリフという付加情報が、語彙を定着させるのに、役に立ちますね。
現に、上の3単語は、私は、このドラマのおかげで、定着しました。
他にも、このドラマのおかげで、たくさんの単語を覚えました。

また、ドラマとしても、とても面白いです。
展開の早さや、アクション感は、「24」程ではありませんが、それでも、私は、先が気になって、一気に観てしまいました。

また、文化の勉強にもなります。
アメリカの刑務所事情が垣間見れると思います。
このドラマは、結構、現実に即しているという話も聞き、実態は、もっとひどいという話も聞きます。

軽い罪で入った人が、刑務所に入ったせいで、周りの凶悪犯罪者の影響で、刑期を終えて、出てくる頃には、余計凶悪になってしまうと言う例もあるので、一概に、刑務所が正しいとは言い切れませんね。
暴力的な犯罪者とそうでない人を分けるとか、罪の重さによって行動エリアを厳戒に分けるとかしないと、危険だと思います。
Youtubeなどで、刑務所に関するドキュメンタリーなんかを見ると勉強になると思います。

英検1級のエッセイや2次試験のスピーチでも、刑務所のトピックは出てきますので、背景知識としても勉強になり、考えさせられると思います。
例えば、以下のようなトピックが考えられると思います。

Agree or disagree: Prisons should be abolished
Punishment vs. Rehabilitation

実際に、英検1級 2010年度第3回のエッセイ問題では、

Are prisons an effective way to deal with criminals?

というトピックが出題されました。
ですので、英検1級を受ける方などは、背景知識の勉強にもなりますので、刑務所、服役者の人権、法律という概念などについて、自分の意見を英語で言えるように準備しておくといいと思います。

アメリカは、実際の刑務所でも、喧嘩や暴動が絶えないそうで、このドラマも、その現実に即しているので、暴力シーンや殺人シーンが含まれます。

内容も少し重いので、そういうのが苦手な方には向いていないかもしれませんが、ドラマとしては、とても面白いので、英語で遊ぶ、楽しみながら勉強するには、うってつけの教材だと思います。

それに、こういった過酷な状況の映画やドラマを観たり、考えたりすると、自分の悩みが大したことなく思えたり、普通の日常が有り難く思えてくるというメリットもあると思います!

緊張する日や、大事な日、出掛ける前に、このドラマの一番過酷なシーンを観てから、出かけると言うのも良いと思います。
すると、大抵の事は、大したことなく思えて、より良いパフォーマンスを発揮できると思います。

例えば、英検の1次試験、2次試験の前などに、このドラマの暴動のシーンなんかを観てから、試験に臨むと、「あれに比べたら資格の試験くらいなんてことないな」と思えて、緊張せずに済むかもしれません。

プリズン・ブレイク シーズン1 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
プリズン・ブレイク シーズン2 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
プリズン・ブレイク シーズン3 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]
プリズン・ブレイク シーズン4 (SEASONSコンパクト・ボックス) [DVD]