英語で遊ぼう!第4回 洋画 the Holiday

ホリデイ [DVD]

英語で遊ぼう!シリーズ、第4回からいよいよ、具体的な作品紹介に入りたいと思います。
最初は、「the Holiday」と言う映画です。

有名な映画なので、ご存知の方も多いと思います。
あらすじは、キャメロン・ディアス演じるアメリカ人のアマンダと、ケイト・ウィンスレット演じるイギリス人のアイリスが、お互いの家を交換して、年末の休暇を過ごすと言うものです。
クリスマスシーズンの話なので、秋から冬、年末にかけて、観たくなる映画です。

これは私の勝手な主観ですが、どちらかというと女性向けの気がします。
ただ、私は、この映画が大好きで、もう何度も観ています。
最初は、日本語字幕、次に、英語字幕、その後、字幕なしで何度も観た覚えがあります。

色々、オススメなポイントがあるのですが、まずは、アメリカンアクセントとブリティッシュアクセントを同時にリスニング出来るというのがポイントです。
アメリカ人のアマンダは、イギリスで、イギリス人のアイリスは、アメリカで、過ごすことになるので、アメリカンアクセントとブリティッシュアクセントが出てきます。

全くの英語初心者でなければ、アメリカンアクセントとブリティッシュアクセントは、全然違う事が分かると思います。
キャメロン・ディアスと、ケイト・ウィンスレットでは、喋り方が全然違いますね。

また、単語の勉強になることも、オススメポイントです。
例えば、チャットの段階で、アマンダが、アイリスに、

your house looks idyllic

というシーンがあります。
idyllicは、究極の英単語 SVLだとレベル11で、Longman English Dictionary Onlineで引くと、以下のように出ています。

an idyllic place or time is very beautiful, happy, and peaceful, with no problems or dangers
Longman English Dictionary Onlineより引用)

日本語で言うと、「長閑(のどか)」が一番近いでしょうか。
この、アイリスの家は、ほんとに、良い感じで、住みたくなります。

この映画は、決して、言語的に内容が高度と言うわけではありませんが、それでも、SVLレベル11くらいの単語は、普通に出てきますので、SVL12000は必須ですね。

また、この映画は、ロマンティック・コメディなので、暴力シーンや殺人シーンなどが、一切ないので、そういうのが苦手な方でも、安心して楽しめると思います。
そこもオススメのポイントです。
寝る前に観る映画としても適していると思います。

また、文化の勉強にもなることもポイントです。
英語で「holiday」というと、祭日というイメージです。
仕事や学校の休みは、普通、「a day off」と言う事が多いです。
特に、「the holiday season」というと、アメリカでは、感謝祭(11月の第4木曜日)から、新年までの、休暇期間を指します。

「ホームエクスチェンジ」というのも、日本ではなかなか無いかもしれませんが、欧米では、人気のようです。
映画だけではなく、実際にあるそうで、すごいですね。

以上、英語で遊ぼう!シリーズ、第4回は、映画「the Holiday」でした。
去年のクリスマス前にも、私は、TSUTAYAでこれを借りて観ましたが、何となく、クリスマスシーズンや、夜にピザなんか食べながら観たくなる映画で、オススメです!

ホリデイ [DVD]

レンタルなら【TSUTAYA DISCAS】

参考URL
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AA%E3%83%87%E3%82%A4_(%E6%98%A0%E7%94%BB)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B8
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%84%9F%E8%AC%9D%E7%A5%AD