英検1級2次試験の流れ

昨日、2009年10月18日は英検1次試験でしたが、皆さんいかがでしたでしょうか?
もう、1次試験は受かったと思って、2次試験の対策をしましょう!笑

英検1級の2次試験、面接の流れは以下のような感じです。(ここで書いているのは私の体験談で、会場によっては違うところもあると思います。)

面接の部屋の前の椅子に座ってから自分の番まで少し時間があるので、この時間に私は頭で今まで勉強してきたことを振り返っていました。
面接時の日常会話で聞かれるのは大体次のような内容です。

Could you tell us a little bit about yourself?
How long did it take you to get here from your home?
How did you get here?
What do you do?

私が、実際に聞かれたのはこの4つだけでした。
あとは、自分の答えに対してさらに質問されるので、人それぞれ質問が変わってくると思います。
なので、英会話なんて楽勝!という人には必要ないかもしれませんが、私は、会場までどのくらいの時間でどうやってきたか、と軽い自己紹介はできるようにしておきました。

スピーチに関しては、山を張るのも手だと思います。
ちなみに、私は山を張った分野が一切出ず、相当焦りました笑
なので山張りするのであれば自己責任でお願いします笑

ただ、IT関係はかなり、出る可能性が高いと思います。
なので、何をやっていいかわからないという人はこのサイトで紹介しているScience & Technologyのエッセイをすべて覚えていくというのもいいと思います。
あのくらいの内容がスピーチできれば、セクション1のSHORT SPEECHの部分は30点満点中、22点以上はもらえると思います。
なぜなら、私は、このホームページで公開しているエッセイの内容の6割くらいのレベルでしかスピーチできませんでしたが、21点もらえたからです。

では、英検1級の2次試験合格を目指されている皆さん、頑張ってください!
ちなみに英検1級の2次試験は1次免除をすれば全部で4回受けれます。
また、もし、4回落ちてしまっても、死ぬまで永遠に連続で落ち続けるということはあまりないと思います。
合格するまで、受験し続ければ、トレーニンングをしっかり続けている限り、誰でもいつかは合格できると思うので、あまり根を詰めすぎず、気楽に気軽に遊びに行くような感覚で試験を楽しんでいってください!