英検1級2次試験スピーチの組み立て方

私は、英検1級の2次試験に3回目でようやく合格できたとき、事前に得意分野を絞って、山を張って行ったのですが、山が見事に外れました笑
その時に、20秒くらい取り乱しつつ笑、なんとか即興でスピーチを組み立て、ギリギリ合格することが出来ました。
即興のスピーチの練習はあまりしなかったので、もうちょっと山が外れたときの練習をしておけばよかったと思ったのを覚えています。
そこで、私なりの、頭の中での即興スピーチの組み立て方を紹介したいと思います。
1週間前は、山を張るよりこの練習のほうが安全だと思います。

まず、スピーチの構成は、エッセイと同じで

序論(Intro)
本文(Body)
結論(Conclusion)

ですが、序論と結論の部分はあらかじめ、言うことを決めておくのがいいと思います。
これは、英検1級エッセイのコツでも書きましたが、トピックによっての場合分けが必要だと思います。

・疑問文、賛成か反対か、その将来や影響系

Why are Japanese getting married later?
Should women change their family names when they get married?
などの、疑問文や、賛成か反対か、またはその将来や影響などを問う場合は、自分の意見を述べるのが一番簡単です。

(序論)Some people may say that 自分と違う意見, But I believe 自分の意見。
(結論)As I mentioned above, for the aforesaid three reasons, I believe 自分の意見。

そして、(本文)は

The first reason is that キーアイディア1 +補足
The second reason is that キーアイディア2 +補足
The third reason is that キーアイディア3 +補足

という形が使えます。
補足は短い文を2つずつがボリューム的にちょうどいいと思います。
ただ、これはあくまで例ですので、このまま使ってもかまいませんが、自分のすきなパターンを作っておくのもいいと思います。

・現在のトレンドの名詞句系

The increasing divorce rate
International marriage

上のように、疑問文などの他によくあるトピックが、名詞句で現在の流行が書かれているものです。
こういう場合は、賛成か反対かで自分の意見を述べることもできますが、原因と対策、または原因と影響などを答えるのもいいと思います。
昨今は、〜が流行っています。そして私は、その主な原因は3つあると考えます。
などと言うのがスピーチしやすいと思います。
上の離婚の例なら、

(序論)Nowadays the divorce rate is increasing rapidly, and I believe there are three major causes.
(結論)As I mentioned above, 原因と解決策の繰り返し。

という形が使えます。
この形のいいところは、原因と対策が3つずつ、計6つあるので、補足文をわざわざ考えなくても、本文を

The first major cause is that キーアイディア1. In this case, 解決策.
The second major cause is that キーアイディア2. In this case, 解決策.
The third major cause is that キーアイディア3. In this case, 解決策.

などとすれば、ボリュームは問題なしだと思います。

以上はあくまで、例です。
かならずこうだ、というわけではありませんので、ご了承ください。
ただ、パターン的にこうなっていることが多いと思います。

スピーチはあまり速く多くを喋ろうとするより、ちょっとゆっくりめで、大きな声で、相手の目を見て話すのが重要だと思います。
私の感想では、とにかく沈黙はNG、そして、声が小さいのも良くないと思います。
すこし的が外れてても、同じような内容でも、とにかくキーアイディアを3つ、そしてその補足を考えることが重要です。
また、トピックの選び方は、自分の得意分野以外なら、なるべく一般的なことを選ぶのが答えやすいと思います。
馴染みのない専門的なトピックを選ぶと、難しい質問が飛んでくるかもしれないからです。
ただ、もしわからなかったら、すなおに「I don't know.」でいいかもしれません笑
実際に私は1度、難しい質問に、開き直って堂々と「I don't know.」と答えましたが、受かりました笑
あと、Q&Aでは、質問に対して、

自分の意見 + because 〜.

と、理由を出来る限り言うほうがいいと思います。
最初は緊張するかもしれませんが、面接官はみんな愛想のいい人たちばかりですので、結構この面接は楽しめるとおもいます。
では、あまり深刻に考えすぎず、仮に落ちても次があるから大丈夫なので、2次試験を楽しんで来てください♪