英検1級 2013年度第1回 エッセイサンプル

2013年度第1回 エッセイ問題は、

============== 引用開始 ==============
TOPIC
Do multinational corporations play a positive role in today’s world?

POINTS
・Consumers
・Cultural diversity
・Human rights
・Jobs
・Tax revenue
・The environment
============== 引用終了 ==============
(実用英語技能検定、1級、2013年度第1回、1次試験問題より、引用)
でした。

それでは、例によって、賛成派と反対派のエッセイを書いてみました。
まずは賛成派です。

 I believe that multinational corporations play a positive role in today’s world for the three following reasons.
 The first reason is that multinational corporations create a lot of jobs for people. In this world economic situation where the unemployment rate has been rising, it is really helpful to provide many people with a lot of job opportunities.
 The second reason is that the tax revenue of multinational corporations is massive. Multinational corporations earn a lot of money and pay a lot of tax and there is no doubt that this is a real benefit to the countries where they are located especially in this one of the worst economic recessions.
 The third reason is that multinational corporations make many consumers’ lives easier and more fun. For instance, people can buy many things on Amazon with just a click of mouse and the products are delivered to their houses. I myself love iPod and many people enjoy Apple products such as iPad and iPhone. Considering these facts, it is obvious that multinational corporations have a positive influence on the modern world.
 For the aforementioned three reasons, I believe that multinational corporations play a positive role in today’s world.
(200 Words)

次に、反対派です。

 I’m afraid that multinational corporations play a negative role in today’s world for the three following reasons.
 The first reason is that multinational corporations pollute the environment. In the last several decades when multinational corporations have been developed, the serious environmental issues have been rising and their ways of doing business are the main cause of it. The factories pollute rivers and oceans and air.
 The second reason is that multinational corporations violate human rights in many ways. Some of them make their employees work longer than the law permits. Some of them put many local shops and stores out of business. Multinational corporations have been making this world their empire and treat people cruelly in the name of capitalism.
 The third reason is that multinational corporations transact their business according to their advantages not the culture of the country where they are located so that they have a bad influence on cultural diversity. Since the conservation of diversity is indispensable to maintain the world, it can be said that multinational corporations have been destroying the world.
 For the aforementioned three reasons, I’m afraid that multinational corporations play a negative role in today’s world.
(197 Words)

今回も、両方を、一気に書いて、その後で、細かい所を修正しました。
時間は大体、計45分くらい、かかりました。
私の個人的な感想ですが、今回は、少し、書きにくかった印象がありました。
模範解答では、反対派が載っていますね。

私のエッセイは、構成がいつもワンパターンなのが気になりますね笑
また、序論と結論が、同じ言葉の繰り返しになってしまっている事もマイナスだと思います。

ただ、個人的には、序論と結論で字数を使うよりも、本論でたっぷり字数を使って、序論と結論は簡潔にしたほうが、私は、良いエッセイだと思うのですが、どうなのでしょうか。
個人の好みによるかもしれませんね。

ただ、英語は、繰り返しを嫌うので、同じ単語を使いすぎたり、同じ言い回しの繰り返しは、少し、マイナスかもしれません。
でも、敢えて同じ言い回しを何回も使うことで、特定の効果を持たせる事もあると思いますので、一概には言えませんね。

また、実際に書いてみないと、どういう出来になるのか分からないので、時間に余裕があれば、賛成派と反対派の両方を書いてみて、出来のいいほうを、解答として提出すると良いと思います。

ちなみに、日本のトヨタは、今は、アメリカとかでも、普通に固有名詞になっています。
英語で、「my toyota」というと、「自分のトヨタ製の車」のことです。

また、エッセイでは、賛成派と反対派を書くのですが、現実の世界では、良い悪いの二者択一ではなく、どんな事にも、良い所と悪い所があると思います。

ですので、ディベートでは別ですが、現実の世界では、お互いに批判し合うより、お互いの個性を認め合って、助け合って、「何でもあり!」「どんな生き方も面白い!」と言う世界になれば、良いなあと思います。

なんか綺麗事みたいですが、損得勘定的にも、批判し合ったり、価値観を押し付け合うより、認め合って、助け合ったほうが、得だと思います笑

また、エッセイでも、「どんな事にも、良い所と悪い所があるので、一概には言えない」という風に書いたら、どういう採点をされるのか、かなり興味がありますね。

ただ、ディベートは元々、賛否の意見を戦わせるものだと思いますし、英検の解答でも、毎回、賛否、どちらかの意見が書かれているので、どっちつかずの意見は、エッセイでは、微妙なのかもしれませんね。

でも、どっちつかずと言うと、印象が良くありませんが、「論理的」と言う事で言えば、「どんな事にも、良い所と悪い所があるので、一概には言えない」というのが、最も客観的で、最も論理的な気もします。

中立的な意見を書くと、どのように採点されるのか、とっても気になります!